「うわー!かがみだ、かがみが出たぞー!!」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:朝比奈みくるの決断

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/03(木) 08:16:14.66 ID:yY5hSLBTO

「ヒィ、逃げろぉー!」
「お助けぇぇぇぇ!!」
「早く、早くこっちへ!!」
「町から出るんだ!」
「うわぁぁぁぁぁぁ!!」


かがみ「な、何なのよ…」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/03(木) 08:18:49.24 ID:yY5hSLBTO

かがみ「ねぇ、ちょっと…」
「おたすけぇぇぇぇ!!」

かがみ「あの…」
「い、命ばかりはぁぁ!!!」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/03(木) 08:20:20.32 ID:yY5hSLBTO

かがみ「もう…わけわかんない…。帰ろっと…」


かがみ「変ね、駅に誰もいない…」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/03(木) 08:24:13.97 ID:yY5hSLBTO

かがみ「電車、遅いわね…。37分発ってなってるのに…もう45分よ。アナウンスもないし…」


かがみ「……お母さんに電話して迎えにきてもらおっと」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/03(木) 08:27:32.44 ID:yY5hSLBTO

かがみ「あれ?圏外だ。おっかしいなー…」

かがみ「公衆電話でいいか。あ、100円玉しかない…もったいないけどしょうがないわね」

チャリン
ピポパポピポパポ


ツー ツー ツー …

かがみ「通じない…」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/03(木) 08:30:46.86 ID:yY5hSLBTO

かがみ「…お父さんの携帯なら繋がるかな……」

ツー ツー ツー …


かがみ「ぐ、偶然よね…。いのり姉さんにかけてみよ…」


ツー ツー ツー …

かがみ「まつり姉さんなら…」


ツー ツー ツー …


かがみ「つ、つかさは…さっきまで一緒に学校にいたんだし…」


ツー ツー ツー …

かがみ「イヤァァァァァァァ!!!」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/03(木) 08:33:08.80 ID:yY5hSLBTO

かがみ「こなた!みゆき!日下部!峰岸!」
ツーツーツー…

かがみ「なんで繋がらないのよぉっ!?」


かがみ「そうだ、学校へ戻ろう…!誰か、誰かいるはず!」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/03(木) 08:36:29.08 ID:yY5hSLBTO

かがみ「バス…もこないのかな。歩いて行くしかないか…」
トボトボ
かがみ「さっきのは何だったんだろう…。なんでみんな私の名前を知ってたの?何で…逃げたの…?」


かがみ「あ、コンビニだ…お腹空いたな…」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/03(木) 08:38:35.42 ID:yY5hSLBTO

ガーッ
かがみ「……」

かがみ「おにぎり…シーチキンは売り切れか。鮭と明太子でいいや。あとチョコを…」

かがみ「…すいませーん。ごめんくださーい」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/03(木) 08:41:30.38 ID:yY5hSLBTO

かがみ「………すいませーん!!」

かがみ「…はぁ。えっと…105円と135円と…。あの〜、345円、ここに置いていきますね〜!」

ガーッ
かがみ「うぅっ…」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/03(木) 08:43:58.98 ID:yY5hSLBTO

かがみ「もう5時半だ…早く学校に行かないと…」


かがみ「おにぎり…おいしい…」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/03(木) 08:46:59.60 ID:yY5hSLBTO

かがみ「もうすぐ学校ね…」

かがみ「ん…?校庭に…人影?」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/03(木) 08:48:49.90 ID:yY5hSLBTO

かがみ「誰かいるの!?おーい!!」


「うわぁぁぁぁ出たぁぁぁぁぁぁぁ!」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/03(木) 08:51:10.08 ID:yY5hSLBTO

「誰だよぉ!学校はもう安全だなんて言ったやつは!」
「そんなこと言ってる場合か!逃げろぉぉぉ!」
ワーッ!
キャーッ!

