長門「ゆきりんは、普通の女の子に戻ります!」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:二人の禁則事項

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/27(日) 20:47:02.81 ID:mP0IzMWwO

キョン「……長門?」
長門「………」
キョン「なんなんだ?いまのは」
長門「…そのままの意味。
今日から私は普通の女の子」
キョン「えっと……つまり、長門はもう
対なんちゃらかんちゃらインターフェイスではないんだな」
長門「そう……これからはただの長門有希。
ゆきりんって呼んでね!」
キョン「…わ……わかった」

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/27(日) 20:53:57.79 ID:mP0IzMWwO

長門「キョーンくん!」
キョン「うわぁ!」
長門「…何故驚くの?」
キョン「い…いや…何と言うかイマイチなれなくて」
長門「なんだぁ、なんか驚かすことしちゃったのかと思ったよ」
キョン「いや、今の長門には驚かされっぱなしだけどな」
長門「むむー!」
キョン「どうした?」
長門「ゆ・き・り・ん!」
キョン「…あ…ああ、ゆきりんには驚かされっぱなしだ」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/27(日) 20:59:52.89 ID:mP0IzMWwO

長門「キョンくんは、やっぱり涼宮さんが好きなの?」
キョン「…いきなりなんだよ」
長門「だってぇ、キョンくん、
私といるときも涼宮さんの話しばっかりじゃない」
キョン「それは、しかたないだろ」
長門「なんで?」
キョン「いや、お前のほうが、よくわかってることだろ」
長門「えぇー?ゆきりんわかんなーい」
キョン「…だれか助けて」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/27(日) 21:04:41.13 ID:mP0IzMWwO

キョン「やっぱり長門おかしいぞ」
長門「ぶぅー…」
キョン「…ゆ…ゆきりんおかしいぞ」
長門「どこが?私は普通の女の子だよ」
キョン「……も…もしかして…前みたいにハルヒのせいなのか?」
長門「大丈夫、涼宮ハルヒは関係ない」
キョン「…ん?長門?」
長門「ゆきりんだってばー」
キョン「…えっと…全部演技なのか?」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/27(日) 21:08:59.62 ID:mP0IzMWwO

キョン「と…とりあえずだ…
いつも通り窓辺の椅子に座って
静かに本でも読んでてくれないか」
長門「いやだ」
キョン「なんでだよ。本読むの好きだろ?」
長門「もっとキョンくんとお喋りしたいの。
しーたーいーのー!」
キョン「…わ…わかったよ」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/27(日) 21:13:59.72 ID:mP0IzMWwO

長門「でねー、おもわず目をつぶっちゃったんだよ」
キョン「…そ…そうか、な…ゆきりんは臆病なんだね」
長門「あー、馬鹿にしたなぁ!」
キョン「いや、してないって」
長門「いーや、絶対馬鹿にしてる。
嘘ついても、このゆきりんにはわかるんだからね」
キョン「あー……」

ガラッ
ハルヒ「キョン!きてる?」
キョン「あっ、ハルヒ、
ちょうどいいところにきた」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/27(日) 21:19:45.54 ID:mP0IzMWwO

ハルヒ「どうかしたの?」
キョン「あ…ああ…長門が変なんだよ」
ハルヒ「有希?有希がどうかしたの?」
キョン「どうかしたってレベルじゃないんだよ。
とにかく一目見ればわかる」

ハルヒ「……とくにおかしなところは無いみたいだけど」
キョン「え?」

長門「………」ペラッ
キョン「あ…あれ?」
長門「…なに?」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/27(日) 21:29:44.40 ID:mP0IzMWwO

ハルヒ「…で、結局有希がどうしたの?」
キョン「あ…あれ?おかしいな…」
長門「………」ペラッ
キョン「あ…そうか、そういうことか!」
ハルヒ「なによ、一人で納得しちゃって」
キョン「まぁ、みてろよ…
おーい、ゆきりーん!」
ピクッ
長門「………」
ハルヒ「…な…ななな…」
キョン「おかしいな…」
長門「…もしかすると、今のは私にたいする愛称?」
キョン「いや…もしかするも何もお前が…」
ハルヒ「ちょっと!ゆきりんって何よ!」
キョン「いや…それは長門が…」
長門「私は知らない…今初めてきいた…」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/27(日) 21:36:22.00 ID:mP0IzMWwO

ハルヒ「もういいわ!今日の活動はなし!以上解散」


キョン「………」
長門「あははっ、涼宮さん怒ってたね」
キョン「…長門」
長門「もう、何度いわせるの。私は」
キョン「ゆきりん」
長門「そう」
キョン「…なんでハルヒの前では前のままなんだ」
長門「…んー、恥ずかしいから…かな?」
キョン「…は?」
長門「だってさー、一日前まで、だんまりちゃんだったのに。
いきなり、ゆきりん!っておかしいでしょ?」
キョン「…自覚はあったんだな。少し安心した」

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2008/04/27(日) 21:42:21.71 ID:mP0IzMWwO

長門「さーて、涼宮さんもいないし。
これからどうする?」
キョン「別になにも…」

ガラッ
みくる「すいませーん、遅れました」
キョン「あ、朝比奈さん。
いいですよ、別に…」
長門「いいよいいよ!別に遅刻なんか」
キョン「え?」
みくる「え?」

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/27(日) 21:46:14.08 ID:mP0IzMWwO

