長門が猫を拾ったようです。


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「なんだか尻穴が痒いわね」

ツイート

1 名前:1[] 投稿日:2008/04/23(水) 19:05:48.48 ID:4PYJHFdc0

長門「……」
猫「にゃあ」
長門「……ひとり?」
猫「にゃあ」
長門「……廃棄予定?」
猫「にゃあ」
長門「……延命作業。うちに来ると良い」
猫「にゃあ」

3 名前:1[] 投稿日:2008/04/23(水) 19:07:33.47 ID:4PYJHFdc0

長門「あなたの名前を決めないといけない」
猫「にゃあ」
長門「……にゃあ」
猫「にゃあ!」
長門「把握した。あなたの名前は『にゃあ』にする」
猫「にゃあにゃあ」
長門「私の名前は有希」
猫「にゃあ?」
長門「無理して覚えなくても良い」
猫「にゃあ」

6 名前:1[] 投稿日:2008/04/23(水) 19:09:20.26 ID:4PYJHFdc0

猫「……にゃあ」
長門「何」
猫「…………にゃあ」
長門「……お腹が減ったの?」
猫「……にゃあ」
長門「把握した。ミルクを再構成する。飲んで」
猫「にゃあ! にゃあにゃあ!」(ぺろぺろ)
長門「美味しい?」
猫「にゃあ」

9 名前:1[] 投稿日:2008/04/23(水) 19:12:19.52 ID:4PYJHFdc0

ハルヒ「あれ? 有希、なんか猫の匂いするわね」
長門「猫の匂いとは」
ハルヒ「こう生物って感じの匂いがするわね」
長門「そう」
ハルヒ「猫、飼ってるの?」
長門「拾った」
ハルヒ「へえ、そうなの。名前は?」
長門「にゃあ」

11 名前:1[] 投稿日:2008/04/23(水) 19:14:11.24 ID:4PYJHFdc0

長門「涼宮ハルヒにもっとちゃんしとした名前を付けてやれと言われた」
猫「にゃあ?」
長門「けれど、私にはちゃんとした名前の定義が分からない」
猫「にゃあ……」
長門「私がちゃんとした名前の定義を理解するまで、あなたの名前は『にゃあ』のままで良い?」
猫「にゃあ!」
長門「そう」

17 名前:1[] 投稿日:2008/04/23(水) 19:16:53.62 ID:4PYJHFdc0

キョン「おい長門、猫飼ったんだって?」
長門「そう」
キョン「そうかい。どんな猫なんだ?」
長門「黒猫」
キョン「ほお、今度うちのシャミセンと遊ばせてみないか?」
長門「……嫌」
キョン「え? 嫌、なのか? ……シャミセンは嫌いか?」
長門「にゃあは私だけのもの」
キョン「……そうかい。まさかお前からそんな言葉を聞くことになるとはな」
長門「?」
キョン「分かった。まあ、お前の気が向いたときで良い。きっと、シャミセンも喜んでくれるさ」

21 名前:1[] 投稿日:2008/04/23(水) 19:19:05.93 ID:4PYJHFdc0

長門「……にゃあ」
猫「にゃあ?」
長門「あなたは、友達という存在を作りたいと思う?」
猫「にゃあ?」
長門「……あなたは他の猫と遊びたいと思う?」
猫「にゃあ……?」
長門「あなたの好きにして良い。あなたが遊びたいなら、私もそれで良い」
猫「……にゃあ!」
長門「……この手は何」
猫「にゃあ! にゃあ!」
長門「慰めているつもり?」
猫「にゃあ!」(ぺろぺろ)
長門「……くすぐったい」

25 名前:1[] 投稿日:2008/04/23(水) 19:21:30.15 ID:4PYJHFdc0

みくる「長門さん、猫飼ったんですねぇ」
長門「そう」
みくる「良いなあ。猫さんって、可愛いですよねぇ」
長門「そう」
みくる「ぽぴぽぴしてて、くにゃくにゃしてて、へにょんってしてるんですよねぇ」
長門「それは同意しかねる」
みくる「今度、猫さん見せてくださいね」
長門「…………」

27 名前:1[] 投稿日:2008/04/23(水) 19:23:27.42 ID:4PYJHFdc0

長門「独り占めはよくない」
猫「にゃあ?」
長門「あなたを独り占めするのは止めることにする」
猫「にゃあ」
長門「この感情は有機生命体が独占欲と称しているもの」
猫「にゃあ」
長門「あまり好ましい感情ではない」
猫「……にゃあ?」
長門「今度の土曜日、SOS団の活動にあなたを連れて行こうと思う」
猫「にゃあ?」
長門「……許可を」
猫「にゃあ!」

