ハルヒ「キョン! ……頭撫でなさいよ……」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「佐々木ぃ!佐々木ぃっ!!」九曜「あっ__あっ__」

ツイート

509 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/09(水) 21:19:20.51 ID:8NCDRQoBO

「…好きだ、ハルヒ。」

自室にこだまする虚しい独白。
「どうやらハルヒの事を好きらしい」と自覚した瞬間から、毎日続く告白の演習。
明日言おう、明日こそ言おうと悩み続けて早2ヶ月。

「度胸ねーんだなぁ俺……。」

時々、向こうから言ってくれないだろうか、などと期待してしまう自分がひどく情けない。

――

「…キョンの事、好きなの。」

壁に吸い込まれていくあたしの声。
無理だわ…キャラじゃない。

「私はこの人の事が好きなんだなぁ。」と、どこか他人事の用に感じたあの日。
放課後毎、週末毎に膨らんでいくこの感情。
本気で人を好きになる事を恋というのなら、これが初恋。

可愛い娘ばっかり集めたのは失敗だった。
有希もみくるちゃんも大好きだけど、少しだけ…ほんの少しだけ後悔してる。

――

511 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/09(水) 21:25:36.68 ID:8NCDRQoBO

>>509
彼氏いたりは…しないよな。
放課後、週末とも団活に参加してんだから他とデートする暇なんざないだろう。

だが好きな奴くらいは…いるのか…?

古泉とゲームをしながらチラリとハルヒを伺う。
目を逸らされた…なんかしたか俺?

――

普段の態度から考えてキョン脳内ランキングは
『みくるちゃん≧有希>あたし』
ってとこだろう。

お茶を上手に入れてくれる娘がいいの?家庭的っていうか。
……胸、とか…?
それならあたしだって少しは自信ある。
それとも物静かな娘がいいのかな。
こっちはあたしとは程遠い…涙が出る程に。

どうなのよ。
その問いを視線に込めた。
ら、こっち向いた。
びっくりして目を逸らしてしまう。
…急に見るな、バカ。

――

512 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/09(水) 21:30:13.74 ID:8NCDRQoBO

言おう。明日必ず言おう。
あいつは性格を考慮にいれても相当モテる。
どこぞの野郎にハルヒを持ってかれるのは……嫌だ。

――

明日はうるさくしないで、少し落ち着いて静かにしていよう。
家庭的にお弁当でも作っていってみよう。
そうすればキョンだってきっと。
…多分。……どうだろ…。

――

516 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/09(水) 21:38:30.34 ID:8NCDRQoBO

>>512

「キョン」「ハルヒ」
『ちょっと部室に来て「くれ」』

『…は?』

「…何よ、なんかアンタも用あるの?」
「…あぁ、お前もか。ちょうど良かった、行こうぜ。」

――

「…で、用って何?」
「…後生だ、先にお前の用事から済ませてくれ。」

「はぁ?何なのよそ……っ」
…忘れてた。落ち着いて。うるさくしない。

「…ん。」
「…弁当、か?俺に?」

「…結構、おいしいと思う…。」

520 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/09(水) 21:48:34.42 ID:8NCDRQoBO

――瞬間、抱きしめていた。

リハーサルしてた台詞や、返事への不安とかは全て吹き飛んだ。
照れながら弁当とか…汚ぇぞやり方が。

「――っ!?キ、キョン?なな、何を……」

「…俺、思ってた以上にお前の事好きみたいだ。」

「……へ…?…あたし…?みくるちゃんじゃなくて…?有希じゃなくてあたし…?」

「…お前抱きしめながらなんで朝比奈さんと長門に告白すんだよ。」

「…だってアンタ………え……?」

「…とにかく、好きだから…ハルヒが。」

「…ほん……とに…?」

「返事はまだいい!!」
「………は?」

523 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/09(水) 22:01:11.95 ID:8NCDRQoBO

「…今ので度胸メーターが底をついた。
返事は俺の精神が安定期に入ってからにしてくれ。…身がもたん。」

「…ぷっ……あはははっ!!何よそれ!!」
「…笑ってんじゃねぇよ…どれだけいろんなもん振り絞ったと思って…」

「私も好きよ。キョンの事。」
「そうだろ?
……………あ?」

「アンタの事、好き。」
「……マジでか。」
「えらくマジよ。」
「そいつぁー…良かった…。」

「でもあれよ。恋愛は惚れた方が負けなの。つまり先に告白したアンタの負けよ。いいわね?」

「…へいへい。…弁当食おうぜ、腹減ったよ。昨今の恋人らしく口移しで頼む。」
「はっ!?…ささ最近は…そー……なの…?」
「いや冗談。」

「バ、バカキョンーっ!!!」

おわり



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:みくる「長門さんはパイパンなんですね」