キョン「な…長門?」
みくる「長門さん?」
長門「あ、だからゆきりんだって!
みくるちゃんも、これから私のことはゆきりんって呼んでね?」
みくる「あ…は…はぁ?」
キョン「おい、なが…ゆきりん、ちょっとこい」グイッ
長門「あ、ちょっとキョンくん強引だよぉ」

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/27(日) 21:52:34.59 ID:mP0IzMWwO

キョン「おい!なんで朝比奈さんの前では変なキャラのままなんだよ」
長門「変?変って失礼だなぁ」
キャラ「とにかく質問に答えろよ」
長門「涼宮ハルヒに刺激を与えるのは適切ではない」
キョン「お、元の長門にもどった」
長門「だから、ゆきりんだってぇ」
キョン「………はぁ」

キョン「…まぁ、いいや。
でも朝比奈さんは年上なんだから
もっと礼儀をもった態度にしてくれよ」
長門「はーい」

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/27(日) 21:59:11.16 ID:mP0IzMWwO

みくる「…あ…あれは、いったい…」

長門「みくるちゃーん!」
キョン「………」
みくる「え…あ…やっぱり長門さんですよね?」
長門「ゆきりんだよ」
みくる「ゆ…ゆきりんさんですか…」
キョン「無理に会わせなくていいですよ」
みくる「なんだか頭が…」
長門「え?みくるちゃん大丈夫?」
キョン「お前のせいだ。
…あ、朝比奈さん、今日は無理しないで帰ってもいいですよ」
みくる「そ…そうします」


長門「帰っちゃった」

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/27(日) 22:06:07.45 ID:mP0IzMWwO

長門「ねぇねぇ、いろいろ探してたらこんなものあったよ」
キョン「ん?メイド服?朝比奈さんのかな?」
長門「着ちゃおっかなー」
キョン「……は?」
長門「のぞいちゃだめだかんね」
キョン「……あ?」

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/27(日) 22:10:11.38 ID:mP0IzMWwO

長門「じゃーん!ゆきりんメイドもーどでーす」
キョン「………」
長門「にしても…みくるちゃん、おっぱい大きすぎ…
こんなにあまっちゃってるよ」
キョン「………」
長門「あれ?キョンくんリアクション薄いなぁ」
キョン「…言葉も出ないってこんなときなんだな」

73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/27(日) 22:17:57.08 ID:mP0IzMWwO

キョン「そういえば、古泉は?今日はこないのかな?」
長門「え?古泉くん?
古泉くんならさっきからそこにいるけど」
古泉「はい、いました」
キョン「うわぁあああああああ!」
古泉「なにも驚くことないじゃないですか。
ねぇゆきりん」
長門「だよねぇ」

76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/27(日) 22:21:47.50 ID:mP0IzMWwO

キョン「い…いつからいたんだよ」
古泉「いつからって…最初からいましたよ」
長門「うん、いたよ」
キョン「俺が部屋に入ったときにはいたのか…」

80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/27(日) 22:25:59.42 ID:mP0IzMWwO

キョン「古泉はどうも思わないのか?」
古泉「なにがですか?」
キョン「長門のことだよ」
長門「ゆきりん!」
キョン「うるさい」
古泉「あ…いえ…私には他に想い人がいますから…」
キョン「そういうことじゃねえよ!
今日のなが…あぁー!
ゆきりんはおかしいだろ!」
古泉「いいじゃないですか。かわいいんですから」

83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/27(日) 22:30:55.18 ID:mP0IzMWwO

長門「結局、古泉くんも帰っちゃったね」
キョン「ああ…まぁあいつは、いないほうがいい気がするけどな」
長門「二人っ…きりだね」
キョン「変な雰囲気つくんな」ポカッ

長門「いったーい!ひどいよキョンくん」

84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/27(日) 22:34:00.92 ID:mP0IzMWwO

キョン「とりあえず長門、真面目な話しなんだが」
長門「ゆきりんって言わないと聞かないよ」
キョン「…ゆきりん」
長門「なに?」
キョン「今回のこれは結局なんだったんだ?」
長門「………」

89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/27(日) 22:37:35.61 ID:mP0IzMWwO

長門「んー…なんだろう」
キョン「真面目に話してくれ」
長門「言っとくけどこれでも十分真面目だよ」
キョン「…そうなのか?」
長門「うーん、どうでしょう」
キョン「………」

90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/27(日) 22:40:28.95 ID:mP0IzMWwO

長門「キョンくんはさー、
窓辺で静かに本を読んでる私が普通だと思ってるんでしょ?」
キョン「まぁ…」

長門「でもさ、今の私が本当の私かもしれないんだよ」
キョン「…ん…ああ」
長門「ちなみにキョンくんはどっちが好き?」
キョン「…え?」

97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/27(日) 22:47:26.86 ID:mP0IzMWwO

長門「元気いっぱいのゆきりん。クールな長門。
さぁ、どっちか、はっきりして!」
キョン「え…えっと…それは……」


後日
長門「………」ペラッ
キョン「おっす…」
長門「………」
キョン「…ゆ…ゆきりん?」
長門「うん、おはようキョンくん」





ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:コナン「よし、このチンコ型精子銃でおっちゃんを孕ませて…」