長門「順部は万全。今日こそ彼をゲットする」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:冬月「碇、本当に泊って行くのか」碇「ああ、もうパジャマ着てるしな」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/10(木) 01:08:06.45 ID:HtvNvFkK0

キョン「おいーす。・・・今日はまだ長門ひとりか」

長門「そう」

当然。涼宮ハルヒも朝比奈みくるも以下略も、適当な都合をつけて到着を遅らせた。
今日は私が自ら作り出した、大事な大事なアタックチャンス

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/10(木) 01:10:42.08 ID:HtvNvFkK0

キョン「ふー・・・。 長門、今日は何読んでるんだ?」

長門「灼眼のシャナ」

キョン「へー」

残念ながら、彼は私を女性として見ていない節がある。
恋愛を成就させるためには、まず女として、恋愛対象として見てもらう必要がある

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/10(木) 01:12:57.42 ID:HtvNvFkK0

キョン「今日は寒いな」

長門「・・・私と触れ合えばぬくぬく」ぴた

キョン「何をしてるんですか長門さん!」

肉体の接触により、異性を異性として見る。人間とは単純な生き物。
冷静沈着な彼も人間には変わりない。

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/10(木) 01:15:44.13 ID:HtvNvFkK0

ガチャ

ハルヒ「あ、開いた」

長門「!?」

朝倉「見て後悔するより、見られて後悔した方が良いと思って」

・・・朝倉涼子。意味の分からない事言わないで。そして邪魔しないで

朝倉「あなたこそ、自分の任務と矛盾するような事はやめたら? それにキョンくんは私がもらうの」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/10(木) 01:18:18.99 ID:HtvNvFkK0

ガチャ

ハルヒ「・・・また閉まった」

長門「情報操作では負けない」

朝倉「・・・面白いわね」

ガチャ! ガチャ! ガチャ! ガチャ!

キョン「このシャナって子かいいなあ・・・」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/10(木) 01:21:50.26 ID:HtvNvFkK0

ハルヒ「一体何が起こっているの? これはもしや・・・宇宙人ね! 宇宙人の仕業だわ!」

古泉「おや、何かあったんですか涼宮さん」

ハルヒ「このドアノブを見て。 どうやら宇宙人同士が戦ってるらしいの」

キョン「うーん、間違ってはいないが」

ハルヒ「古泉君、超能力で応戦して」

古泉「知ってたんですか。 あいにくこの世界では普通の人間でして」

ハルヒ「ホント使えないんだから!」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/10(木) 01:26:39.68 ID:HtvNvFkK0

ハルヒ「この世界でも使える超能力ってないの? しょぼいのでもいいから」

古泉「それがひとつしかないんですよ」

ハルヒ「あるなら早く使いなさいよ殴られたいの? バカ!」

古泉「これはマッガーレという魔法で、この世にあるありとあらゆるものを」

ハルヒ「いいから早く使えって言ってんでしょ! バカ! バカマルコ!」

古泉「ウヒャヒャヒャ、相変わらず横暴だねえ、わが麗しのゴブレット、マージョリージョー」

ハルヒ「コネタに付き合わなくていいから!」

古泉「ちなみに今のはシャナのネタで・・・」

ハルヒ「解説もいいから! 新スレ立てるのも面倒だから中止!」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/10(木) 01:32:59.95 ID:HtvNvFkK0

古泉「(ドアノブ)マッガーレ」

ガチャ

朝倉「開いた!」

! いま明らかに朝倉涼子ちゃん以外の物が加担した! 一体何者?
私も誰か援軍を呼ばないと・・・
私の援軍といえば朝倉涼子。手伝いなさい!

キョン「いや、今は朝倉は敵だろ」

長門「・・・うかつ(///)」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/10(木) 01:37:03.07 ID:HtvNvFkK0

みくる「お茶が入りましたぁ〜」

キョン「朝比奈さん!」

朝比奈みくる! いたの!?
しかしこの女使えるかも

みくる「ふえ、ふえぇ!? 長門さんがキョンくんにまたがってる!?
    長門さんあなた一体何を・・・まさかナニを・・・」

長門「そんな事よりドアを押さえて」

みくる「ふえ? ナニを押さえて?」

長門「ドアを。いいから早く」ギラリ

みくる「ふぁい」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/10(木) 01:39:40.50 ID:HtvNvFkK0

