かがみ「つかさー、学校行くわよ」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:まる子「藤木……あんた>>5をするなんて……」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/10(木) 12:42:24.07 ID:QkI+QVcm0

つかさ「わぁぁあ、お姉ちゃん待ってよ。ふぁ、ファスナーが閉まらない」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/10(木) 12:44:34.35 ID:QkI+QVcm0

かがみ「ほらほら早くしなー。占いも始まったよ」

つかさ「ちょっと手が込んでて・・・あああ。お姉ちゃん、かわりに見てて」

かがみ「(ほんとつかさは私がいないとだめなんだから、って・・・)
     つかさ、私たち今日最下位よ」

つかさ「えぇ?!ファスナーが閉まらないから、まさかとは思ったけど」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/10(木) 12:48:16.83 ID:QkI+QVcm0

かがみ「私は別に普通の朝だったわよ?」

つかさ「ううぅ、今日の体育、嫌な予感がするなぁ」

かがみ「(ラッキーメニューはパエリア?夕食後から運気が上がっても仕方ないじゃないの)
      さ、行こうか。こなたが待ってるよ」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/10(木) 12:50:07.63 ID:QkI+QVcm0

こなた「おはよー柊姉妹の双子たち、かがみとつかさよ」

つかさ「おはようこなちゃん」

かがみ「おはようこなた。って何よあんた、その笑顔は」

こなた「いやーいつもは見ないんだけど、今日たまたまめざ○しテレビの占いをみたのだよ」

かがみ「それをからかいたいわけね」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/10(木) 12:51:28.70 ID:QkI+QVcm0

つかさ「こなちゃん、私たち最下位だったよ」

こなた「むふふ、これは今日何か起きるよ。フラグだね」

かがみ「まったく、あんたはすぐそうやって何でもフラグフラグ言うんだから」

つかさ「あはは、こなちゃんらしいね(今日何も起きないといいなぁ)」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/10(木) 12:52:43.04 ID:QkI+QVcm0

キーンコーンカーンコーン


こなた「つかさ、次生物室で授業があるみたいだよ。みゆきさんが言ってたから間違いないっ」

みゆき「そうらしいですよ。生物室で実験をするんでしょうね」

つかさ「わーい、私実験大好き」

こなた「つかさは見張っとかないと何するかわからないからねー」

つかさ「そんなことないよぉ、って、あぁっ」

こなた「・・・どったの?つかさ」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/10(木) 12:55:35.13 ID:QkI+QVcm0

つかさ「こなちゃーん、教科書忘れちゃった」

こなた「あちゃ、つかさが忘れるなんて珍しいね」

つかさ「うん、今朝どたばたしてたから。お姉ちゃんに借りてくるから、こなちゃんとゆきちゃんは

こなた「うん、わかった。はやく帰ってくるんだよー」

みゆき「わかりました、ではまた生物室で」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/10(木) 13:01:04.86 ID:QkI+QVcm0

つかさ「お姉ちゃぁぁぁぁあああああんっ」

かがみ「うわ!!びっくりしたなぁ、つかさか。なんでそんなにテンション高いのよ」

つかさ「えへへ。悪い運気を吹き飛ばそうと思って」

かがみ「ふむ、一理あるわね。それで、どうしたの?もうすぐ授業始まるわよ?」

つかさ「それがね、朝ばたばたしてたから生物の教科書忘れちゃったんだ。
     お姉ちゃんのクラスも今日あるよね、だから貸してくれないかなって思って」

かがみ「(つかさが忘れるなんて、こなたの癖がうつったのかしら)うん、いいよ」

つかさ「ありがとう!お姉ちゃんがお姉ちゃんでよかったぁ」

かがみ「大袈裟ねぇ、つかさは」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/10(木) 13:05:47.61 ID:QkI+QVcm0

つかさ「ただいまっ」

こなた・みゆき「おかえりなさーい」

先生「そこいいか、授業始めるぞ。えーまず教科書の・・・」

こなた「実験って何するんだろうね」

つかさ「わくわく」

みゆき「前回の続きから行けば、今日は生物の体についてだと思いますよ」

つかさ「わくわく」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/10(木) 13:09:52.56 ID:QkI+QVcm0

