キョン「な、長門が3人いるぅぅぅぅ!」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:もしハルヒの世界にキョンがいなかったら

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/15(木) 03:29:29.81 ID:CDni4rrZO

…ガチャ
キョン「おは……うぉぉぉぉぉ!」
長門1「……あ、キョンさん!」
長門2「シシシ!キョン氏!おはようでござる!忍!忍!散ッ!シュバッ!」
長門3「あ!キョン君だ!キョーンく〜ん!」
キョン「な、何で長門が3人も…!?」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/15(木) 03:36:37.83 ID:CDni4rrZO

キョン「ど、どうなってんだ…」
みくる「わ、分かんないですぅぅぅ」
古泉「部室に来てみたら長門さんが3人もいたんですよ…」
長門2「古泉氏!バーコードバトラーでもどうです!?」
長門3「キョン君!」
キョン「う、うわ!抱き着くなって!」
長門1「さ、騒がしくてごめんなさい!」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/15(木) 03:42:12.37 ID:CDni4rrZO

キョン「な、何がどうなってるかさっぱり分からん!」
長門3「エヘヘ!キョン君の匂いだ!」
キョン「や、やめろって!」
長門2「古泉氏!そのバーコードをマジックペンで太くすると強くなるでござるよ!」
長門1「み、みんなやめなって…」
…ガチャ
長門「……あ」
古泉「!?」
みくる「ひゃあ!」
キョン「もう1人来たぁぁぁぁぁぁっ!!」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/15(木) 03:50:00.34 ID:CDni4rrZO

長門「……あの」
キョン「本物の長門はどこに行ったんだ!?」
長門3「ここにいるじゃん!」
キョン「絶対違うだろ!」
長門2「ヒヒッ!魔界にでも行ったんだろ!ヒッヒ!」
キョン「行く訳ないだろ!」
長門「……」
長門1「ご、ごめんなさい!分かんないです!」
キョン「何でだ!?」
長門「……気付いて」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/15(木) 03:57:33.76 ID:CDni4rrZO

キョン「…とりあえず4人ともそこに並ぶんだ!」
長門「……コク」
長門1「は、はい!」
長門2「…でそのボタンで回復するんですたい」
キョン「早く並びなさい!」
長門3「そうよ!そうよ!」
キョン「…君も早く俺から降りてくれ」
長門3「むぅー!」
みくる「ふぇぇぇ!みんな同じ顔で分かんないですぅぅ!」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/15(木) 04:06:21.19 ID:CDni4rrZO

キョン「並ばしたのはいいが…」
古泉「全然分かりませんね」
キョン「長門」
長門「…何?」
長門1「な、何ですか…?」
長門2「なんでござろうかキョン氏!」
長門3「キョン君なーに?」
キョン「全員、反応するのか…」
古泉「…とりあえず今だけ長門さんを番号で呼ぶのはどうです?」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/15(木) 04:16:54.23 ID:CDni4rrZO

キョン「…そうだな。悪いがいいか?」
長門「…コク」
長門1「ややこしくてすいません…!」
長門2「いやぁ!四天王みたいですなぁ!」
長門3「名前で呼んでほしいなぁ!」
キョン「…とりあえず君は長門0で」
長門「…コク」
キョン「君は長門1で…」
長門1「は、はい!」
キョン「君は長門2で…」
長門2「NO.2じゃねぇ!俺は御神苗優だぁぁぁぁ!」
キョン「……」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/15(木) 04:46:20.31 ID:CDni4rrZO

キョン「…君は長門3で」
長門3「えぇー!嫌だよ!ユッキーって呼んでよぉ!」
キョン「……」
長門3「ねぇ!ねぇたらねぇ!」
古泉「じゃあ、彼女だけユッキーでいいんじゃないですか?」
キョン「…分かった」
長門3「ヤッター!古泉、普段使えねぇホモ野郎だけどやるじゃん!」
キョン「……」
古泉「…ちょっと失礼します」
…バタン
古泉「……おぉぉぉぉぉぉぉぉっ!!」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/15(木) 04:51:29.15 ID:CDni4rrZO

キョン「…何か廊下が騒がしいな」
みくる「でも、こうやって見ると同じ長門さんでも全員性格が違うんですね…」
キョン「そうですね」
長門「……」
キョン「長門0はおとなしいな…」
長門1「…ビクッ!」
キョン「ハハッ!長門1は朝比菜さんみたいですね」
みくる「え、えぇ!そうですかぁ!?」
長門2「アニメイトに行ってきていいでござるか?」
キョン「駄目だ!」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/15(木) 04:55:56.42 ID:CDni4rrZO

長門3「キョンくーん!」
キョン「な!だから抱き着くなって!」
みくる「長門3は甘えんぼさんみたいですね」
キョン「これはこれで困りますよ…!」
長門「……」
キョン「…でも、これじゃあ本物の長門が全然分からないな」
みくる「そうですね…」
長門「…気付いて」
…ガチャ
古泉「…ふぅー…ふぅー」
長門2「やや!スポポビッチがいますぞ!!」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/15(木) 05:05:23.80 ID:CDni4rrZO

長門2「ヤムー!ヤムー!」
キョン「な、長門2!落ち着け!!」
長門3「キョンくーん!」
キョン「早く背中からおりて!」
長門「……」
長門1「……」
みくる「2人ともおとなしいですね」
長門1「ビクッ!ご、ごめんなさい!」
長門「……」
みくる「お、怒ってませんからぁ!」
長門1「ごめんなさい!」
長門「……」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/15(木) 08:02:49.02 ID:CDni4rrZO

古泉「…で、長門さんがこんなに増えた原因は何です?」
長門「……」
キョン「…何でだ?」
長門1「それは」
長門2「昨日の」
長門3「キョン君」
長門1「が」
長門2「知ってる」
長門3「はず」
キョン「お、俺が!?…っていうかその話し方やめてくれないか」
長門2「我々はある刑務所でマウスと呼ばれている」
キョン「知るかッ!!」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/15(木) 08:07:58.00 ID:CDni4rrZO

みくる「キョン君、何やったんですか?」
キョン「さ、さぁ…。俺、何か言ったか…?」
長門3「えぇー!?キョン君忘れちゃったのー!?」
キョン「いや……すまん」
長門1「き、昨日の放課後の事ですよ…」
キョン「ん〜……」
長門2「刑務所でオリバを吹っ飛ばした時でござるよ」
キョン「……」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/15(木) 08:17:05.11 ID:CDni4rrZO

キョン「……あ!」
長門3「どうしたの?イッちゃったの…?私がいるのに…」
キョン「ち、違うから!」
みくる「ひぇぇぇ!長門3えっちですぅ!」
キョン「…もしかしてあれか?」
長門2「やっと思い出したか鳴海よ…」
キョン「……」
古泉「…原因は何です?」
キョン「昨日、長門にお前の色々な表情が見たいなって言ったんだが…」

68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/15(木) 11:50:54.84 ID:CDni4rrZO

長門1「そ、それで長門さんは色々な表情を勉強しようとしたんです」
キョン「でも、表情というかあきらか性格の違う長門なんだが…」
長門3「長門ちゃん、あんな性格だから表情変えるのは難しかったのよ」
長門2「フヒヒ!でも、長門氏は表情・性格を変えた自分を見てみたかったでござるよ!」
キョン「それでこんな性格の違う長門を3人作ったのか…」
長門「……」