ハルヒ「ちょっと何よ! ドアノブ回っても開かないじゃない!」

古泉「困ったものです」

ハルヒ「古泉くんキャラソン歌ってないでなんとかしなさい」

古泉「無茶言わないで下さいよ。 僕にはマッガーレしかないんですから。ネタ的にも」


みくる「えっと、何で私ドアなんか押さえてるんですかぁ〜?」

長門「今言い訳を考えるから少し待って」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/10(木) 01:43:27.24 ID:HtvNvFkK0

キョン「なあ長門、この表紙の子、俺の好みなんだけど何て名前?」

長門「今考え事してるから黙ってて」

キョン「なあ名前ぐらい教えてくれよ。なあ、なあ」

長門「うるさいうるさいうるさい! 灼眼のシャナ、ただのツンデレ」

キョン「“ただの”なんて言うなよ・・・」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/10(木) 01:48:40.34 ID:HtvNvFkK0

みくる「あの〜そろそろ言い訳を・・・」

長門「今思いついた。 今、私たちはドッキリの仕掛け中。
   仕掛け終わってないのに涼宮ハルヒが来た」

みくる「なるほどぉ〜 私はてっきり長門さんとキョンくんが部室でセック・・・
    ふひゃあ>< な、ナニ言わせるんですかぁ? え、ナニ・・・?」

長門「ひとりで盛り上がらないで」

朝倉「というか、朝比奈さんに見られた時点で長門さん的にはアウトなんじゃ・・・」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/10(木) 01:53:54.79 ID:HtvNvFkK0

ハルヒ「もういいわ、このドア突き破るわよ。 いい?古泉くん。
    1,2,3、ダー! でドアに体当たりよ」

古泉「1,2,3、マッガーレの方が良くないですか」

ハルヒ「良くないわよ! あんたイノキをバカにしてんの?」

古泉「いやそういう訳では・・・ではちょっと譲歩します
   1,2、サーン! ダー! にしましょう」

ハルヒ「世界のナベアツ風にって事? 活字じゃ分かりにくいわ! ってかそれ譲歩!?」

古泉「ではmp3でどうぞ」
http://www.uploda1360867.mp3

ハルヒ「適当なURL貼らないで!」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/10(木) 01:57:49.42 ID:HtvNvFkK0

仕方がない、今日は諦めるか・・・朝比奈みくるも、もうもたないだろう

キョン「おい長門、伸びないとか言われてるぞ」

長門「タイトルに“長門”って入ってるのに伸びない・・・」

朝倉「うわぁ何この子」

みくる「ナニ?」

キョン「黙っててください」

長門「タイトルの誤字がまずかった。 でもROM専は結構いる。大丈夫
    朝比奈みくる、もうドアを押さえなくてもいい」」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/10(木) 02:02:57.13 ID:HtvNvFkK0

長門「スレを伸びるために、今までの流れをおさらいする。 途中参加も大丈夫」

キョン「流石だな兄者」

長門「今までのあらすじ。普通の高校生だった祐次は、“徒”を倒す事を生きがいとするフレイムヘイズ“灼眼のシャナ”と出会い・・・」

キョン「それはお前が読んでた本だろ」

長門「・・・うかつ」

朝倉「それにシャナは徒を倒す事を生きがいとしてるわけじゃないわ!」

長門「そこを広げないで」

みくる「“そこを広げないで”・・・! 卑猥ですぅ><」

34 名前:今までのあらすじ[] 投稿日:2008/04/10(木) 02:09:34.91 ID:HtvNvFkK0

長門「今までのあらすじ。

長門有希はキョンを手にするために、情報操作で部室で彼とふたりっきりになり、ラヴラヴモードに」

キョン「お前ラヴ禁止」

長門「うるさい。 しかし朝倉・涼宮・古泉・朝比奈と邪魔が入る」

キョン「ラヴの元ネタはみなみけ」

長門「めんどくさくなったので『部室でふたりっきり』は諦める。そして・・・」

「1、2、サーン! 4、5、ロークゥー! マッガーレ!」

長門「涼宮ハルヒが部室に入ってきた」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/10(木) 02:14:42.59 ID:HtvNvFkK0

ハルヒ「有希ぃー? アンタこのドアに何かしかでしょ? 情報操作もほどほどにしなさいよ!」

長門「私はやってない。やったのは朝比奈みくる」

みくる「あ、ヤってないんですか・・・って私もヤってないですよぉ! SJ(処女)です!」

キョン「そんな略語聞いた事ありませんよ」

ハルヒ「あんたがSJなワケないでしょ!」

古泉「そうですよ、その胸でSJとか嘘でしょう?」

キョン「なんかみんな使い出した」

みくる「嘘ついてごめんなさい」

キョン「SJじゃないんですか」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/10(木) 02:19:17.24 ID:HtvNvFkK0

