キョン「長門、俺はハルヒのことが好きなのかもしれない」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ゲンドウ「チャンスだ冬月」

ツイート

112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/12(土) 12:43:26.98 ID:8GYPhoDH0

「長門ー入るぞー」
入ったらすぐに鞄を取り、帰るつもりだった。
ただ、扉を開けて真っ先に飛び込んできたのが、
窓の前に座りこみ、顔を赤くしながら月を眺めている長門の姿だったから。
見慣れないその姿に、俺は数十秒見とれていた。
「………あ」
我に返った俺は、すぐに本来の目的を思い出し、鞄を握り部屋をでる。
なぜかエレベーターにのっている間、心臓の鼓動がよく聞こえた。
ハルヒをみたときの感じに似ているのは、きっと気のせいだろう。

113 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/12(土) 12:44:32.30 ID:8GYPhoDH0

翌日、放課後SOS団部室へと向かう。
部室に入ると、いつも通り本を読んでいる長門の姿が見えた。
気配で感じたのか、長門は本から俺へと視線をスライドさせる。
長門と、目が合った。
なぜだろう。俺は、目をそらす。
特に理由はない。嫌だったわけでもない。
ただ、ずっと目を合わせていられる気がしない。
おかしいぞ、俺

115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/12(土) 12:48:19.95 ID:8GYPhoDH0

「あら、みくるちゃんと小泉君はまだなの」
ハルヒが潔く扉をあけ、部室内に飛び込んでくる。
俺が今日は見ていないということを説明すると、どうでもよさそうな生返事が帰ってきた。
そのままハルヒはパソコンの前へと向かい、ディスプレイとにらみ合いを開始始めた。
「なにをしているんだ?」
パソコン前のハルヒに問う。

116 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/12(土) 12:51:49.89 ID:8GYPhoDH0

「なにって、情報を探してるのよ。あのお祭りに関してなにか怪しい噂はないか」
「噂って…そんなもんないだろう」
「わからないじゃない!ところでキョン、ここどうすればいいか分からないんだけど…」
「ん?」
画面を確認すると、ちょっとしたエラーが発生していた。
乱暴な扱いに、さすがのパソコンも参ったのだろう。
「ああ、これはだな…」
たいした問題でもない。設定を少しいじると直るはずだ。
「あら、このフォルダ何?」
問題修正の際に少し開いてしまったフォルダ。
それは、俺がmikuruフォルダを隠していた場所でもあった。
ハルヒのことでいっぱいで、最近は存在すら忘れかけていたのだが……。これは困った。
「mikuru?みくるちゃんのかしら」
ハルヒはマウスを移動させ、そのフォルダを開こうとする。
やめろ!と声に出す前に、そのフォルダは開かれてしまった。だめだ。もうだめだ。

117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/12(土) 12:54:06.41 ID:8GYPhoDH0

画面いっぱいに広がる拡張子jpgのファイル達。
幸い、アイコンに画像自体は表示されていなかったので、開かなければどんなものかは分からない。
「画像ファイルがたくさんね……怪しいわ、このフォルダ……ねえキョン…?」
視線を向けられた俺は、目をそらす。言い返す言葉も思いつかない。

「あら、横にもう一つフォルダがあるわね。『my story』…?」
「ん…?」

118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/12(土) 12:55:34.03 ID:8GYPhoDH0

my story…?mikuruフォルダの横にもう一つ。
俺はそんなフォルダ作った覚えはない。なにかシステム関係のフォルダだろうか。
ハルヒがmy storyフォルダにポインタを移動させた瞬間、画面が暗闇につつまれる。
「あれ、どうしちゃったのよ、これ」
ハルヒが闇雲にキーボードを叩いたり、マウスクリック連打、するものの、パソコンに反応はない。

119 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/12(土) 12:57:50.72 ID:8GYPhoDH0

「エラー起こったんじゃないか?もしかしてさっきのウィルスだった…?」
「ウィルスー!?あんた、これ明日までに直しときなさい!いいわね!」
そういってハルヒは席を立ち上がると、ややご機嫌斜めで部室を飛び出る。
俺はひとまず安心したのだが、パソコンが壊れてしまっていては困る。
確認のため、もう一度起動ボタンを押し直した。
「おや、動くじゃないか」
問題もなく起動しはじめるパソコンを見て、思わず声に出てしまった。
デスクトップが表示された後も、特に異常もなく操作できた。
念のためウィルスチェックなるものをしてみたが、なにも発見はされない。

120 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/12(土) 13:03:44.06 ID:8GYPhoDH0

『彼と私は、二人きりで校舎を回る』
私は転校生。遠い所からこの学校に転校してきた。
私は普通とは違った存在。彼は特別な存在。
二人は、部室等を歩いていた。
ふと窓から白い粉が舞い降りてくる。
雪だった。

124 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/12(土) 13:30:06.47 ID:8GYPhoDH0

祭り当日。
俺は集合十五分前に到着したのだが、すでに他のメンバーは集まっている。
喫茶店で適当に過ごした後、さっそく祭りに行くことになった。



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:蘭「コナンくん・・私妊娠したみたい・・」 コナン「え?」