69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/15(木) 11:55:22.84 ID:CDni4rrZO

みくる「完全にキョン君が原因じゃないですかぁ!」
キョン「た、確かにそうですけど…!」
長門1「でも、長門さんも前から変わった自分を見たかったんです…」
長門3「更に変わった自分をみんなにも見てほしかったのよ」
キョン「…そうか。長門、そんな事考えてたのか…」
長門「…そう」
キョン「!?」
みくる「えぇ!?ほ、本物の長門さんですかぁ!?」
長門「早く気付いてほしかった…」

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/15(木) 11:58:24.41 ID:CDni4rrZO

長門3「バ、バレた!えーい!!」
長門2「おふぅ!」
長門「……」
長門1「わわわわ!」
キョン「ごちゃごちゃになるなぁ!」
長門「……」
長門「……」
長門「……」
長門「……」
キョン「誰がどの性格だか分かんなくなってしまった…!」
長門「……」
長門「…ケヒッ!」
長門「……」
長門「……」
キョン「長門2いたぞぉぉぉぉぉ!」

74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/15(木) 12:03:16.28 ID:CDni4rrZO

長門3「もう!あんたのせいでバレたじゃーん!」
長門2「フヒヒ!サーセン!!」
キョン「……」
みくる「で、でも長門さん達ずっと4人のまま何ですか…?」
長門「彼女達は24時間経つと自動的に消滅するプログラムを入れたある」
キョン「な!?」
長門「前みたいな事を起こさないため…」
キョン「朝倉さんか…」

76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/15(木) 12:15:14.69 ID:CDni4rrZO

キョン「でも、何で学校なんかに連れてきたんだ?」
長門「それは…」
長門1「わ、私達がお願いしたんです!」
キョン「…え?」
長門2「フヒヒ!皆さんと遊びたかったんでござるよ!」
長門3「キョン君と実際に会いたかったし!」
キョン「そうなのか…」
長門「彼女達のお願いをきいてほしい…」
みくる「キョン君!遊んであげましょうよ!彼女達24時間しかいらんないんですよ!」
キョン「…そうだな」

77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/15(木) 12:23:50.86 ID:CDni4rrZO

長門1「あ、ありがとうございます!」
長門3「キョンくーん!ありがとー!!」
キョン「だから、抱き着くなって!」
長門2「キョン氏!お礼にマジックザギャザリングの『森』カードあげるでござる!」
キョン「…いらん」
長門「みんなありがとう…」
みくる「長門さんあと何時間くらい平気なんですか?」
長門「明日の朝5時まで…」
古泉「今は15時30分ですからまだありますね」

82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/15(木) 12:33:37.19 ID:CDni4rrZO

キョン「っていうかこれはハルヒには見せられないだろ!?」
長門1「す、涼宮さんと会いたいです!」
長門3「ハルちゃんの耳カプってしたーい!」
長門2「キョン氏!メガストア5月号あげるのでお許しを…!」
キョン「…いらん」
みくる「1人ずつ会えば大丈夫じゃないですか…?」
キョン「性格でそっこうバレますよ!」
長門2「フヒヒ!大丈夫だってばよ!」
キョン「特に長門2だ!!」

84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/15(木) 12:40:28.08 ID:CDni4rrZO

長門2「 卍 解 ! 」
キョン「……」
長門2「うぉぉぉぉ!み・な・ぎ・っ・て・き・た・!」
キョン「誰かぁぁぁぁぁっ!長門2を止めろぉぉぉ!!」
みくる「…あぁ!廊下で足音がしますぅぅ!!」
古泉「と、とりあえず3人はロッカーに隠しましょう!」
キョン「さ、3人も入るのか!?」
長門2「私の能力でインコの死体の中に隠そうか?」
キョン「…ロッカー入れ!」

85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/15(木) 12:49:25.84 ID:CDni4rrZO

みくる「早く早く!」
長門3「私、先に会いた〜い!」
長門2「我も会いたいぞよ!」
長門1「わ、私もです…!」
長門「……」
キョン「じゃあ、隙を見て入れ代わりで出ればいいだろ」
古泉「とにかく今はロッカーに隠れてください!」
…ぎゅうぎゅう
キョン「…ふぅ」
長門「……」
…ガチャ
ハルヒ「おっはよー!!」
長門「……」
キョン「…何番だ?」
長門「…ブヒッ!」
キョン「しまったぁぁぁぁぁぁぁぁっ!」

90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/15(木) 13:03:02.13 ID:CDni4rrZO

ハルヒ「ど、どうしたのよキョン」
キョン「い、いや別に…」
長門2「ハルヒ殿ぉ!しばらく!しばらく!」
ハルヒ「え!?え!?」
みくる「あわわわわ!」
長門2「今日はハルヒ殿と遊びたくてドリキャス持ってきたでござる!」
ハルヒ「え?ゆ、有希…?」
キョン「ま、前に長門がパソコンに興味もちだしたろ!?」
ハルヒ「え?えぇ…」
キョン「それで長門がゲームにハマっちゃったんだ!」
ハルヒ「そ、そうなの?」
長門2「んなバカなwwww」
キョン「長門ぉぉぉぉぉぉ!!」

98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/15(木) 13:18:16.61 ID:CDni4rrZO

長門2「風ノ唄持ってきたでござるよ!」
ハルヒ「な、何これ?」
長門2「パッケージのスク水だけで買ったでござる」
ハルヒ「スク水?有希、興味あるの…?」
長門2「…プリッ!」
ハルヒ「!?」
キョン「な、長門!ハルヒにはちょっと難しいみたいだ…!」
長門2「ハルヒ!甘えを捨てろ…!ゲームは命よりも重いたいぞ…!!」
ハルヒ「…!?」
キョン「止めろ…!!」

102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/15(木) 13:28:35.34 ID:CDni4rrZO

長門2「ここは人間学園だぞ!ハルヒ!いや涯よ!」
ハルヒ「!?」
キョン「な、長門!いったん外出よう!」
長門2「そ、外は駄目だ!熊がいるぞ…!」
キョン「いないわ!!」
長門2「キムンカムイだッ!」
キョン「知らん!」
ハルヒ「ゆ、有希……」
長門2「ハルヒ殿ぉ!一緒にリーグマンやりましょう!」

105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/15(木) 13:33:02.46 ID:CDni4rrZO

ハルヒ「……」
キョン「いいから外出るぞ!」
長門2「またあの独房に入れるつもか…!」
キョン「は…やくしろ!」
…バタン!
ハルヒ「……」
みくる「……」
古泉「……」
…ガチャ!
ハルヒ「…ビクッ!」
長門2「嘘だッ!!」
キョン「コ…コラ!」
…バタン!
ハルヒ「……」
…ガチャ!
ハルヒ「…ビクッ!」
長門2「明日、学校来なきゃ…嫌だよ!?」
キョン「こらぁぁぁ!」
…バタン!