ハルヒ「って有希! なにキョンに抱きついてるのよアンタ! 駅を言いなさい駅を!」

古泉「漢字間違ってますよ。駅じゃなくて訳ですね」

みくる「え、液・・・」

長門「彼の目にゴミが入ってたから指で取っていた」

みくる「そんな敏感な所を指で触っちゃダメです><」

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/10(木) 02:23:50.49 ID:HtvNvFkK0

朝倉「>>34に『今までのあらすじ』があるから、途中の人はそこを見てね」

ハルヒ「ふーん・・・まあいいけど。 じゃあみんな揃ってるから始めましょうか!
    ちゃんと持ってきた?」

古泉「持ってきました」

みくる「持ってきましたぁ」

キョン「持ってて良かったPSP」

ハルヒ「よし、じゃあさっそく狩るわよー!」

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/10(木) 02:28:32.24 ID:HtvNvFkK0

涼宮ハルヒ 前作プレイ時間・・・320時間

キョン 前作プレイ時間・・・0時間

古泉一樹 前作プレイ時間・・・190時間

長門有希 前作プレイ時間・・・710時間

朝比奈みくる 前作プレイ時間・・・「プレイ時間なんて教えられません><」


ハルヒ「昨日はコイツを倒せなくて全滅したのよね・・・有希、今日は倒せそう?」

長門「順部は万全。今日こそ彼をゲットする」


おわり

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/10(木) 02:33:16.65 ID:HtvNvFkK0

>>45
そんなに期待してくれてたんですね! 嬉しいです!


おまけの話


ハルヒ「古泉くんてさ、面白くないのよね。超能力者のくせに」

 古泉「おや、そうですか」

キョン「長門の能力や朝比奈さんの魅力に比べると、古泉はいまひとつなんだよな」

 古泉「あなたに言われたくないです」

みくる「何か特技でも身に付けないと人気も出番も減っていっちゃいますよ」

 古泉「あなたに言われたくないです」

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/10(木) 02:35:56.43 ID:HtvNvFkK0

 古泉「そもそもルックスも成績も人並以上だからいいじゃありませんか」

ハルヒ「だから、あなたはキャラが立ってないのよ古泉君! さりげなく自慢してくる所も鼻につくわ。
    何か新しいキャラを模索しなさい」

キョン「せっかくだから今の利点“頭がいい”をとっぱらってみたらどうだ?
    早い話がバカキャラだな。最近バラエティでも重宝されてるし」

ハルヒ「それは名案ね。ちょっとみくるちゃんと被るけど」

みくる「えっ」

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/10(木) 02:36:15.98 ID:HtvNvFkK0

 古泉「バカキャラ、ですか・・・一体なにをすれば」

長門「それくらい自分で考えて」

キョン「まあまあ長門、こいつはそれができないから今の状況にあるんだ」

古泉「・・・」

ハルヒ「じゃあ、みんなで具体的に古泉くんの新キャラを考えていきましょう!」

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/10(木) 02:37:46.04 ID:HtvNvFkK0

数時間後

ハルヒ「さあ古泉君、このオハジキ全部で何個ある? 数えてみて」

古泉「1個、2個、サンコ! 4個、5個、ロッコォー!」

キョン「うん、このキャラはいけるな」


おわり><

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/10(木) 02:54:42.45 ID:HtvNvFkK0

キョン「おい長門、勝手に期待しといて『期待裏切られた』とか言ってるぞ」

長門「それなら続きを書くまで。 ただ体力がもつか心配。
   年をとると無理できなくなる」

みくる「ですよねぇ分かります。2戦目からがきつくて」

古泉「でもまたgg(グダグダ)になりますよ」

長門「今までと変わらない。誰も見てなくてもGB(頑張る)
    それに少しネタも思いついた」

キョン「朝比奈さんが人気だからいっぱい出てもらおう」

みくる「私・・・こんなトコをそんな大勢の人に見られるなんて・・・」

ハルヒ「大して見てないわよ」

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/10(木) 02:59:52.92 ID:HtvNvFkK0

ハルヒ「さ、たくさん狩ったしもう帰りましょうか」

みくる「今日のプレイはハードでしたぁ」

朝倉「>>52
   >>1から>>44までは新しいから読んでみてください」

さっきはとんだ邪魔が入ったが、なんとしても彼は私がもらう。
多少強引でも行動に出る。

長門「あの・・・」

キョン「え? 俺?」

長門「さっきの話の続きがしたい・・・私の家に来て」

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/10(木) 03:02:54.04 ID:HtvNvFkK0