先生「それぞれのテーブルにエビの入った小さい水槽があると思いますが、
    まずそれを詳しく描いて観察しながら絵を描いて見ましょう」

こなた「絵かぁ、得意分野だね」

つかさ「こなちゃんの絵、個性的だもんね」

みゆき「こうしてエビを観察してみると、結構複雑な構造をしていますね」

こなた「料理するときはまじまじと見ないからね。ね、つかさ」

つかさ「そだね、足がいっぱいなんだよね。
     あ、こなちゃん、ちょっとその緑色を貸し・・・」


がたーんっ!

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/10(木) 13:15:24.82 ID:QkI+QVcm0

つかさ「わぁっ」

こなた「はぅあ」

みゆき「あらまぁ」

一同「・・・・・」

つかさ「わーん倒しちゃった」

こなた「つかさっぼーっとしてないですかさず拭ーく!」

ふきふきふきふきふき

こなた「つかさ(というかかがみ)の教科書濡れちゃったね」

つかさ「どうしようお姉ちゃんの教科書なのに」

みゆき「これは私の中のうぃきを検索してもよい修復方法が出てきませんね」

こなた「(あはは、うぃき?)つかさ大丈夫?」

つかさ「うん、でもどうしようお姉ちゃんの教科書なのに ><」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/10(木) 13:21:56.37 ID:QkI+QVcm0

かがみ「そっか、でも大丈夫よ。つかさのしたことは私のしたこと。私たち、双子でしょ?」

つかさ「ありがとうお姉ちゃん。ほんとにごめんね」

かがみ「ほらほらもうそんな顔しない。運気が逃げていくよ?」

こなた「そうだよつかさ、かがみんの言うとうり。妹思いなところ、さっすが私の嫁」

かがみ「だっ、誰があんたの嫁よ!!」

みゆき「んふふふふふ」

つかさ「みんなありがとう。元気が出てきた」

こなた「よーしつかさが元気になったことだし、一件落着」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/10(木) 13:27:23.66 ID:QkI+QVcm0

キーンコーンカーンコーン

黒井先生「であるから、この戦争を薔薇戦争と・・・」


(着信音はみなさんのお好きなように脳内変換してください)


つかさ「わっ私のケータイだ!はやく、止めなきゃ、はやく」

ピッ

つかさ「ふう・・・・・誰?」

黒井先生「はーい没収。放課後返してやるから職員室まで来い」

つかさ「ふぇーん ><」

こなた「・・・つかさ」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/10(木) 13:31:37.93 ID:QkI+QVcm0

昼休み

こなた「つかさ今日はなんかついてないね」

かがみ「そうね、つかさにしては珍しいミスばっかり。
     いくら占いが最下位でも私は何ともないのに」

みゆき「人間なにをしてもうまくいかない日があるものです。少し長くなりますが、
     古くから古代中国に伝わることわざを王朝貴族たちは・・・」

つかさ「お姉ちゃんはしっかりしてるもん」

かがみ「つかさだって、しっかりしてるよ?」

こなた「かがみんは料理以外しっかりしてるよね」

かがみ「う、うるさいよ」

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/10(木) 13:31:50.95 ID:QkI+QVcm0

つかさ「あはは、でも今日のお姉ちゃん特製弁当、おいしい」

かがみ「私のお弁当なんかつかさの足元にもおよばないわよ」

こなた「でも今日のかがみん特製弁当本当においしい」

かがみ「・・・ありがとう」

こなた「つかさはしっかり食べて、午後の体育に備えなきゃ」

つかさ「た、体育?忘れてた」

みゆき「そこで紫式部の話に戻るのですが、あの日だというのに二人は構わず・・・」

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/10(木) 13:37:46.66 ID:QkI+QVcm0