109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/15(木) 13:45:42.20 ID:CDni4rrZO

ハルヒ「……」
みくる「涼宮さん!大丈夫ですか!?」
ハルヒ「……」
…ガチャ
キョン「…ふぅ。こ、古泉!どこ行くんだ?」
古泉「誰かさんせいでバイトが入ってきましたよ…!!」
キョン「……すまない」
ハルヒ「キョン!有希は!?」
キョン「な、長門か…」
長門1「……あ、あの」
ハルヒ「い、いつのまにぃぃぃぃ!?」

113 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/15(木) 13:57:50.81 ID:CDni4rrZO

ハルヒ「だって今!キョンと!キョンと!嘘だッ!!」
キョン「お、落ち着け!」
長門1「い、今お茶いれますね!」
みくる「あ!私がいれますよ…!」
長門1「大丈夫ですから。みくるさん休んでてください」
ハルヒ「……」
キョン「な、長門からお茶やるとは珍しいなぁ!」
ハルヒ「…おかしいでしょ!」

126 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/15(木) 14:21:24.48 ID:CDni4rrZO

キョン「こ、こういう日もあるさ…!」
ハルヒ「……」
長門1「あ、あのお茶どうしましょう?」
ハルヒ「…いただくわ」
長門1「は、はい!」
…ガチャ
古泉「…た、ただいま戻りました…かはぁ!」
キョン「だ…大丈夫か…?」
古泉「フフフ…大丈夫です…よ」
長門1「涼宮さん、どうぞ」
ハルヒ「ありがとう…」
長門1「あ、あのどうですか…?」

128 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/15(木) 14:27:45.87 ID:CDni4rrZO

ハルヒ「…美味しいわ」
長門1「本当ですか!?ありがとうございます!」
ハルヒ「……」
長門1「…あ、あの?」
ハルヒ「さっきは変な目でごめんなさい…」
長門1「い、いえ!大丈夫ですから!」
ハルヒ「やっぱ私の見間違えだったのかしら…」
キョン「そうだな…」
…ガチャ
長門2「Dの食卓!Dの食卓!」
…バタン!
ハルヒ「!?」
キョン「あ!?」
ハルヒ「あわわわわわ!…ガタガタ」
キョン「ハルヒ!落ち着け!」

135 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/15(木) 14:35:31.03 ID:CDni4rrZO

ハルヒ「何で…!何で…!」
みくる「い、今の違う人でしたよ!」
キョン「そ、そうだよ!今の谷口だったぞ!」
ハルヒ「有希が2人…!有希が2人…!」
長門1「す、涼宮さん!今の見間違えですって…!」
ハルヒ「ほ……本当に…?」
キョン「あぁ!」
…ガチャ!
長門2「快楽天!快楽天!」
キョン「!!…た、谷口の奴〜!」
…バタン!
…キィ
長門3「キョン君まーだー!?」
みくる「ロッカー開いちゃった!谷口君ったら!」
…バタン!
ハルヒ「…うぉぉぉぉぉぉぉぉっ!!」

140 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/15(木) 14:43:17.04 ID:CDni4rrZO

キョン「ハルヒ!落ち着けって谷口だから!」
ハルヒ「じゃあ、谷口が2人ぃぃぃぃ!?」
みくる「ロ、ロッカーはモップが倒れて開いただけですから!」
ハルヒ「はぁ!はぁ!」
古泉「ひぃぃぃぃ!またバイト先から連絡がきたぁぁぁ!」
キョン「…ボソボソ(長門1!隙を見て入れ代わるんだ!)」
長門1「…(は、はい!)」
ハルヒ「…ブツブツ」
キョン「ハルヒ!大丈夫か!?」
ハルヒ「ハハ…大丈夫よ…」

146 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/15(木) 14:48:39.89 ID:CDni4rrZO

長門3「キョーンくーん!狭かったよぉ!」
キョン「…うわ!抱き着くなって…!」
ハルヒ「な!な!?」
みくる「あわわわわ!」
長門3「あ!ハルちゃーん!」
…タッタッタッ
ハルヒ「え!?え!?」
長門3「…かぷ」
ハルヒ「ひゃぁぁぁぁぁ!」
長門3「耳やわかーい!」
ハルヒ「何!?何!?」

151 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/15(木) 14:54:20.17 ID:CDni4rrZO

…ガチャ
古泉「…ひゅー。…ひゅー。」
キョン「古泉ぃぃぃぃぃぃ!!」
みくる「古泉君!か…髪が…!」
ハルヒ「ちょ!ちょ!有希!いきなりどうしたの!?」
長門3「ハルちゃーん!いい匂い!」
ハルヒ「な!な!」
古泉「…ゼヒッ!…ゼヒッ!」
キョン「古泉ぃぃぃぃぃ!!」
みくる「古泉くぅぅぅぅぅん!!」

158 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/15(木) 15:04:37.42 ID:CDni4rrZO

古泉「…ゃ…ぉ」
キョン「何言ってるか全然聞こえないぞぉぉぉ!?」
古泉「も…ぅ…ゃばぃ…ひゅー。…ひゅー。」
みくる「古泉くぅぅぅぅぅん!」
長門3「ハルちゃんキスしよ!」
ハルヒ「な、何で!?」
長門3「しないのー?」
ハルヒ「し、しないわよ!」
長門3「じゃあ…キョンくーん!」
…タッタッタッ
キョン「どう……!んんんんん!んー!」
みくる「ひやぁぁぁぁ!!」
ハルヒ「なっ…!なっ…!なっ…!」

166 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/15(木) 15:22:01.74 ID:CDni4rrZO

キョン「んんんん…!」
長門3「…ぷは。エヘヘー」
ハルヒ「ちょ…!ちょっとキョン!!何してんのぉぉぉぉ!!」
キョン「ち…違うって!!」
ブルルル…ピッ
古泉「……ひゃぃ。………ピッ」
みくる「古泉君!?どこ行くの!?」
古泉「……バィトでひゅ………」
…バタン
長門3「えへへ!キョン君の味がしたー!」
ハルヒ「……!」
キョン「ハルヒ落ち着けぇぇぇ!」
長門3「キョン君!セックスしよ!」
ハルヒ「なぁぁぁぁぁ!!」

169 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/15(木) 15:27:23.72 ID:CDni4rrZO

キョン「しないから!」
みくる「す、涼宮さん!今日の長門さんちょっとおかしいんです!」
ハルヒ「……」
キョン「そ、そうなんだ!風邪ひいておかしくなったっていうか…!」
ハルヒ「……」
みくる「涼宮さんももしかして風邪ひいてるんじゃないですか!?」
キョン「そ、そうかもしれんぞ!!」
ハルヒ「……そうかもね」
みくる「そうですって!」
ハルヒ「いつもの有希じゃないもんね…」
キョン「明日には全部元に戻ってるって!今日は帰ろう!な?」

171 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/15(木) 15:34:20.31 ID:CDni4rrZO

ハルヒ「…そうするわ」
みくる「き、今日はもう家帰って寝ましょう!」
キョン「そ、それが一番だハルヒ!」
ハルヒ「…分かった。今日は帰る……」
キョン「ま、また明日な!」
ハルヒ「……うん」
…バタン
ハルヒ「……」
スタスタ…
ハルヒ「……」
スタスタ…
長門3「ハルちゃーん!ばいばいー!」
長門2「フヒヒ!ハルヒ氏!サラバでござる!」
長門1「涼宮さん!さよならです!」
キョン「コ、コラ!戻れ!!」
ハルヒ「…やっぱ私熱があるんだわ。早く帰ろう……」

173 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/15(木) 15:41:10.80 ID:CDni4rrZO