30 名前:1[] 投稿日:2008/04/23(水) 19:26:47.36 ID:4PYJHFdc0

ハルヒ「へえ、これが有希ん家の猫なのね。可愛いじゃない」
古泉「確かに、とても高貴な雰囲気漂う猫ですね」
みくる「ぽぴぽぴですねぇ」
猫「にゃあ」

キョン「良かったのか、連れて来て」
長門「構わない」
キョン「そうかい。……可愛い猫だな」
長門「あなたの家の猫が見ても、そう感じると思う?」
キョン「さあ、どうだろうな」
長門「……この間の誘いは、まだ有効?」
キョン「この間のって、……ああ、シャミセンに会わせるってやつか?」
長門「そう」
キョン「勿論だ。何なら、この後でも良い」
長門「……ありがとう」

31 名前:1[] 投稿日:2008/04/23(水) 19:29:32.36 ID:4PYJHFdc0

古泉「名前は何と仰るんですか?」
長門「にゃあ」
古泉「にゃあ、ですか」
ハルヒ「だから、もっとちゃんとした名前を……」
キョン「ハルヒ。良いだろ、別に。にゃあ、だってちゃんとした名前だ」
ハルヒ「ま、まあ、キョンがそういうなら良いけど! ほら、にゃあ、こっちおいで」
みくる「にゃあ、ですかぁ。くにゃくにゃですねぇ」
猫「にゃあ!」


長門「参考までに聞いておきたい。もしも、あなたならどんな名前を付けるの?」
ハルヒ「そりゃあ、勿論キョ……って何言わせるのよ!」
長門「そう」

35 名前:1[] 投稿日:2008/04/23(水) 19:32:36.39 ID:4PYJHFdc0

猫「にゃあ」
ハルヒ「でも、これ本当に捨て猫なのかしら」
みくる「どういうことですかぁ?」
ハルヒ「例えば、親とはぐれただけとか……」
キョン「長門、どこで見つけたんだ?」
長門「公園のブランコの下で雨宿りをしていた」
古泉「それは、捨てられているか否か微妙な状況ですね」
ハルヒ「……ま、まあ、でも、首輪もしてないしね! それに、もし親猫とはぐれただけなら、迎えに来るわよ!」
長門「……そう」
猫「にゃあ?」

37 名前:1[] 投稿日:2008/04/23(水) 19:35:09.31 ID:4PYJHFdc0

長門「……花を摘みに行ってくる」

ハルヒ「私、余計なこと言っちゃったかしら」
みくる「長門さん、心なしかしょんぼりしてますねぇ……」
古泉「しかし、涼宮さんの仰るとおりです。この猫が捨て猫か否かは分かりません」
猫「にゃあ?」
キョン「……どうしたもんかねぇ」

39 名前:1[] 投稿日:2008/04/23(水) 19:38:48.99 ID:4PYJHFdc0

キョン「それじゃあ、そろそろ二次会だな。シャミセンとにゃあの対面式だ」
古泉「よっ、待ってました」
みくる「えへへぇ、猫さんが二人揃うって可愛いですねぇ」
長門「……そう」
ハルヒ「あら、有希、何そのデジカメ」
長門「撮る」
古泉「はは、長門さん、すっかり親馬鹿ですね」
長門「親馬鹿とは」
古泉「子供を思うあまり馬鹿になる、ということですよ」
長門「……にゃあは、私の子供ではない」

43 名前:1[] 投稿日:2008/04/23(水) 19:43:29.91 ID:4PYJHFdc0

シャミセン「……」(じーっ)
猫「にゃあにゃあ!」
シャミセン「しゃー!」
猫「にゃあ!」

ハルヒ「中々、仲良しじゃない」
みくる「可愛いですねぇ。ほわほわしましゅ」

キョン「長門」
長門「何」
キョン「さっきの話だが……」
長門「さっき、というと?」
キョン「古泉と喋ってただろ。親馬鹿がどうたらこうたらとか、私の子供じゃないとか」
長門「……」
キョン「なればいいじゃないか。お前がにゃあの親に」
長門「……私が?」
キョン「そうだ。すればいいだろ、にゃあをお前の子供に」
長門「……それは出来ない」
キョン「どうしてだ」
長門「実の親でない私でさえ、にゃあと離れたことを考えただけでエラーが発生しそうになる。
    ……きっと、にゃあの実の親である猫の苦しさは計り知れない程のもの。
    私には、出来ない。もしも親猫が見つかったならば、そのときはすぐに返却する」
キョン「……そうかい」