ハルヒ「何よさっきの話って? 何の話?」

みくる「ナニの話はしてませんでしたよ」

古泉「任務の話、つまり涼宮ハルヒ関連の話ですか?」

長門「違う」

古泉「では我々は関係ないですね。帰りましょう」

みくる「もう3時です・・・早いですね」

56 名前:ここから読んでも大丈夫です[] 投稿日:2008/04/10(木) 03:08:53.18 ID:HtvNvFkK0

朝倉「今までの話はほとんど関係ないので、ここから読んでも大丈夫です。
   じゃんじゃん途中参加してください」


キョン「さっきの続きとやらを聞くために長門の家に向かってるわけだが、さっきの続きってナニだ?」

長門「涼宮ハルヒが部屋に入ってくる前にしていた話・・・」

長門(あなたの事好きだって伝えて、絶対ラヴラヴになってやる)

キョン(さっきの話ってシャナの話か。続き読ませてくれるのかな)

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/10(木) 03:14:06.13 ID:HtvNvFkK0

キョン「長門の家は久しぶりだな。じゃ、続きをしよう」

みくる「キターーーー!!!! 2戦目ですよ2戦目!!」

ハルヒ「みくるちゃんはしゃぎすぎ。それにしても盗聴・盗撮なんて凄いわね古泉くん」

古泉「これも任務ですよ。ちなみにSOS団のメンバーは全員の部屋を盗撮してますよ」

ハルヒ「へーすごいわね」

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/10(木) 03:18:18.11 ID:HtvNvFkK0

長門「あの、その、つまり私はあなたの事が・・・」

キョン「続きってさ、長門は本持ってるの?」

長門「本?・・・もってない」

みくる「ハウツー本ね!! キョンくんはまだお手本がないと不安な年頃なのね!」
    そんなのいいから押し倒しちゃえ!

ハルヒ「みくるちゃんってそんなに下ネタ好きだったのね・・・」

みくる「セックスが嫌いな女子なんていません!!!!」

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/10(木) 03:24:28.82 ID:HtvNvFkK0

長門「>>58 >>56から読んでもらって構わない」

キョン「本はないのか。 じゃあアニメのDVDとか? あ、一応聞きたいんだけど
    あのヒロインの子は脱ぐのか? 何色なんだ?」

長門「・・・? 何を言っているか分からない。私は話をしたい」

キョン「おお、口で説明してくれるのか」


ハルヒ「盗聴の具合が悪くてうまく聞こえないわ」

みくる「長門さんが『ナニ、イって、私はしたい』と言いました。
    それに対しキョンくんは『おお、口でしてくれるのか』と」

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/10(木) 03:29:14.69 ID:HtvNvFkK0

古泉「いいんですかハルヒさん。このままだとあの二人、性交しそうですよ」

みくる「セックスしそうですよ」

古泉「受精しそうですよ」

みくる「契り結びそうですよ」

ハルヒ「黙れお前ら! ・・・私は、キョンにはまだその勇気はないと思うわ」

みくる「そうですよね、誰だってDT(童貞)の相手はしたくないですよね」

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/10(木) 03:33:56.30 ID:HtvNvFkK0

長門「確かに障害は多いかもしれない・・・
   一方は普通の男子高校生・・・一方は宇宙人が作ったインターフェース・・・」

キョン「へえ、宇宙人が作ったインターフェースなのか
    初音ミク、もとい初耳だよ」(←キョンはシャナの話だと思っています><)

長門「前に話したはず」

キョン「聞いてないよ。まあいいんだけどさ、そのインターフェースは結構ガード固いの?
    パンチラとかしないの? 何色なの?」

長門「今日は・・・白・・・(///)」

63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/10(木) 03:39:04.12 ID:HtvNvFkK0

ハルヒ「ああもう、聞き取れないわ!」

古泉「『パンツ何色?』『白』って言ってましたね」

みくる「>>56から読んで欲しいですぅ」


キョン「俺はさ、実は3次元の普通の女の子とかもう興味ないんだ。二次元じゃないと抜けない」

長門(異次元・・・? 宇宙の事?)