キョン「…全員並べぇぇぇぇ!!」
長門「……」
長門1「ヒィッ…」
長門2「フヒヒ…!」
長門3「えっちな事するの?」
キョン「マジで危なかったんだぞ!!」
長門1「ご、ごめんなさい!」
キョン「い、いや長門1は大丈夫だったが…」
長門2「じゃあ、誰のせいでござるか!キョン殿!」
キョン「長門2!長門3!2人だぁぁぁぁぁ!!」
長門3「キョン君!怒っちゃいやー!」
キョン「本当に危なかったんだぞ!」

175 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/15(木) 15:46:18.07 ID:CDni4rrZO

長門3「ごめんなさーい!」
長門2「すまないでござる…」
キョン「……たっく。でも、もうハルヒは来ないから大丈夫だが…」
長門2「YAT安心!宇宙旅行!」
キョン「あんま調子のるなよ!」
みくる「…あぁぁぁぁぁ!!」
キョン「ど、どうしたんです!?」
みくる「校庭の真ん中に車イスに乗った見覚えある人が!!」
キョン「……ん?」
古泉「……」
キョン「古泉ぃぃぃぃぃぃぃぃぃ!!」

181 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/15(木) 15:57:33.87 ID:CDni4rrZO

…タッタッタッ!
キョン「古泉!古泉!」
古泉「……」
みくる「古泉君!髪が真っ白ですぅぅぅ!」
キョン「古泉ぃぃ!夕日を見つめるなぁぁぁ!」
古泉「……」
長門3「これでレギュラーが1人減ったね!」
キョン「コラァッ!」
長門「…私が治す」
キョン「な、長門!」
長門2「どうした!?友よ!」
キョン「長門2じゃない!!」
長門「今回は私の責任だから…」

184 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/15(木) 16:02:53.91 ID:CDni4rrZO

長門「…パクパク(唱え中)」
長門2「…スレイヤーズっていうアニメがありましてね」
キョン「今、話す事じゃないだろ!!」
長門1「あぁ!古泉さんの顔色が良くなってきました!」
キョン「おぉ…!」
古泉「……う」
長門2「どうだ!?ストレッチパワーが溜まってきたろう!?」
古泉「うぉぉぉぉぉぉぉ!!」
長門3「古泉が立った!古泉が立った!」
みくる「よ、よかったですぅぅぅ!!」

188 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/15(木) 16:10:56.55 ID:CDni4rrZO

キョン「大丈夫か古泉!」
古泉「こ…ここは!?」
長門2「ジャスト1分だ!いい夢見れたかい?」
古泉「たしか、200対の敵が現れて…」
キョン「そ、そんなにいたのか!?」
古泉「長門さんが治してくれたんですか?」
長門「……コク」
長門3「治療代30万な!」
キョン「何もしてないだろ!」
古泉「長門さん、ありがとうございます」

192 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/15(木) 16:25:24.03 ID:CDni4rrZO

キョン「ん?…もう18時か」
みくる「もうそんな時間ですか!」
キョン「そろそろ帰らなきゃな…」
長門3「えぇー!もっといよーよー!」
長門1「わ、私も一緒にいたいです…」
長門3「…そうだ!みんなでキョン君の家に泊まろっ!!」
キョン「なぁぁぁぁぁ!?」
長門2「フヒヒッ!いい考えです!!」
キョン「ちょ!ちょ!」
長門1「わ、私も行きたいです…」
長門「……コク」
キョン「長門もか…!!」

195 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/15(木) 16:31:01.68 ID:CDni4rrZO

長門1「お二人も行きましょう…!」
古泉「えぇ!?」
みくる「わ、私もですかぁぁ!?」
長門2「フヒヒ!6人用ゲームもありますから!」
キョン「1人足りないぞ!」
長門3「じゃあ、決定!」
キョン「いやいやいや…!!」
みくる「キョン君。今日は言う事聞いてあげましょう」
キョン「ま、まぁ…」
長門3「キョン君!いっぱいセックスしようね!」
キョン「し、しないから…!っていうか家大丈夫かぁぁぁ!?」

198 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/15(木) 16:37:54.02 ID:CDni4rrZO

キョン「同じ顔が4人いるんだぞ!」
古泉「何とかごまかしましょう」
みくる「妹さんなら大丈夫ですよ!」
キョン「……」
長門2「妹汁って知っるかね?」
キョン「長門2!絶対変な事するなよぉぉぉ!!」
長門2「フハハ!夜がくる…!!」
キョン「……くっ!」
長門3「キョン君いこー!」
長門1「い、妹さんと早く会いたいですね…?」
長門「……コク」
キョン「…何とかフォローお願いします!」
みくる「もちろん!」
古泉「任せてください」

206 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/15(木) 16:44:41.56 ID:CDni4rrZO

−キョン家−
キョン「ただいま……」
長門1「お、おじゃまします!」
長門2「クロックタワーゴーストヘッドみたいな家でござる!」
長門3「キョン君の匂いがするー!」
長門「……」
みくる「おじゃましまーす!」
古泉「おじゃまします」
…ドッドッドッ!
妹「キョン君おか……うぉぉぉぉぉぉぉぉっ!!」
キョン「妹が素になったぁぁぁっ!!」

210 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/15(木) 16:58:37.96 ID:CDni4rrZO

妹「キ、キョン君…。有希ちゃんがいっぱい…」
キョン「あれ?言ってなかったっけ?長門は四つ子なんだ」
妹「…え?そうなの?」
長門1「そ、そうなんです!」
長門2「みんなキースって言う名前なんだ。ちなみに私はグリーン」
キョン「違うだろ!」
長門3「妹ちゃん!よろしくね!」
長門「…よろしく」
妹「スゴーイ!よろしくー!」
キョン「…よかった」
妹「あとキョン君〜!今日、パパとママ帰ってこないって〜!」
キョン「……な!?」

212 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/15(木) 17:04:24.74 ID:CDni4rrZO

長門3「キョン君!セックスできるね!」
キョン「いても最初からしないから!!」
妹「セックスって何〜?」
みくる「あわわわわ!」
長門3「じゃあ、妹ちゃんと一緒に3Pだね!」
キョン「コラァァァァァッ!」
妹「キョン君!3Pってな〜に?」
キョン「知らなくていいから…!」
妹「えー!!」
長門2「妹ちゃん。あっちで『こどものじかん』でも見ようか?」
妹「おもしろそー!」
キョン「それ大丈夫かぁぁぁぁ!?」

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/16(金) 00:02:37.53 ID:ThYBRiuGO

長門3「キョン君の部屋どこー!?」
キョン「…来なくていいから」
長門1「お、お部屋汚いんでしたら掃除しますよ…?」
みくる「えぇ!?汚いんですかぁ!?」
キョン「そういう訳じゃないですから…」
長門「……」
キョン「と、とりあえずリビングの方に行くか」
長門3「はーい!」

69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/16(金) 00:08:07.84 ID:ThYBRiuGO

長門2「西暦2167年、地球は超新星爆発による巨大な電磁波と放射線のうねりに飲み込まれました」
妹「……」
長門2「大きな被害に見舞われましたが世界中の人たちが協力して立ち向かいました…」
妹「…ほえ〜」
長門2「昔の皆さん、ありがとう。地球は元気です」
妹「……」
長門2「今は西暦2356年……」
キョン「コラァァァァッ!妹に変な事言うなぁぁぁ!」
妹「キョン君!昔の人ってスゴイね!」
キョン「それ嘘だから…!!」