かがみ「ちょっと!」
ダダダ…

「ギエェェェェッ!!」
「来んなァァァァァ!」

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/03(木) 08:53:31.14 ID:yY5hSLBTO

かがみ「もぅ…職員室に行けば誰かいるかな…」

かがみ「あ、れ…?鍵が掛かってる」

かがみ「こっちも…。てゆうか、学校、まっくら…」

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/03(木) 08:56:37.46 ID:yY5hSLBTO

かがみ「もう…嫌…」
すんすん


かがみ「ん…トイレ……」

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/03(木) 08:59:22.46 ID:yY5hSLBTO

かがみ「外のトイレしかないか…汚いけどしょうがないわね…」
トボトボ


バタッ

かがみ「!?」

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/03(木) 09:02:43.23 ID:yY5hSLBTO

かがみ「ゆたかちゃん!?」

ゆたか「あ、あぁ…」

かがみ「良かった…やっと知ってる人に」

ゆたか「キャアアアアアア!」

かがみ「なッ!?」
ゆたか「いやっ!あっちいけー、あっちいけーっ!!」
かがみ「なんなのよっ!?」

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/03(木) 09:07:02.30 ID:yY5hSLBTO

みなみ「ゆたか!」
かがみ「あっ、みなみちゃん、ねぇ…」

ドカッ
かがみ「ぅぐえっ!」
みなみ「ゆたか、行くよ…!」
ゆたか「みなみちゃん…ごめんね、逃げ遅れちゃって…」
みなみ「もう…大丈夫…」
ダダダダダッ


かがみ「げほっげほっ…あいたたた……何なのよ、本当に…」

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/03(木) 09:09:48.12 ID:yY5hSLBTO

かがみ「みなみちゃん達…もういない…」

かがみ「私が何かしたっていうの…?学校を出た時はみんな普通だったのに…」


かがみ「…家に…帰ろう…」

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/03(木) 09:14:46.67 ID:yY5hSLBTO

かがみ「でも電車はどうせ止まってるのよね…」
かがみ「そうだ…」
トボトボ


かがみ「あ…これ鍵掛かってない。ごめんなさい、ちょっと借りるわね」
かがみ「サドルが低いわね…しょうがないか…」

68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/03(木) 09:16:52.74 ID:yY5hSLBTO

かがみ「道に迷わなければ1時間もかからないわよね…」

キコキコ…
かがみ「暗くなってきちゃった…急がなきゃ」

72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/03(木) 09:20:55.00 ID:yY5hSLBTO

かがみ「車一台通らないってどうゆうことよ…。私のせいだって言うの?」
キコキコ


かがみ「ハァ…ハァ……疲れた…」
かがみ「嘘…まだ動物公園の駅なの?こんなに遠かったっけ…」

76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/03(木) 09:22:38.15 ID:yY5hSLBTO

かがみ「そういえば、こなたの家はこの近くよね…」

かがみ「もしかしたら…」
かがみ「いや、でもさっきのゆたかちゃんみたいに…」


かがみ「……行ってみよう…」

82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/03(木) 09:25:48.39 ID:yY5hSLBTO

キコキコ
かがみ「もう夜なのに、どこの家も電気がついてない…。街灯はついてるから停電じゃないのよね…」
キコキコ

かがみ「もうすぐこなたの家だ…なんか怖いな…」


キキッ
かがみ「……」

ピンポーン

84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/03(木) 09:27:26.66 ID:yY5hSLBTO

かがみ「……」
ピンポーン

ピンポーン


かがみ「……ッ!!」ピポピポピポピポピンポーン

89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/03(木) 09:30:19.14 ID:yY5hSLBTO

かがみ「ちょっと!こなた!!!出てきなさいよ!こなた!」

ドンドンドン

かがみ「こなた…こなたぁ……グスッ」

105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/03(木) 09:34:50.65 ID:yY5hSLBTO

ガチャッ

キコキコ

かがみ「…………」

キコキコ


かがみ「遠いな…」

108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/03(木) 09:36:31.50 ID:yY5hSLBTO

かがみ「みんな…いるかな…」

かがみ「お父さん…お母さん…姉さん……つかさ…」

113 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/03(木) 09:37:50.62 ID:yY5hSLBTO

キーッ
かがみ「ついた…」


かがみ「あ…電気…ついてる…」

114 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/03(木) 09:38:46.26 ID:yY5hSLBTO

ガチャッ
かがみ「…ただいま!」


かがみ「……ただいまっ!」

133 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/03(木) 09:44:35.47 ID:yY5hSLBTO

かがみ「…誰かいないの?」

かがみ「お父さーん!お母さーん!」


かがみ「じ、神社の方に行ってるのよね、うん」

かがみ「つかさー、帰ったわよー。つかさー」

かがみ「お風呂かな…」
トタトタ

かがみ「いない…部屋で寝てるのかな…」

140 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/03(木) 09:47:34.91 ID:yY5hSLBTO

携帯厨なので遅くてごめんね


トントン
かがみ「つかさ、入るわよー?」
ガチャ
かがみ「つかさ……何よもう、電気つけっぱなしで…」
ガチャ


トントン
かがみ「まつり姉さん、いる?」

トントン
「いのり姉さん?」


かがみ「はぁ…」

142 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/03(木) 09:49:21.71 ID:yY5hSLBTO