45 名前:1[] 投稿日:2008/04/23(水) 19:47:40.73 ID:4PYJHFdc0

キョン「それじゃ、今日はこの辺にするか」
ハルヒ「そうね。もうそろそろ暗くなるし。じゃあね、シャミセン」
みくる「また会いたいなぁ」
猫「にゃあ」
古泉「いやぁ、僕も猫が飼いたくなりました」
シャミセン「にゃー」
長門「それでは、また」
キョン「ああ、またな」

みくる「ほわほわしましたぁ」
ハルヒ「みくるちゃんは、いつでもほわほわしてる気がするけどね」
みくる「ふえ? ど、どういう意味ですかあ?」
古泉「そのままの意味だと思いますが」
猫「にゃあ」
ハルヒ「ほら、にゃあもそう思うって言ってるわよ! ね、有希もそう思うわよね!」
長門「否定はしない」
みくる「酷いですよぅ!」
猫「にゃあ!」

46 名前:1[] 投稿日:2008/04/23(水) 19:49:54.33 ID:4PYJHFdc0

長門「今日は騒がしい一日だった」
猫「にゃあ」
長門「とても、楽しかった」
猫「にゃあ!」
長門「……けれど、一つだけ気になる点がある」
猫「……にゃあ?」
長門「あなたは捨て猫? それとも、親猫からはぐれただけ?」
猫「……にゃあ」
長門「もしも、後者ならば、あなたの親猫を探さなければならない」
猫「……にゃあ」
長門「明日から、捜索活動を開始する」

47 名前:1[] 投稿日:2008/04/23(水) 19:52:06.98 ID:4PYJHFdc0

長門「まずは公園から」
猫「にゃあ」
長門「ブランコの下には何も無い」
猫「にゃあ」
長門「シーソーの下にも何も無い」
猫「にゃあ」
長門「草むらにも何も無い」
猫「にゃ……」(びくっ)
長門「何」
犬「わんわん!」
猫「にゃあ……」(ふるふる)
長門「犬が、怖いの?」
猫「にゃあ」
長門「大丈夫。私が守る」
猫「にゃあ?」
犬「わん」
長門「わん!」
猫「!」
長門「もう、大丈夫」
猫「にゃあ!」

49 名前:1[] 投稿日:2008/04/23(水) 19:56:16.08 ID:4PYJHFdc0

長門「公園内部は全て探したけれど見つからなかった」
猫「にゃあ」
ハルヒ「あら、有希じゃない。何やってんの?」
猫「にゃあにゃあ!」
ハルヒ「はいはい、こんにちは。あんた、本当に可愛いわねぇ」
長門「親猫の捜索活動」
ハルヒ「……親猫ってこの子の?」
長門「そう」
ハルヒ「一人で?」
長門「そう」
ハルヒ「……分かったわ。SOS団全員で探しましょう!」
長門「そこまでしてもらっては迷惑になる」
ハルヒ「何言ってんの! にゃあは可愛いから全然迷惑じゃないわよ!
     それに、いつまでも親猫探すのも疲れるでしょう?
     SOS団全員で一週間探して、それでも親猫らしきものと遭遇しなかったら、
     にゃあは完全に有希のにゃあ!」
長門「……それでいいの?」
ハルヒ「私は別に良いわよ。それとも、誰か咎める人が居るの?」
長門「……」
ハルヒ「それじゃ決まりね! 皆には私から言っておくから!」

53 名前:1[] 投稿日:2008/04/23(水) 19:59:42.63 ID:4PYJHFdc0

ハルヒ「……というわけで、今日から一週間はにゃあの親猫捜索活動期間とします。
     誰か異議のある人は居る!?」
みくる「良いですよぅ」
古泉「大変良い考えかと」
キョン「そうだな」
ハルヒ「それじゃ、皆、手を抜かずに探しなさいよ!」


古泉「と、涼宮さんは仰いましたが、少し気が引けますね」
キョン「まあな。……だが、手を抜いて探すようなことは絶対するなよ。
     そんなことしても、長門にはバレバレだろうからな」
古泉「はは、そんなことしませんよ。後が怖そうだ」