72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/16(金) 00:15:12.89 ID:ThYBRiuGO

長門2「キョン氏!何言ってるござるか!」
キョン「お前が何言ってるんだ!?」
妹「有希ちゃんからプレゼントもらったー!」
キョン「…何もらったんだ?」
妹「エヴァの漫画だよー!失楽園だって!」
長門2「1話、1話絵柄が違うが我慢するでござる」
キョン「長門2は妹に近づくなぁぁぁぁ!」

76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/16(金) 00:22:18.26 ID:ThYBRiuGO

長門2「い、妹ちゃん…!妹観察日記!妹観察日記!」
妹「うわぁ!」
キョン「妹に抱き着くなぁぁぁぁ!!」
長門3「キョンくーん!」
キョン「長門3も抱き着いてくるなぁ!」
古泉「騒がしい人達ですね…」
みくる「そうですね…」
長門1「ご、ごめんなさい!」
みくる「ふぇ!な、長門1さんのせいじゃないですよぉ!」

83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/16(金) 00:37:01.96 ID:ThYBRiuGO

キョン「…部屋で着替えてくる」
長門3「私も行くー!」
キョン「来なくていいから!古泉、朝比菜さん長門2が変な事しないか見ててください」
みくる「分かりました」
古泉「はい」
キョン「お願いします」
長門「……」
キョン「な、長門も付いてくるのか!?」
長門「…あなたの部屋が見たい」
キョン「…着替えた後でな」
長門2「…そして、主人公の首をバックにいれ…」
妹「うんうん!」
キョン「い、妹が…!!」

86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/16(金) 00:45:53.42 ID:ThYBRiuGO

−キョン部屋−
キョン「……はぁ、疲れたな」
…ガチャ
長門3「キョンくーん!」
キョン「な!入ってくるな…!」
長門「……」
キョン「な、長門もか!?」
長門1「し、失礼しまーす」
キョン「……」
長門2「…ヒヒッ!」
キョン「古泉ぃぃぃぃぃぃ!!」
みくる「ご、ごめんなさい!気付いたら長門2さんいなくて…!」
キョン「……」
長門3「キョン君のベットだー!」
長門「……」
長門1「し、失礼します!」
キョン「3人でベットに乗るな!」

87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/16(金) 00:52:14.28 ID:ThYBRiuGO

長門3「キョン君!4Pしよ!」
みくる「ひぇぇぇ!妹さんいるんですよ!」
キョン「…しませんから」
長門2「ふんふん!ふんふん!」
キョン「勝手に漫画を棚に入れるなぁぁぁ!」
長門2「不安の種と機動旅団八福神と正義警官モンジュ入れときました」
キョン「やめろ!」
長門2「みつどもえとゾクセイも入れとくでござるか?」
キョン「やめろ!!」
長門「…アルバム」
キョン「何してんだぁぁぁ!?」

91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/16(金) 01:05:05.44 ID:ThYBRiuGO

みくる「キョン君、可愛いですぅ!」
長門1「か、可愛いです!」
長門「……」
キョン「それ、小学校の時の写真だ」
長門2「この時に事故にあって両足に移植されたんですな!」
キョン「…何の話しだ」
長門3「キョン君って昔から可愛いかったんだね!」
みくる「ですねー!」
長門2「いつ頃から共鳴したでござるか?」
キョン「…何の話しだ」

93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/16(金) 01:11:33.18 ID:ThYBRiuGO

長門1「こ、この写真は?」
キョン「修学旅行の写真だ」
長門2「1人だけ飛行機乗らないで助かったでござるか」
キョン「…乗ったぞ」
長門2「ジェットコースターにも気をつけた方がいいでござるよ!」
キョン「……」
…ガチャ
妹「キョン君〜!お腹すいたー!」
キョン「あぁ、ご飯まだだったな…」
長門1「あ、あたし作ります!」
みくる「私もやります」
長門3「じゃあ、その間セックスしよ!」
キョン「……」

101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/16(金) 01:22:10.36 ID:ThYBRiuGO

−リビング−
キョン「…結局、着替えてないんだが」
長門1「ごめんなさい!」
キョン「仕方ないから…」
みくる「大人数なんでお鍋でいいですか?」
キョン「任せます」
長門2「…そして、人を殺しながらセックスしないと興奮しない殺し屋は」
妹「うんうん!」
キョン「……。トイレ行ってくる…」
………
…ガチャ
古泉「……ぐふ」
キョン「古泉ぃぃぃぃぃぃ!!」

105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/16(金) 01:28:04.75 ID:ThYBRiuGO

古泉「…ひゅー。…ひゅー」
キョン「何でトイレにいるんだ!?」
古泉「……長門2にやられ…ました」
キョン「…どうりでさっきからいないと思ったら」
古泉「ま…さか、月牙天衝を撃ってくると……は」
キョン「……トイレ使いたいからどいてくれないか?」
古泉「…す…すいません…。…がはっ!」
キョン「……」
古泉「……」
キョン「……」

109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/16(金) 01:35:16.24 ID:ThYBRiuGO

−リビング−
キョン「……」
みくる「どうしたんですか?」
キョン「…長門、トイレにいる古泉を治してやってくれ」
長門「…分かった」
みくる「な、何かあったんですかぁ!?」
キョン「……」
長門2「…カイジに負けた彼は10秒間土下座をやりとげたのです!」
妹「ほぇ〜!」
キョン「長門2ぃぃぃぃぃぃぃ!!」

111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/16(金) 01:44:28.16 ID:ThYBRiuGO

長門2「何でござるか!?」
キョン「あんま古泉をいじめるなよ!」
長門2「市丸ギンと目が似てるんで…」
キョン「誰だそれは!?」
長門2「まぁ、これで許してくだされ。放課後恋愛倶楽部あげるでござる」
キョン「いるかぁぁぁ!!」
妹「何それー?」
キョン「見るなぁぁぁぁぁ!」
長門3「キョンくーん!」
キョン「な、長門3!今まで何してたんだ?」
長門3「キョン君のベットでオナニーしてたの!」
キョン「何してんだぁぁぁ!」
妹「オナニー?」
キョン「うわぁぁぁぁ!」

115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/16(金) 01:53:57.58 ID:ThYBRiuGO

妹「ねぇ!オナニーって何ー?」
みくる「ふぇ!あ!あの!あの!」
妹「ねぇ、なーに?」
長門1「あ!あ!い、今やるんですか!?」
長門2「妹殿!まずはこのDVDを見るでござる!」
キョン「やめろ!」
長門3「妹ちゃん!後で教えたあげる!」
キョン「やめろぉぉぉぉ!」
長門2「妹殿!まずはこの女優に注目していただきたい!」
キョン「早く止めるんだぁぁぁぁ!!」

117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/16(金) 01:58:26.91 ID:ThYBRiuGO

妹「……」
みくる「ひゃぁぁぁ…」
長門1「……ゴクリ」
長門3「この女優演技うまいわね」
長門2「パンツに手を入れたでござる!始まりますぞ!」
キョン「何みんなで見てんだぁぁぁ!!」
…ブチッ!
妹「あ〜!!」
長門2「何で消すでござるか!?」
キョン「駄目に決まってるだろ!」

139 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/16(金) 03:04:22.34 ID:ThYBRiuGO