かがみ「台所かな……見るの怖いけど」

トタトタ
かがみ「誰かいるー?」

かがみ「ははは…やっぱり…」


かがみ「あれ、何だろこれ…」

150 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/03(木) 09:51:52.99 ID:yY5hSLBTO

かがみ「この便箋、つかさの……何か書いてある…」


“おねえちゃんごめんね”

160 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/03(木) 09:54:26.74 ID:yY5hSLBTO

かがみ「は…はは…何これ…」


ポタッ…
かがみ「えぐっ…もう…わけわかんない…うわぁぁぁぁぁん!」

170 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/03(木) 09:56:06.42 ID:yY5hSLBTO

かがみ「うっ…ひっく…ぐすっ」


かがみ「……もう、寝よう…」

180 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/03(木) 09:59:16.17 ID:yY5hSLBTO

かがみ「……んんっ…」

かがみ「ん、朝か…」


ドタドタドタ
かがみ「…やっぱり…夢じゃないんだ…」

かがみ「お腹空いたぁ…何かあるかな…」
かがみ「ん?これは…」

189 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/03(木) 10:01:43.32 ID:yY5hSLBTO

かがみ「おにぎりだ…この海苔の貼り方は…つかさね」

かがみ「昨日はショックで気付かなかったけど…出ていく前に作っておいてくれたのかな…」

かがみ「おいしい…」

202 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/03(木) 10:05:19.48 ID:yY5hSLBTO

かがみ「そうだ、テレビ…」

パチッ

「――――おっはー!」
パチッ
「――――世界のわんちゃん特集ですよーぅ!」
パチッ
「――――昨日の終値は…」

かがみ「どこも普通ね…。何も起こってないみたい…」

212 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/03(木) 10:09:04.75 ID:yY5hSLBTO

かがみ「ネット…も変わらないわよね」
かがみ「それより、今日はどうするか考えなきゃ…。待ってればそのうちみんな帰ってくるかな…?」


かがみ「それはないか…つかさですらいなくなっちゃったんだし…」
かがみ「そうだ、何で私が避けられてるのか確かめなくちゃ…」

217 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/03(木) 10:11:56.41 ID:yY5hSLBTO

かがみ「よし――がんばろう!」


かがみ「とりあえず、着替えと食べ物を持って…」
かがみ「……あった…お母さんごめんね、へそくり借りていくわね」

かがみ「さて…行くか」

222 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/03(木) 10:14:03.28 ID:yY5hSLBTO

かがみ「とりあえず学校に戻って、昨日ゆたかちゃんたちがどこに行ったのか探してみよう」

かがみ「それでもダメなら…東京に出れば何とか…」


かがみ「じゃあ、行ってきます…!」

229 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/03(木) 10:16:52.43 ID:yY5hSLBTO

ガチャッ

かがみ「とぉりゃあああああああ!!」
キコキコキコキコキコキコ…


かがみ「はぁ…はぁ…学校についたわ…」

239 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/03(木) 10:21:39.56 ID:yY5hSLBTO

かがみ「誰もいないわね、まぁ分かってたけど。昨日のかがみ様とは違うのよ」
かがみ「さてと、昨日のトイレへ…」


かがみ「足跡…たぶんみなみちゃんのね。昨日もっとしっかり見とくんだったわ」

かがみ「ああもぅ…他の人の足跡がいっぱいで分からなくなっちゃったわ…しょうがない…」
かがみ「…校舎の中入ってみようかな…」

242 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/03(木) 10:24:54.34 ID:yY5hSLBTO

かがみ「神様仏様教育委員会様ごめんなさい!そーれっ!」
ガッシャ―――――ン!

カチャカチャ
ガラララ…
かがみ「みんなに逢えたら…ガラスは弁償しますから…!」
かがみ「さてと、職員室に行ってみるか」

250 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/03(木) 10:30:11.34 ID:yY5hSLBTO

ガラッ
かがみ「うわっ…何コレ…散らかりすぎじゃない?」
かがみ「まるで何かから逃げ回ったみたい…って私よね…」

かがみ「…?どの先生の机にも連絡網の紙が出しっぱなし…」
かがみ「この机…受話器外れたまま…」

かがみ「逃げるまで連絡網を回してたってこと?」

256 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/03(木) 10:34:47.31 ID:yY5hSLBTO