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/10(木) 03:44:34.10 ID:HtvNvFkK0

キョン「あー我慢できなくなってきた! 長門、何かラノベとか持ってない? 絵がかわいいの」

長門「ラノベ・・・? 何故? 何するつもり」

キョン「何ってそりゃ射精だよ。絵とか見てイメージしないと出ないからな」

長門「写生・・・そんな趣味が」

キョン「男ならみんなしてるって。女には無理だろうけどな」

長門「そんな事ない。のいじは女性」

キョン「のいじって凄いんだな・・・」

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/10(木) 03:48:24.92 ID:HtvNvFkK0

長門「筆と紙が必要?」

キョン「筆と紙・・・ずいぶんと婉曲な表現だな。 両方持ってるよ」

長門「・・・ポケットティッシュでは不安」

キョン「そんなに量多くないから」

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2008/04/10(木) 03:52:34.70 ID:HtvNvFkK0

長門(ここは勇気を出して行くべき・・・途中からなら>>56から見るべき・・・)

キョン「♪〜」

長門「あ、あのっ・・・」

キョン「? 何だ?」

長門「良かったら、ラノベじゃなくて私で写生してほしい」

キョン「・・・え? つまり長門でやっちゃっていいって事か?」

長門「かけるなら、やって」

68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/10(木) 03:55:48.68 ID:HtvNvFkK0

キョン「でも俺、3次元じゃ・・・」

長門「私は宇宙から来た。ほとんど3次元じゃない」

キョン「そりゃのいじに書かれてるしなあ・・・」


みくる「ああもう何じらしてるんですか! 私が先にいっちゃいそうですぅ!」

ハルヒ「見てただけで!?」

古泉「そろそろ決着してくれないと眠いですね・・・」

69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/10(木) 03:59:41.21 ID:HtvNvFkK0

キョン「分かった。 じゃあ服を脱いでくれ」

長門「服を!? ヌード?」

キョン「そりゃ脱ぐだろう。もっと地球の勉強をしたほうがいいぞ。見た事ないのか」

長門「そのような絵なら、見た事ある」

キョン「そうか。 それなら分かると思うが、二人ともハダカでやる物なんだぞ」

長門「二人とも!?」

キョン「ああ。絵で見たんじゃなかったのか?」

長門「絵じゃ分からない!」

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/10(木) 04:02:43.60 ID:HtvNvFkK0

古泉「長門さん脱ぎ始めましたよ」

ハルヒ「ウソ・・・本当にやっちゃうんだ・・・古泉くんは見ちゃダメ!」

古泉「ええ、僕女性の裸を見ると吐いちゃうんですよ」

みくる「こんな風に?」ポロリ

古泉「そうですオエエエェェェェ」

72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/10(木) 04:06:51.16 ID:HtvNvFkK0

長門「うう・・・恥ずかしい」

キョン「ちょっと待ってな、俺も脱ぐから」

長門「あの・・・もし(絵が)できたらどうするの?」

キョン「ああできちゃったらか・・・まあ大丈夫だと思うけど。
    できても大丈夫だ。俺が責任もつから」

長門「そう・・・」

キョン「みんなに自信持って紹介できるような立派なのにするから」

長門「み、見せちゃ駄目(///)」

76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/10(木) 04:13:06.72 ID:HtvNvFkK0

朝倉「>>71明らかに変な方向に話が進んでる。ごめんなさい」


キョン「さて始めようか」

長門「あの・・・筆・・・?」

キョン「え、始めて見た?」

長門「比喩的な意味ではなく、美術で使った筆が必要」

キョン「お、おうそうか。コアだな長門・・・。 たまたま美術があったから持ってるぞ」ゴソゴソ

77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/10(木) 04:17:24.51 ID:HtvNvFkK0

キョン「ビジュツノフデー!」

ハルヒ「大山のぶ代みたいに言ってんじゃないわよバカキョン!!」

キョン「ではこの筆で・・・」コチョコチョ

長門「ひあっ!? な、何を・・・んんっ!」

キョン「長門もこんな声出すんだな」

長門「そうではなく、何故こんな所にこんな事を・・・」

キョン「んー、まあ本番前のお遊びってトコかな」

長門「芸術は・・・奥が深い・・・」

79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/10(木) 04:21:43.96 ID:HtvNvFkK0

みくる「もう我慢の限界です! ハルヒさん、あなたも同じクラスだから筆持ってますよね?」

ハルヒ「え? ええ、持ってるけど・・・これで何を?」

みくる「ええ、ナニを」コチョコチョ

ハルヒ「ちょ、ちょっとみくるちゃん、こんな所で自慰はさすがに・・・」

古泉「オエエエエェェェェェェェ」

ハルヒ「もうやめてみくるちゃん! 古泉くんの胃の残量はとっくにゼロよ!」

82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/10(木) 04:24:53.08 ID:HtvNvFkK0