長門2「じゃあ、誰が妹にオナニー教えるでござるか!?」
キョン「し、自然に覚えるだろ…!」
長門2「…キョン殿はオナニーしないでござるか?」
キョン「な!?」
みくる「…じー」
長門1「……ドキドキ」
妹「じー」
キョン「……く」
長門2「するでござるか!?」
キョン「し…しないぞ」
長門2「異議ありっ!!」
キョン「!?」

140 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/16(金) 03:08:08.56 ID:ThYBRiuGO

長門3「じゃあ、教えてあげるからあっちの部屋に行こっ!」
キョン「い、いいから」
長門2「ここに1冊の電撃ピカチュウがある!しかも2巻だ!」
キョン「……」
長門2「これを読んでみろ!」
キョン「……」
長門2「……」
キョン「…読んだぞ」
長門2「どうだ!オナニーしたくなったろ!」
キョン「…いや」
長門2「くっ!しぶとい奴め!」
古泉「…ただいま戻りました」
長門「……」

143 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/16(金) 03:12:10.22 ID:ThYBRiuGO

長門2「古泉いいところに!!」
古泉「……?」
長門2「キョン殿にオナニー見せてやってくれ!」
古泉「な!?」
キョン「な!?」
長門2「オ・ナ・ニー!オ・ナ・ニー!」
長門3「オ・ナ・ニー!オ・ナ・ニー!」
古泉「え!?え!?」
長門3「オ!ナ!ニー!オ!ナ!ニー!」
古泉「え?え!?」
長門2「D!V!D!D!V!D!」
古泉「……く」
…カチャカチャ
キョン「何ズボン脱いでんだぁぁぁぁぁ!?」

144 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/16(金) 03:19:15.55 ID:ThYBRiuGO

古泉「……く」
キョン「古泉ぃぃぃぃ!もういいからぁぁ!!」
長門2「止めるな!!」
キョン「…してますから」
長門2「ん〜?」
キョン「…オナニーしてます」
みくる「ひゃぁぁぁぁ!」
長門2「ほほぅ!やはりしてるのか!」
長門3「じゃあ、ついでにセックスもしよっ!」
キョン「そ、それはいいから…!」
古泉「……うっ…うぅ」
…シコシコシコ
キョン「古泉ぃぃぃぃぃぃぃぃっ!!」

149 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/16(金) 03:31:13.38 ID:ThYBRiuGO

妹「……うわぁ」
キョン「見ちゃ駄目だ!!」
古泉「……DVD……DVD」
キョン「古泉ぃぃぃ!早くしまえぇぇぇ!」
長門「…彼は脳に軽いダメージを受けた」
キョン「…な!?」
長門「…治療中にトイレに頭をぶつけた」
キョン「なぁぁぁ!?」
長門「…耳から血が出た」
キョン「アウトじゃないかぁぁぁぁ!」
古泉「…今、スボン履きます」
長門2「…チッ!」

152 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/16(金) 03:37:35.10 ID:ThYBRiuGO

長門1「……」
みくる「……」
キョン「2人とも大丈夫ですか…?」
みくる「ひゃぁ!だ…大丈夫ですよ!」
長門1「は、はい!」
長門3「あー!長門1ちゃんのパンツにシミがあるー!」
長門1「な!な!ないですって!」
キョン「パ、パンツ見せるな!」
長門2「…あのように男性は性器を手でシコシコと上下に…」
妹「……」
キョン「だから妹に変な事教えるな!!」
古泉「……」
長門「……皮」
古泉「……ビクッ!」

154 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/16(金) 03:43:44.20 ID:ThYBRiuGO

みくる「…あ!お鍋そろそろ出来上がりますよ!」
長門1「て、手伝います!」
妹「お腹すいたー!」
長門3「キョン君!私もー!」
長門2「海原と山岡が和解したらしいですよ」
キョン「知らんっ!」
古泉「テーブルを用意しましょう」
長門「…コク」
長門2「DVDも流すでござる」
キョン「いらないだろ!!」

159 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/16(金) 03:52:43.92 ID:ThYBRiuGO

みくる「はい、お鍋そっち運びますよー!」
長門3「キョン君の隣に座るー!!」
長門2「い、妹ちゃんの隣に座ります!」
キョン「駄目だぁぁ!俺の隣に座れぇ!」
長門2「なら、俺の屍を越えてゆけ!!」
キョン「…早くこっち座れ!!」
長門1「な、鍋熱いで気をつけてくださいね」
長門2「どれどれ…」
キョン「あっちぃぃぃぃぃわ!!」
みくる「キムチ鍋頑張って作りました!」
古泉「美味しそうです」
キョン「美味しそうだな!」
長門2「…前がみえねぇ」

162 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/16(金) 04:06:03.26 ID:ThYBRiuGO

妹「キムチからーい!でも美味しいー!」
みくる「よかったです!」
長門2「これ、翌日アナルぶっ壊れるでござるよ!」
キョン「……」
長門3「キョン君!ふーふーして!」
キョン「…自分でしなさい」
長門「…パクパク」
みくる「長門さん美味しいですか?」
長門「…美味しい」
みくる「よかったですぅ!」
長門1「み、皆さんに喜んでもらって嬉しいです」
古泉「…ヒィー!フゥー…!」

163 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/16(金) 04:15:58.95 ID:ThYBRiuGO

長門2「海原さんも鍋はアンコウ鍋がいいって言ってたでござる!」
キョン「…キムチ鍋だぞ」
みくる「こ、古泉君!大丈夫!?」
古泉「だ、大丈夫ですよ…」
長門「…パクパク」
長門1「い、妹さん。ふーふーしてあげます…」
妹「ありがとー!」
長門3「キョン君!あーん!」
キョン「い、いいから…」
長門2「そういえば、田中がセックスしたでござるよ」
キョン「今、話すなッ!!」

164 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/16(金) 04:21:16.14 ID:ThYBRiuGO

長門2「バキもセックスしたでござる」
キョン「だから、今言うな!」
長門2「妹ちゃんはセックスしたでござるか?」
妹「なーに?」
キョン「そういう話しはやめろぉぉぉっ!」
長門3「キョン君!後でいっぱいしようね!」
キョン「……」
みくる「ひょぇぇぇ!す、するんですかぁぁ?」
キョン「…しません」
長門3「えー!中に出していいのにー!」
キョン「……」
長門2「ユリア100式っていう…」
キョン「喋るなぁぁぁぁっ!」

168 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/16(金) 05:15:37.72 ID:ThYBRiuGO

……
長門「…お腹いっぱい」
みくる「全部、食べましたね」
長門2「…で、ガッツの目の前でレイプされたんでござるよ」
キョン「……」
古泉「…ゴヒッ!ヒッ!ごひゅひょうひゃま!」
妹「ごちそーさまー!」
長門3「うー!キョン君!お腹さわってー!」
長門1「片付けましょうか…」
妹「キョン君!お風呂入ろー!!」

170 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/16(金) 05:21:33.74 ID:ThYBRiuGO

長門3「えぇ!?一緒に入るのー!?私も入るー!」
キョン「ひ、一人で入りなさい!」
長門2「妹殿!一緒にアワビ狩りしましょう!」
キョン「絶対一緒に入るなよ!!」
長門1「あ、あのお背中流しましょうか?」
キョン「い、いいですから…」
みくる「じゃあ、キョン君は諦めて後で一緒に入りましょうか?」
妹「ヤッター!」
長門2「3人で入れるのでござろうか?」
キョン「だから、妹と入るな!!」