かがみ「ここからなら…電話繋がるかな」
かがみ「どうしよう…どこに掛けよう…」

かがみ「そうだ…」

カチャ
ピポパポピポパポ


プルルル…

かがみ「やった!回線は繋がってるわ!」

260 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/03(木) 10:37:52.85 ID:yY5hSLBTO

「は〜いもしもし、高良ですけど」


かがみ「…やったあ!!あのもしもし、私、柊かがみです!みゆきさんのお母さんですか!?」

ゆかり「あら、かがみちゃん?学校にいるの?」

かがみ「は、はい!あの…」

264 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/03(木) 10:39:42.56 ID:yY5hSLBTO

みゆき「お母さん!ダメ…」
ガシャッ!


かがみ「…え?」

272 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/03(木) 10:43:08.31 ID:yY5hSLBTO

ツーツー…

かがみ「今の…みゆきの声よね…?ダメって…」
かがみ「――っっ!!」

ピポパポピポパポ
ツーツー…

かがみ「話し中?」
ガチャッ…

かがみ「…………」


ガチャッ
ピポパポピポパポ

ツーツー…


かがみ「何…なの…」

282 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/03(木) 10:48:59.01 ID:yY5hSLBTO

かがみ「他の東京の人…みなみちゃんの家は…」

かがみ「みなみちゃんの担任の机はここね…。あ、あった…03-……」

ガチャッ
かがみ「? 何か音が変…」

かがみ「これって…確か停電してる時の非常用の音…」
かがみ「電気が停まったってこと!?」


かがみ「で、でも電話は掛かるはず…」

ピポパポピポパポ

シーン…


かがみ「??」

289 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/03(木) 10:51:56.49 ID:yY5hSLBTO

かがみ「電話まで停まったの……なんで急に…」

かがみ「まさか……みゆきが……?」

298 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/03(木) 10:55:05.75 ID:yY5hSLBTO

かがみ「……うっ…ぐすっ……みんな、ひどい…」


かがみ「もう…嫌だよ……」


かがみ「こなた…せめて最後に…こなたに逢いたいよ…」

303 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/03(木) 10:58:46.84 ID:yY5hSLBTO

こなた「みゆきさん……さっきの電話、かがみんからだよね?」
みゆき「……はい」
こなた「…どうしたの?」
みゆき「埼玉県に通報して…陵桜一帯のライフラインを停めてもらいました…」
こなた「………そっか」

313 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/03(木) 11:05:51.22 ID:yY5hSLBTO

こなた「ねぇみゆきさん」
みゆき「…何でしょう」
こなた「かがみん…どうなるのかな?」
みゆき「分かりません…しかし…助かる見込みは低いかと…」
こなた「はぁ…もぅわけわかんないよ…」
みゆき「仕方ありません…ですが希望は持ちましょう」
こなた「…かがみんを追い込むようなことしといて良く言うね…」
みゆき「え、いや、私は…」
こなた「…ごめん。あたしどうかしてる。…シャワー借りるね」
みゆき「はい…」

325 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/03(木) 11:11:41.12 ID:yY5hSLBTO

ゆたか「んん…」
みなみ「おはよう、ゆたか」
ゆたか「あ、おはよう、みなみちゃん…。ここは…」
みなみ「私の部屋。昨日、家に着いた途端にゆたかは寝ちゃったから…」
ゆたか「そうだったね…」

ゆたか「…きのうはありがとう。でも、柊先輩に酷いこと言っちゃった…」
みなみ「ゆたか…気にしては駄目…。仕方のないこと…」
ゆたか「うん…でも、本当は良く知らないんだ…柊先輩を避けなきゃいけない理由…」
みなみ「ゆたか…」
ゆたか「先輩が危険って…どういうことなの?」

348 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/03(木) 11:21:49.97 ID:yY5hSLBTO

みなみ「以前、柊先輩が熱を出して病院に行った時…だいぶ具合が悪そうだったので精密検査を受けたらしい…」
ゆたか「うん…」
みなみ「検査の結果は、異常なしと伝えられた。表向きには…」
ゆたか「おもてむき…?」
みなみ「そう、でも実は、柊先輩の血中から、健常人では有り得ない物質が大量に検出されていた…」

359 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/03(木) 11:25:40.05 ID:yY5hSLBTO

みなみ「その物質は何を意味するのか、これまでの医療では分からなかった。」
ゆたか「……」
みなみ「研究者たちは、当然のごとく知りたいと思った。それも、他の研究者には先を越されぬよう、極秘裏に」