こなた「つかさ、そっちそっち。はい、ぱすっ」

つかさ「あわわ、こなちゃんパス出さないでー」

こなた「むふふ、つかさと一緒のチームでよかったよ」

つかさ「ごめんねこなちゃん、ボール取られちゃた」

こなた「いいのいいの。勝敗なんて気にしない気にしない」

つかさ「うん、私がんばる」


キュッキュッ

こなた「つかさーあいてるスペースに入って」

つかさ「うんっ」

こなた「パース」

つかさ「キャーッチ」

こなた「シュートっ」


グキっ・・・


こなた「つかさ?!」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/10(木) 13:40:50.25 ID:QkI+QVcm0

つかさ「んん・・・」

こなた「つかさ!大丈夫っ!?」

つかさ「こなちゃん、だ、大丈夫。ちょっと足首ひねったみたい」

こなた「動かさないほうがいいよ、氷持ってくるから座ってて!!」

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/10(木) 13:48:55.57 ID:QkI+QVcm0

かがみ「つかさ!!大丈夫っ!?」

つかさ「心配かけてごめんねお姉ちゃん。軽い捻挫だから大丈夫だよ」

こなた「いやーびっくりしたよ、準備運動はしっかりしたんだけどね
     でもたいしたことなくてほんとによかった」

かがみ「グスンッ、もう、無茶しちゃだめじゃない・・・ヒック、心配したわよ・・・」

こなた「(かがみん・・・)大丈夫だよ、かがみん!安静にしてれば2〜3日で治るから」

つかさ「うん、大丈夫だよお姉ちゃん。そんなに痛くないから」

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/10(木) 13:52:38.08 ID:QkI+QVcm0

かがみ「ヒック、つかさ、今日は早退しよっか、ヒック」

つかさ「お姉ちゃん、ほんとに大丈夫だからっ。あと1時間だけだし、授業受けるよ!
     みんなと帰るほうが早く治りそうだし」

こなた「かがみんはホントに妹思いのいいお姉ちゃんだねえ」

かがみ「当たり前よ、ヒック、つかさなんだから」

つかさ「ありがとう、お姉ちゃん」

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/10(木) 14:01:45.13 ID:QkI+QVcm0

こなた「今日のつかさは散々だったね。でも妹思いのかがみんが見れたから満足満足」

かがみ「いいでしょ、別に」

つかさ「お姉ちゃんがいなかったら今日の私はだめだったよぉ」

かがみ「じゃあ、今日は全部私に任せなさい。夕食も作ってあげる」

こなた「つかさ、しっかり見張ってないととんでもない食事がくるかも・・」

かがみ「なんか言ったか」

こなた「はうぁ」

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/10(木) 14:05:53.25 ID:QkI+QVcm0

つかさ「ただいまー」

まつり「お帰りー。あれ?つかさ、かがみは?」

つかさ「なんかね、お姉ちゃん夕食作ってくれるらしくて、スーパーに買い物いったんだ
     私にどんな料理作るか知られたくないみたい」

まつり「えー?!今日の食事当番私じゃない?今つくってるのに」

つかさ「えー!?ど、どうしよう・・」

お父さん「つかさ、その足のホータイはどうしたんだい?」

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/10(木) 14:12:11.58 ID:QkI+QVcm0

かがみ「ただいまー」

つかさ「お帰りー、お姉ちゃん、今夜の夕食はまつりおねえちゃんが作ってるみたいだよ」

かがみ「えぇ!?ど、どうしよう。もう材料買ったし・・」

まつり「明日使えばいいじゃない。今夜はゆっくりしといていいよ」

かがみ「ねぇ、今んとこ出来上がった料理は何?」

まつり「え?スープだけだけど」

かがみ「ちょっと、続きを私に作らせてくれない?今日だけでいいから、お願い!」

まつり「えーせっかくやる気になったのに、明日は作れないよ」

かがみ「お願い、どうしても作りたい料理があるの」

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/10(木) 14:17:05.97 ID:QkI+QVcm0

つかさ「お姉ちゃんがどうしても作りたいっていう料理、私食べたいな」

かがみ「つかさ・・・」

お父さん「いいじゃないか?まつり」

つかさ「お願い、まつりお姉ちゃん」

まつり「・・・わかったわ、かがみにまかせる」

かがみ「あ、ありがとう!絶対おいしいパエリア作るから!!」

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/10(木) 14:23:14.71 ID:QkI+QVcm0