171 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/16(金) 05:27:21.99 ID:ThYBRiuGO

みくる「片付けときますんでキョン君お風呂どうぞ」
キョン「じゃ、じゃあ…」
古泉「…み……水を……」
長門「……」
長門2「…そして、最終巻で二人はみかんをしたのでござる」
妹「みかんって?」
長門2「みかんとは……セックスのことなり!」
キョン「誰か長門2を止めといてくれぇぇぇぇ!」
長門1「は、はい!」

172 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/16(金) 05:32:24.75 ID:ThYBRiuGO

−風呂−
キョン「…ふぅ〜。もう、22時か…」
キョン「……」
キョン「……」
…ガラッ
キョン「な!?な!?」
長門3「背中流しにきたよー!」
キョン「長門3!?ってタオルくらい巻いてこいって…!!」
長門3「いいじゃん別にー!」
キョン「だ!だ!だ…!」
長門3「こっち座って背中向けてよー!」
キョン「な!……な!」

173 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/16(金) 05:37:30.25 ID:ThYBRiuGO

キョン「せ、背中流しって…もらったら先出るからな…!」
長門3「えー!?やっと2人っきりになったのにー?」
キョン「は、早く!流しくれるなら早く…!」
長門3「はーい!」
キョン「……」
長門3「…よいしょっと」
キョン「……な!」
長門3「気持ちいーい?」
キョン「な!何で背中洗ってんだ…!?」
長門3「胸だよ!」
キョン「な!な!な!」

174 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/16(金) 05:40:37.44 ID:ThYBRiuGO

キョン「普通にタオルで…!!」
長門3「…あれ?」
キョン「!?」
長門3「キョン君!大きくなってるー!」
キョン「ち、違う…!」
…ガラッ!
妹「キョンくーん!」
キョン「な!な、何でお前まで…!」
長門2「おや?泡姫ごっこですかな?」
キョン「お前かぁぁぁぁぁ!」

180 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/16(金) 06:55:52.83 ID:ThYBRiuGO

長門2「お父さんはスタンド使いじゃないからなぁー!」
キョン「知るか!」
長門「……」
キョン「な、長門1!止めておいてくれと…!」
長門「…違う」
キョン「…本物かぁぁぁぁぁっ!?」
長門2「ナガート001はもうすぐ来るぞ」
キョン「名前変えるなッ!!」
みくる「あ、あの入っても大丈夫ですかー?」
キョン「な、何で朝比菜さんまで!?」
長門2「チョコレートの中に招待状が入ってたからな」
キョン「勝手な事するなぁぁぁ!」

181 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/16(金) 07:01:17.17 ID:ThYBRiuGO

キョン「俺はもう出るからな…!」
長門3「えー!待ってよ!」
キョン「そもそも、この風呂に7人も入れるか!」
長門3「7Pしよーよ!」
キョン「しないからっ!」
長門1「ひゃぁ!」
キョン「うぉぉぉ!長門1…!」
長門2「よく来た。バロム1よ」
キョン「も、もう出るから…!!」
長門2「キョン殿!一緒に行かないのか!?」
キョン「どこにだ!?」
長門2「火星さ」
キョン「行かねぇょ!!」

182 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/16(金) 07:06:27.85 ID:ThYBRiuGO

みくる「あれ?もう出ちゃうんですか?」
キョン「俺はもういいですから!」
…タッタッタッ
……
長門2「トードマン!トードマン!」
妹「何それー!?」
長門2「レインカプセル撃ってくる敵の事でござる!」
長門1「せ、背中流しますね!」
長門「……コク」
長門3「そこがクリトリスよ」
妹「どこー?」
みくる「あわわわ!だ、駄目ですぅ!」

183 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/16(金) 07:08:45.94 ID:ThYBRiuGO

キョン「……はぁー」
古泉「……」
キョン「……」
古泉「……」
キョン「……」
古泉「……水」
キョン「……」
古泉「…み……水」
キョン「……」
古泉「……くはっ!」
キョン「……」
古泉「……」

185 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/16(金) 07:19:45.70 ID:ThYBRiuGO

−風呂−
長門2「…ん〜!」
…ジョロロロ
みくる「ひゃぁぁぁぁぁ!長門2さんがオシッコしてますぅぅぅ!」
長門3「長門2!何してんの!?」
長門2「E缶飲みすぎたでござる!」
…ジョロロロ
妹「……」
長門「……」
長門1「……」
みくる「は、早くシャワーで流しましょう!」
長門3「みくるちゃん!オッパイでかーい!」
みくる「ひゃ!ひゃぁぁぁぁ!」

195 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/16(金) 08:49:00.89 ID:ThYBRiuGO

みくる「あ、あがりました〜」
キョン「朝比菜さん大丈夫ですか…?」
長門3「みんなでみくるちゃんの色んなとこ舐めたんだよ!」
キョン「な…!?」
みくる「ひゃぁぁぁぁ!」
キョン「…だから風呂長かったんですか。もう12時ですよ…」
みくる「ち、違いますぅぅぅ!」
長門1「こ、古泉さん寝ちゃったんですか!?」
キョン「色々と駄目だったみたいだ…」
古泉「……」
長門2「チゲーな!こりゃ死体だぜ!宅急便呼ぶか?」
キョン「いらん!!」
長門2「と、鳥になりたぁぁぁぁい!!」
キョン「……」

196 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/16(金) 08:58:15.41 ID:ThYBRiuGO

妹「キョン君!みんなと遊ぼー!」
キョン「明日、学校だろ!?」
長門2「みんなで桃鉄99年プレイやるでござる!」
キョン「終わんないわ!!」
長門「…終わらせる」
キョン「やらないから!何だいきなり!?」
長門3「じゃあ、みんなで…」
キョン「駄目だ!絶対やらんぞ!」
長門3「むぅー!」
長門1「み、みんなで将棋とか…!」
キョン「……何で将棋」

197 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/16(金) 09:04:12.87 ID:ThYBRiuGO

長門2「…よいしょ」
キョン「PCエンジン用意するな!!」
妹「みくるちゃん!リンゴ食べたーい!」
みくる「…え?あるなら剥いてきますね」
キョン「す、すいません」
みくる「別にかまいませんよ」
長門3「私、キョン君食べたーい!」
キョン「……」
妹「…どうやってキョン君食べるの?」
長門3「さっき教えた穴にね…」
キョン「何教えたんだぁぁぁぁぁ!?」

226 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/16(金) 09:56:08.94 ID:ThYBRiuGO

長門2「そ、そこのウサギが入ってる温泉をクリックするでござる!」
妹「どこー?」
キョン「早く進めろ!!」
みくる「リンゴ剥けましたよー!」
妹「はーい!」
長門2「リンゴ見るとミッキーのゲーム思い出すでござる…」
キョン「何の話しだ!?」
妹「リンゴおいしー!」
長門「……パクパク」
長門3「キョン君!美味しいねー!」
キョン「あぁ」

232 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/16(金) 10:01:09.60 ID:ThYBRiuGO

キョン「リンゴ食べたら寝るんだぞ」
妹「えぇー!?」
長門3「早く寝ないとお姉さん達が遊べないからだよねー?」
キョン「……」
妹「じゃあ、何か寝る前にお話してよー!」
長門1「な、何か読んであげます…!」
長門2「いや、ここは我が!!」
キョン「……」
妹「……」
長門2「むかしむかし、都内某所におちょなんさんという…」
キョン「今すぐやめろ!!」