みくる「本編で出番が少ない私は、こういう所で頑張るしかないんです! ハァハァ」

ハルヒ「かわいそうなみくるちゃん・・・」


長門「うう・・・」コチョコチョ

キョン「どうだ長門、気持ち良いか?」

長門「言いたくない・・・早く・・・本番を・・・」

キョン「気持ちいいんじゃねーかwwwwwっと、俺らしくない発言だな」

84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/10(木) 04:31:47.72 ID:HtvNvFkK0

キョン「じゃ、いただきまーす」ダキッ

長門「ちょっ・・・! だ、駄目、駄目なの!」

キョン「へ? 駄目なの?」

長門「そんなこと考えてたなんて信じられない。もう中止! 早く筆を収めて」

キョン「収めて・・・いいのかな?」ズブ

長門「駄目なの!」

85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/10(木) 04:36:06.12 ID:HtvNvFkK0

長門「あなたがこんな事するなんて信じられない。
   それに、前もって言ってくれれば準備もしてきたのに・・・」

キョン「言い出したのはお前じゃないか」

長門「うるさいうるさいうるさい! もういい。帰る!」

キョン「お前ん家なんだが・・・」

長門「・・・(///)」

キョン「分かったよ、出てくよ。 すまなかったな長門」

長門「プイ」

89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/10(木) 04:39:16.43 ID:HtvNvFkK0

ハルヒ「これで全部終わったわね」

みくる「あんあん」

ハルヒ「終わってない人が一人・・・」

古泉「オエエエェェェェェ」

ハルヒ「二人ね・・・」

古泉「でも良かったですね。結局あの二人性交しなくオエエエエエ」

ハルヒ「無理せず吐いてろ!
    でも待てよ? この状況、もしかしたら使えるかも・・・」

90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/10(木) 04:44:26.75 ID:HtvNvFkK0

長門「全く信じられない・・・男は狼・・・気をつけないと。
   クールな顔していても心の中は狼が牙をむく・・・そういうもの・・・なんというアリスSOS団」

プルルルル

長門「? 携帯・・・」

ガチャ

ハルヒ「有希、ちょっと話があるんだけど」

長門「盗聴の事を謝るつもり?」

ハルヒ「あ、知ってたのね・・・いやそうじゃないんだけど」

92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/10(木) 04:48:33.47 ID:HtvNvFkK0

ハルヒ「キョンがどんな男か分かったでしょ? それでもキョンが好き?」

長門「・・・大好き。 SOS団とか作っちゃう痛い人よりは彼の事を想っている」

ハルヒ「なっ・・・! 私だって、とってもとってもキョンが好きなんだからねっ!」

長門「オナニーしながら言われても説得力がない」

ハルヒ「こ、この声はみくるちゃんよ!」

長門「オナニーしている朝比奈みくると一緒? どんな神経してるの」

ハルヒ「みくるちゃんに言いなさいよ! それよりさ、私良い事考えちゃった」

長門「・・・?」

94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/10(木) 04:52:54.44 ID:HtvNvFkK0

ハルヒ「キョンの性欲の強さは分かった。明日の放課後は私がキョンを誘うの。
    あのキョンの事だから一発でOKするでしょうね」

長門「・・・」

ハルヒ「で、それからキョンと正式に付き合うわ。一回セックスしといて断るなんてできないでしょ?
    それに、つるぺたのあなたにキョンを取られるとは思えないし」

長門「・・・つるぺたはステータス」

ハルヒ「負け犬の遠吠えにしか聞こえないわ。じゃ、また明日学校でね!」プツン

長門「・・・」

96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/10(木) 04:58:25.58 ID:HtvNvFkK0

次の日、放課後

コチョコチョ・・・

あの後、一生懸命考えた。いかにして彼を手に入れるか。
その結果、涼宮ハルヒより先に体でせまるしかないと思い至った。
涼宮ハルヒより先・・・これが結構難しい。
そこで私は、放課後の部室を選んだ。
情報操作でみんなの到着を遅らせ、私は彼を待つ。
すぐに事が終わるように、前戯は一人ですませておく。・・・彼の筆で。


・・・もう十分だろう。

長門「恥部は万全。今日こそ彼をゲットする」


おわり


本当は下ネタとかするつもりありませんでした。すいませんでした。
特にみくる好きに人すいませんでした。僕は長門が好きです



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「今日も接待か...」