ハルヒ「キョン! ……頭撫でなさいよ……」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:佐々木「あぁ、キョン。君の声が聞きたいよ。」

ツイート

124 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/08(火) 12:27:44.05 ID:9O8cmmQnO

ハルヒ「カチカチカチカチ」
キョン「……」
ハルヒ「ピッピッピッピ」
キョン「……」
ハルヒ「ピピッピッピ」
キョン「携帯変えたのか」
ハルヒ「さ、さすがキョン、目ざといわね!」
キョン「って、俺のと色違いか。もう新機種出てたろうに」
ハルヒ「き、奇遇ね! 新しいのはややこしくて、どうも好きになれなかったのよ」
キョン「そうかい」
ハルヒ「……これ、赤外線機能がついてるのよね」
キョン「……」
ハルヒ「今まで使っていたのにはなかったから新鮮だわ……」
キョン「……」
ハルヒ「一度試してみたいんだけど、あいにくみくるちゃんも有希もちょうどいないのよね……」
キョン「……」
ハルヒ「……」
キョン「ハルヒ、俺でよかったr」
ハルヒ「こ、この際、仕方ないわね! 私の携帯のメモリ第一号よ、光栄に思いなさい!」
キョン「へいへい」

ピッピッ……

ハルヒ「……なによ、案外あっけないものね。ラクでいいけど」
キョン「ま、そんなもんだ」
ハルヒ「……」

ハルヒ(メモリ000「♥キョン♥」……っと……///)

131 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/08(火) 13:18:14.84 ID:9O8cmmQnO

キョン「花見の席取り兼下見?」
ハルヒ「そうよ! こんなに綺麗に咲いてるんだもの、日本人ならお花見と洒落込むべきだわ!」
キョン「まったく……わかった、明日にでも行ってくる」
ハルヒ「そ、それでね……キョンだけじゃ不安だから、わ、私もついていってあげる」
キョン「子供じゃあるまいし、大丈夫だ」
ハルヒ「団長命令よ!」
キョン「使い方おかしいだろそれ……というか最近お前そればかりだな」
ハルヒ「細かいことは気にしない! 明日の11時に駅前ね!」
キョン「わかったわかった」

翌日

ハルヒ「遅いじゃないバカキョン!」
キョン「よう、早いな。……なんだその必要以上に気合いの入った格好は」
ハルヒ「た、ただの私服! い、いつも通りよ!」
キョン「……その荷物は?」
ハルヒ「お花見なんだからお弁当を用意するのは当然でしょ!」
キョン「今日は下見のはずじゃなかったか?」
ハルヒ「さ、行くわよ!」

132 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/08(火) 13:19:56.12 ID:9O8cmmQnO

キョン「このへんでいいんじゃないか」
ハルヒ「そうね、いい位置を確保できてよかったわ」
キョン「よし、じゃあシートを広げて……重石を乗せて……と」
ハルヒ「キョンおなかすかない?」
キョン「ん? いや、そうでもな
ハルヒ「私はすいたわ! お昼にしましょう!」
キョン「……」

ハルヒ「はいっ、と言っても冷蔵庫にあった余りもの料理だけど」
キョン「……またえらく豪勢だなこれは」
ハルヒ「べ、別にこれくらい普通よ! 普段ろくなもの食べてないのね!」
キョン「ほっとけ」

ハルヒ「……」
キョン「……」
ハルヒ「……」
キョン「……うまい」
ハルヒ「反応が遅いのよこの貧乏舌!」
キョン「……」

133 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/08(火) 13:20:36.03 ID:9O8cmmQnO

ハルヒ「あ〜おなかいっぱいー……」
キョン「満腹にこの陽気はいい具合に眠気を誘うな……」
ハルヒ「ふぁ〜……」
キョン「……」
ハルヒ「……」
キョン「……」
ハルヒ「……」
キョン「たまにはこういうのも悪くないな」
ハルヒ「……提案した私に感謝するべきね」
キョン「へいへい」
ハルヒ「……来年も……」
キョン「ん?」
ハルヒ「……」
キョン「……」
ハルヒ「……」
キョン「そうだな」
ハルヒ「団長めいれ……約束……なんだから、ね」
キョン「はいよ」
ハルヒ「ふふ……」
キョン「……」
ハルヒ「zzZ...」
キョン「……」

だめだオチがない



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:コナン「俺の飯は?」灰原「そこにモンスターボールがあるでしょ」