236 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/16(金) 10:13:41.70 ID:ThYBRiuGO

長門2「じゃあ、ラジオでも聞かせるでござる!」
ラジオ「…ガガガ…ザー!」
長門2「クリーチャーが近くにいるな…!」
キョン「今すぐ長門1に代われ!」
…………
長門1「…ザクッ!ザクッ!お前がにぃにぃを殺したんだろ!!」
キョン「……」
長門1「ごめんなさい、ごめんなさいと洞窟内に声が響き…あら?」
妹「…くぅーくぅー」
長門1「寝ちゃいましたね」
キョン「…よく寝たな」
長門2「やるじゃねぇかナガート001ッ!」

242 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/16(金) 10:27:10.99 ID:ThYBRiuGO

長門3「…さて、妹ちゃんも寝たし」
キョン「……」
長門3「キョンくーん!好きー!」
キョン「だから、抱き着いてくるなって!」
みくる「あわわわ!」
長門「……」
長門1「あ、あの…!」
キョン「どうした…?」
長門1「わ、私も1回くらい抱き着いていいですか…!」
キョン「…な!」
長門3「いいよー!」
キョン「ちょ…!」
長門1「し、失礼します!…あっ!」
……ゴキンッ!
みくる「ひょぇぇぇぇぇ!」
キョン「うわぁぁぁぁ!」

243 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/16(金) 10:32:11.19 ID:ThYBRiuGO

みくる「古泉君の首がぁぁぁぁぁ!」
キョン「ありえない方向に…!!」
長門1「ごめんなさい!足元見てなかったです…!」
長門3「死んだんじゃない?」
キョン「ちょ…!!」
古泉「……」
長門2「ヤムチャでござるな」
キョン「な、長門…!」
長門「…分かった」
キョン「長門がいて助かった…」
長門1「ごめんなさい!ごめんなさい!」

246 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/16(金) 10:38:09.55 ID:ThYBRiuGO

長門3「その間に…!」
キョン「ズ、ズボン脱がそうとするな!!」
長門3「キョン君やろーよー!」
キョン「やらないわ…!」
長門2「じゃあ、ポーカーでもやるでござる」
キョン「もっとやらないわ!」
長門2「私に勝った人だけに1億円の場所教えるよ…ニヤニヤ」
キョン「何の話しだ!?」
長門「……あ」
…ゴキンッ!
みくる「ひょぇぇぇ!今度は反対にぃぃぃ!」
長門「…力の加減を間違えた」
キョン「長門ぉぉぉぉ!」
長門2「素子ぉぉぉぉ!」

247 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/16(金) 10:43:58.73 ID:ThYBRiuGO

長門2「まだやるかい?」
キョン「もうやんなくていいだろ!?長門、慎重にな!」
長門「……コク」
長門2「もうロボコップみたいにすればいいでござる」
キョン「駄目に決まってんだろ!」
長門1「な、長門さん!ごめんなさーい!」
長門「……あ」
……ゴキキ
みくる「……!!」
キョン「〜〜〜!!」
長門1「…!……!」
長門2「〜〜ッ!」
長門3「………」
……
………
…………

248 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/16(金) 10:48:18.57 ID:ThYBRiuGO

………
……

長門1「……はっ!いつの間にか寝ちゃいました」
長門「……」
長門1「な、長門さん起きてたんですか?」
長門「……コク」
長門1「皆さんも寝てるんですか…。…こ、古泉さんは!?」
長門「……治した」
長門1「よ、よかったです」
長門「…今、4時50分」
長門「ひゃあ!もうすぐじゃないですか!」

252 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/16(金) 10:54:47.66 ID:ThYBRiuGO

長門1「お、起きてください!」
長門3「ん〜…。キョンくーん……」
長門1「長門2さんも!」
長門2「ぐぅぅ…。…トップになれ!…トップをねらえ!……ぐぅ」
長門1「な、何言ってるんですか!もうすぐ時間ですよ!」
長門2「ん〜?」
長門3「…もう時間なの?」
長門1「は、はい!」
長門「……」
長門2「……結局、長門氏はもう一つの理由を言わなかったでござるな」
長門「……」
長門1「みんなとこうして遊んでみたかったですか…」
長門「……」

254 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/16(金) 11:04:47.10 ID:ThYBRiuGO

長門3「長門ちゃんがもっと口でちゃんと伝えればいいのに!」
長門「……」
長門2「フヒヒ!でも長門氏はこんな暗い性格でござるからなぁ!」
長門1「そ、そんな声言わないの!」
長門「…ごめんなさい」
長門1「え、え?な、長門さん別に謝らなくてもいいですから…!」
長門2「でも、長門氏のおかげ今日は楽しかったでござるよ!」
長門3「キョン君に会えたしね!」
長門1「わ、私もです!」
長門「……」

256 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/16(金) 11:11:34.50 ID:ThYBRiuGO

長門1「…あ。もう私達消えかかってますよ…」
長門「……」
長門3「ちょ!あなただけ!」
長門2「フヒッ!私だけガンツ風な転送でござるか!ユニークですな!」
長門「……」
長門1「な、長門さんとお別れになって寂しいです…」
長門「……私も」
長門3「キョン君やみくるちゃんやハルちゃんがいるじゃない!」
長門1「こ、古泉君忘れてます…」
長門2「長門氏!これからは一回くらい笑顔に挑戦してみるでござるよ!」
長門「……コク」

258 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/16(金) 11:18:35.84 ID:ThYBRiuGO

長門1「じゃあ、そろそろお別れですね…」
長門「……」
長門2「シシッ!また、呼ぶとしたらPS6が発売した時にしてくだされ!」
長門3「キョン君とセックスしなさいよ!」
長門「……」
長門1「長門さん…さようなら。今日はありがとうございました」
長門2「またいつか呼んでくだされよ!」
長門3「ばいばーい!」
長門「……また」
長門「……」
長門「……」
長門「……」
長門「……」

261 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/16(金) 11:27:52.12 ID:ThYBRiuGO

長門「……」
長門「……」
キョン「……ん?」
長門「……」
キョン「何だ…。長門起きてたのか?」
長門「……コク」
キョン「……みんなはもう消えちゃったか」
長門「……コク」
キョン「…みんながいなくなって寂しいか?」
長門「……あなた達がいるから寂しくない」
キョン「ハハッ…そうか。まだ時間あるしもう少し寝るか…」
長門「…おやすみ。……ニコ」


長門2「終わりだっぜ!」

266 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/16(金) 11:32:18.90 ID:ThYBRiuGO

何かイメージしてたのと違ったのが残念
・キョン「な、長門が3人いるぅぅぅぅ!」
・涼宮ハルヒの死体
・圭一「こ、これが雛見沢症候群か!」
・長門「うぉぉぉ!セックス!セックス!」
・キョン「これからSOS団の入団試験を行う!」
・沙都子「おっーほっほっ!大石!罰ゲームしなさい!」
・サトシ「アナルにビリリダマとイシツブテどちらがいい?」
・キテレツ「フフフ、僕の発明品アナル専用バイブはどうだい?」
また、クソスレで会いしょー!



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:コナン「キック力増強シューズで博士蹴るの超楽しいいいぃぃいいいい!!」