キョン「ハルヒ、愛してるぞ!」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「長門に告白しようと思うんだ」ハルヒ「えっ」

ツイート

1 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中[] 投稿日:2008/06/18(水) 21:34:28.13 ID:c0NeiBxi0

ハルヒ「……何?」

キョン「愛してるぞっ!」

ハルヒ「…」

キョン「ハルヒ!」

ハルヒ「……何よ?」

キョン「愛してるぞ!」

ハルヒ「…みくるちゃん、…私馬鹿にされてるのかしら?」

みくる「…クスクス」

ハルヒ「!?」

キョン「ハルヒ、チューしてやろうか?」

5 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中[] 投稿日:2008/06/18(水) 21:36:17.87 ID:c0NeiBxi0

ハルヒ「…。 キョンっ?」

キョン「何だ?」

ハルヒ「やめなさい。」

キョン「何でだ?」

ハルヒ「いいからやめなさい。不快だわ」

キョン「わからんな… 俺はハルヒを愛しているんだが… …嫌か?」

ハルヒ「なっ…」

キョン「ハルヒ、好きだ。 俺と付き合ってくれ」

ハルヒ「…何を/////」

8 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中[] 投稿日:2008/06/18(水) 21:38:28.19 ID:c0NeiBxi0

古泉「言っちゃいましたね」

みくる「キョン君… かっこいいです…」

キョン「ハルヒっ!」

ハルヒ「は、はいっ…」

キョン「俺はお前に想いを伝えた。 返事… 聞かせてくれるか?」

ハルヒ「…えっ …えっと―――」

長門「……私のことは捨てるの?」

キョン「…スマン」

ハルヒ「え?」

長門「……昨日も抱いてくれたのに …愛してるって言いながら」

キョン「長門… スマン…忘れてくれ」

ハルヒ「…はぁ?」

13 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中[] 投稿日:2008/06/18(水) 21:41:46.58 ID:c0NeiBxi0

長門「……私はあなたを忘れられない」

キョン「…」

長門「…お願い …考え直して」

キョン「……いくらだ?」

長門「…お金じゃない」

キョン「いくらだよ!? 言えよっ!! いくら欲しいんだっ!?」

―――――バサバサッ(キョンが長門の机に6000円ほど叩きつける)

長門「…これが …これが…私の値段なの?」

キョン「それ持って消えてくれ …二度と俺の前に顔を出すな」

―――――無表情の長門。その頬を一筋の雫が流れ落ちる

ハルヒ「ちょっと… …ちょっと待ちなさいよっ!」

キョン「黙ってろっ!」

18 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中[] 投稿日:2008/06/18(水) 21:44:14.89 ID:c0NeiBxi0

―――――長門が無言で席を立つ

ハルヒ「有希っ! 待って! 待ちなさいっ!」

―――――追いかけようとしたハルヒの腕をキョンが掴む

キョン「行くなっ!」

ハルヒ「行くわよっ!! 放しなさいっ! 誰があんたなんかと付き合うもんですかっ!」

キョン「俺を信じろっ!」

ハルヒ「嫌よっ! 有希っ!!」

長門「……ごめんなさい …ありがとう」

―――――長門が部室から出て行く

ハルヒ「放しなさいっ  …っこのっ!」

―――――バシッ(キョンの顔面を殴打するハルヒ)

キョン「ぐわっ!」

ハルヒ「有希ーっ!」

―――――キョンを振りほどいて、ハルヒは長門の後を追った

21 名前:愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中[] 投稿日:2008/06/18(水) 21:47:10.61 ID:c0NeiBxi0

ハルヒ「有希っ! ……?」


―――――教室を出たハルヒに飛び込んできたもの
それはプラカードを掲げる長門だった
『ドッキリ』と書かれている

長門「…ドッキリ …読める? …ドッキリ」

ハルヒ「…」

長門「…ドッキリ …引っかかった …ワロタ」

ハルヒ「…」


―――――ハルヒは部をやめた

                 -完-



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:つかさ「お姉ちゃん寝てる」