みんな「お、おいしい!」

つかさ「おねえちゃんおいしいよ、このパエリア」

まつり「うん、私が作ったときよりおいしい」

いのり「かがみにしてはがんばったね」

かがみ「あ、あんまり褒めないでくれる?恥ずかしいから」

つかさ「スープともよく合うし!パエリアかぁ、ナイスチョイスだねお姉ちゃん」

かがみ「それは・・・ちょっと今朝、テレビで見たから」

お父さん「朝の料理番組かな?」

かがみ「じゃなくて、占いのラッキーメニューなの。今日のつかさ、運が無かったから」

68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/10(木) 14:30:07.21 ID:QkI+QVcm0

かがみ「私だって占いなんかいいことしか信じないし、今日のだって信じてなかった。
     けど占いでもなんでもいい、つかさが元気になるかもしれないんだったら
     私はなんでもする!」

つかさ「お姉ちゃん・・・」

かがみ「昼間も言ったでしょ、私たちは双子なんだから。つかさがうれしいと私もうれしい。
     つかさが悲しんでると私も悲しい。だから嫌なことは二人で半分ずつ背負って、
     うれしいことは二人で二倍喜ぼう?私はずっとそうしていきたい、つかさと」

お父さん「かがみよぉぉぉぉおおんっ」

72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/10(木) 14:36:43.84 ID:QkI+QVcm0

かがみ「あと5時間で今日が終わるけど、つかさが元気になってくれたからよかった」

つかさ「うん、ありがとうお姉ちゃん!」

                     ・
                     ・
                     ・
                     ・

コンコン

かがみ「はーい。あ、つかさ。入りなよ」

つかさ「キュピーーーン!(今日が終わるまであと3時間っっっ、やってや○っ!)」

74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/10(木) 14:46:37.90 ID:QkI+QVcm0

「今日はお姉ちゃん、ほんとにありがとう。いい子いい子しないとね」
「あ、つかさ・・・」

そう言ってつかさはかがみの後ろから手を回し、おもむろにパジャマの上からかがみの胸を
さぐり始めた。

「私ほんとにうれしかったんだよ?夕食のときなんか、二人の関係がばれちゃわないか、ちょっと
 どきどきしてたんだぁ」
「つかさは、ばれたほうがわくわくしたんじゃないの?」
「えへへ、どうかな」

その間つかさの手は休まることなくかがみの胸をブラジャーの上からもてあそんでいた。

「あ・・・もっと、いつものように・・・」

かがみはじれったいつかさの動きにもやもやしていた。

79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/10(木) 14:54:33.53 ID:QkI+QVcm0

いつものつかさならすでにかがみのブラジャーをはずし、ベッドで寄り添いながら前戯をしてくるはずだ。

「はや・・く、直接触って?つかさ」
「じれったい?でも今日のお姉ちゃんは一段とかわいかったから、
 ゆっくりいい子いい子しないとね」

つかさは静かに息を吹きかけながら、かがみの首筋をなぞるように舐めまわした。

「はぅうっ」

かがみの首筋から、顔を乗り出して鎖骨にまでたどるその軌跡に、
体の奥から熱い何かが溢れ出そうとしているのがかがみにはわかった。

80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/10(木) 15:01:13.65 ID:QkI+QVcm0

「あっ」

つかさの右手がかがみの右の乳房、さらにその頂点へと進んでいくと
かがみはすこしうわずった小さな声をあげた

「おねえちゃん、いつもより感じやすくなってる」
「んっ・・左、も・・・」

言われるまでもなく、つかさの左手はかがみの美乳をわしずかみにしていた。

「ほら、お姉ちゃんもいつものように私にも攻めてこなきゃ」
「うん」

85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/10(木) 15:06:53.56 ID:QkI+QVcm0

そこまで言うと二人はどちらともなくベッドへと移動した。

つかさ「ほら、お姉ちゃんが上になって」


と!!!すみません、ちょっと今から出かけなきゃいけなくなったorz
百合にするつもりはなかったんですが・・・アレ?何だこの展開

スレはご自由に使ってください、落としてもいいけど。



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:中川「えっ!?先輩がラノベを書くですって!?」