みくる「…………」

56 名前:1[] 投稿日:2008/04/23(水) 20:04:15.03 ID:4PYJHFdc0

長門「あなたの親猫を探そうと皆頑張っている」
猫「にゃあ」
長門「……本当のことを言うと、私は頑張ることが出来ない」
猫「にゃあ?」
長門「彼には偉そうなことを言ったけれど、……いざとなると、出来ないかもしれない」
猫「……にゃあ」
長門「あなたを親猫に返却など、出来ないかもしれない」
猫「……にゃあ」
長門「あなたの親猫が見つからなければ良いとさえ思っている」
猫「……にゃあ」(ぺろぺろ)
長門「……あなたは優しい子」
猫「にゃあ」
長門「もう弱音は吐かない」
猫「にゃあ?」
長門「あなたの親猫を全力で捜索する。
    そうしないと、もし、あなたの親猫が見つからなかったとして、
    私があなたの親になることなど出来ない」
猫「にゃあ?」
長門「親という存在は子供の幸せの為に頑張るように出来ている」
猫「にゃあ……」
長門「私もあなたの幸せの為に頑張ろうと思う。自分の幸せを投げ打ってでも」
猫「にゃあ」   

58 名前:1[] 投稿日:2008/04/23(水) 20:09:56.10 ID:4PYJHFdc0

ハルヒ「で、今日の捜索結果は?」
古泉「収穫無しです」
キョン「俺もだ」
長門「……私も」
みくる「…………」
ハルヒ「ん? みくるちゃんはどうだったの?」
みくる「……私も、何も……」
ハルヒ「そ。捜索活動三日目、進展無しね。それじゃ、今日は解散。皆、お疲れ様」

古泉「にゃあ氏の状態はどうですか?」
長門「極めて良好」
古泉「そうですか。あの……にゃあ氏にこれを……」
長門「……これは何」
古泉「鼠です。不二家からパクってきました」
長門「そう」
キョン「……ネタが古すぎやしないか」
古泉「そうですか? いま、機関内では空前のブームですよ」
みくる「…………」
古泉「朝比奈さん、どうかされたんですか? 元気が無いようですが」
みくる「ふえ? い、いえっ! そんなことは全く!」
キョン「無理はしないで下さいね」
みくる「あ、ありがとう。でも、大丈夫です……えへへ」
長門「……」

61 名前:1[] 投稿日:2008/04/23(水) 20:12:56.88 ID:4PYJHFdc0

長門「餞別」
猫「にゃあ?」
長門「古泉一樹からの」
猫「にゃあ?」
長門「食べて」
猫「にゃあ!」(ふるふる)
長門「不可能?」
猫「にゃあ!」
長門「そう。……やはり、キャットフードが一番?」
猫「にゃあ」
長門「それでは、この鼠は不二家に返品することにする」
猫「にゃあ」
長門「……撫でてもいい?」
猫「にゃあ!」
長門「……ふさふさ」
猫「にゃあ」(ごろごろ)
長門「喉が鳴っている。気持ち良い?」
猫「にゃあ!」
長門「そう。私も、あなたを撫でていると心地よく感じる」
猫「にゃあ」
長門「……眠くなってきた。おやすみ」
猫「にゃあ」

62 名前:1[] 投稿日:2008/04/23(水) 20:20:06.96 ID:4PYJHFdc0

ハルヒ「それじゃ、今日の報告は?」
古泉「収穫無しです」
キョン「俺もだ」
長門「……私も」
みくる「…………私もです」
ハルヒ「そ。捜索活動四日目、進展無しね。それじゃ、解散!」
長門「……」


長門「一日が長い」
キョン「ん?」
長門「正確には、捜索活動の結果を聞くまでの期間が長い」
キョン「……そうかい」
長門「こんなことは初めて」
キョン「あの無限ループの夏だって、お前は平気だったのにな」
長門「……どうして?」
キョン「ど、どうしてって聞かれても困るが。……それだけお前が人間らしくなったってことだろ」
長門「人間らしく」
キョン「そうだ。俺がもし長門と同じ立場だったら、お前と同じようになると思うぞ」
長門「体温を覚えておこうと努力する?」
キョン「ああ、毎日抱きながら眠るだろうな」
長門「いつもより多く餌を与えてしまったり」
キョン「するさ。極力優しくしてやろうとするだろうよ」
長門「……涙腺が崩壊しそうになる?」
キョン「なる。大丈夫だ、お前は何もおかしくない」
長門「そう」

63 名前:1[] 投稿日:2008/04/23(水) 20:22:03.16 ID:4PYJHFdc0

長門「……にゃあ」
猫「にゃあ」
長門「覚悟を決めようと思う」
猫「にゃあ?」
長門「あなたを手放す覚悟」
猫「にゃあ……?」
長門「さようなら。短い間だったけれど、楽しかった」
猫「にゃあ?」
長門「……最後の思い出に、一緒に寝ても良い?」
猫「にゃあ!」

64 名前:1[] 投稿日:2008/04/23(水) 20:25:31.22 ID:4PYJHFdc0

ハルヒ「それじゃ、今日の報告は?」
古泉「収穫無しです」
キョン「俺もだ」
長門「……私はある」
ハルヒ「え、それ本当なの!?」
長門「正確に言うと、私ではない。
    ……朝比奈みくる。あなたは何らかの情報を手に入れている筈」
みくる「っ!」
ハルヒ「そうなの? みくるちゃん」
みくる「あ……あの……」
ハルヒ「正直に言いなさい」
みくる「……ごめんなさい。本当は捜索活動をする前から……」
古泉「心当たりがあったのですか?」
みくる「……ごめんなさい」
ハルヒ「……それで、そこは何処なの?」
みくる「私の家の近くにある公園です」

65 名前:1[] 投稿日:2008/04/23(水) 20:30:39.97 ID:4PYJHFdc0

みくる「その公園には、一匹のおっきな黒猫さんと、三匹のちっちゃな黒猫さんが居て……。
     私は、時々、ミルクをあげたりしてたんです。
     でも、ある日、ちっちゃな黒猫さんが二匹になってて……」
ハルヒ「それがにゃあってこと?」
みくる「最初は全然、イコールで結びつきもしませんでした。
    でも、捜索活動をはじめるって聞いて、それで思い出して……」
長門「その公園に案内して」
みくる「きょ、今日ですか?」
長門「今日。今からにゃあを連れて来る。少し待っていて」

66 名前:1[] 投稿日:2008/04/23(水) 20:34:53.62 ID:4PYJHFdc0

猫「にゃあ……」
ハルヒ「ここが、その公園ね」
みくる「……はい。そこのドラム官の中に……」
古泉「猫が居るんですね」
みくる「うん。……あの……」
長門「行ってくる」
ハルヒ「え、一人で大丈夫なの?」
キョン「一人で行かせてやれ」

長門「……確かに居る」
猫「にゃあ」
長門「あなたの家族?」
猫「にゃあ」
長門「そう。それじゃあ、さようなら」
猫「にゃあ!」(がしっ)
長門「何?」
猫「にゃあ」(ぶんぶん)
長門「離して」
猫「にゃあ!」
長門「…………」

67 名前:1[] 投稿日:2008/04/23(水) 20:39:22.97 ID:4PYJHFdc0

長門「駄目。あなたは行かないといけない。
    あなたは私と一緒に居るべきではない」
猫「にゃあ!」(ぶんぶん)
長門「大丈夫。あなたの親があなたを犬から守ってくれる。私が居なくても大丈夫」
猫「にゃあ!」(ぶんぶん)
長門「餌だって、あなたの親が与えてくれる。私が居なくても大丈夫」
猫「にゃあ!」
長門「どうして?」
猫「にゃあ」
長門「……遊びに来る」
猫「にゃあ?」
長門「あなたの家族にも挨拶がしたい」
猫「にゃあ」
長門「今までと接する時間が少し短くなるだけ」
猫「にゃあ……」
長門「あなたを守る人が変わるだけ」
猫「にゃあ……」
長門「大丈夫。あなたのことを忘れたりはしない」
猫「にゃあ!」
長門「あなたも、私のことを忘れないで居てくれる?」
猫「にゃあ!」
長門「そう。……それじゃあ、また」
猫「にゃあ!」


長門「…………」

69 名前:1[] 投稿日:2008/04/23(水) 20:41:43.28 ID:4PYJHFdc0

 それからというもの、ちょくちょく公園で長門さんを見かけます。
 そんなときの長門さんは、柔軟材みたいにほわほわした表情です。

                        おしまい。



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「長門の上目遣いって凶器だよな」