367 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/03(木) 11:28:42.03 ID:yY5hSLBTO

シャーッ…

こなた「…まさか学校の健康診断に研究者が紛れ込んでいるなんて…」
こなた「何を信じればいいんだよ…」

373 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/03(木) 11:32:07.33 ID:yY5hSLBTO

みなみ「研究者は歯科医に扮して、柊先輩の口腔粘膜を採取することに成功した」
ゆたか「ね、ねんまく?」
みなみ「口腔粘膜はあるものを抽出するために非常に都合のいい組織…」

379 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/03(木) 11:36:00.32 ID:yY5hSLBTO

シャーッ…

こなた「染色体…それは遺伝子の本体であるDNAを含む…」

こなた「奴等は、かがみんのDNAを…」

388 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/03(木) 11:42:07.38 ID:yY5hSLBTO

みなみ「半年に及ぶ解析の結果、柊先輩の染色体に特殊な変異が見つかった」
ゆたか「へんい…?」
みなみ「そう…。そして、その変異部分は……癌の発現に関与する遺伝子だった…」
ゆたか「がん?がんって遺伝が関係あるの?」

395 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/03(木) 11:47:29.13 ID:yY5hSLBTO

みなみ「人間は癌の元になる遺伝子と、それを抑制する遺伝子を持っている。外的なストレスが蓄積してそれらのバランスが崩れると癌が発症するの…」
ゆたか「よく分からないけど…柊先輩はその遺伝子がおかしいの?」

みなみ「柊先輩の変異は相当特殊な物らしい…。まず、癌を抑制する遺伝子の働きが弱い…つまり、癌を発症する可能性が普通の人より高いということ」

みなみ「そして…」

403 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/03(木) 11:51:46.77 ID:yY5hSLBTO

シャーッ

こなた「かがみんの変異遺伝子は…感染性を持つ…」

442 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/03(木) 12:23:02.33 ID:yY5hSLBTO

ゆたか「感染って…菌とかウイルスじゃないのに?」
みなみ「牛海綿状脳症…通称狂牛病の病原体はプリオンと呼ばれている。その実体は、感染性を持ったタンパク質であり、生物ともウイルスとも異なる物」

458 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/03(木) 12:36:10.83 ID:yY5hSLBTO

みなみ「そのプリオンは、誰でも持っているありふれた物質…。それが何らかの原因で変異型となることにより、感染能と病原性を持つ…」

みなみ「最も、これは仮説の一つに過ぎない。多くの学者に支持されているというだけ」ゆたか「えっと、つまり、ウイルスとかじゃなくても人にうつるかもしれないってこと?」

みなみ「そう…。まだ未知の部分は多いけど、先輩の遺伝子はプリオンと同様に感染する可能性が非常に高いらしい」

ゆたか「らしいだけなの?それなのに、みんなあんな風に怖がって…私もだけど…」
みなみ「そこはまだ分からない…どのように感染するのかも…。けど、みんなが逃げ出したそもそもの発端は別…」

461 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/03(木) 12:39:51.18 ID:yY5hSLBTO

こなた「ふぅ…みゆきさん、シャワーありがとう…」
みゆき「いえ…」


こなた「しっかし、研究者の資料がWinnyで流出なんて、何考えてんだろね。これだからP2Pユーザーは嫌なんだよ」
みゆき「まったくです…」

468 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/03(木) 12:45:25.17 ID:yY5hSLBTO

みなみ「その資料を見つけたユーザーが、内容も良く理解しないままインターネット上の大型掲示板にアップロードした…それが3日前の話…」

ゆたか「その時はまだ全然知らなかったよ…」

みなみ「そして一昨日の朝になって、テレビで流出に関する第一報が報じられた。しかしまだ、細かな内容については触れられていないままだった。いや、研究所から口止めがかかっていたのかもしれない」

472 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/03(木) 12:51:59.00 ID:yY5hSLBTO

みなみ「一昨日の夜間…ついに事の詳細が明らかになった。有識者と思わしき人間が、掲示板に見解を書き込んだらしい」

みなみ「その情報は瞬く間に掲示板上を駆け巡り、すぐさま全世界へと広がった…。そして昨日の昼になり、ついに地上波のテレビ局が報道してしまった」

476 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/03(木) 12:56:24.58 ID:yY5hSLBTO

こなた「私も、最初は怖くてしょうがなかったよ…ただ、かがみんに近寄ってはいけないって聞かされて、そうするしかなかった…」
みゆき「未知の物体への畏れと、情報革命がもたらした莫大かつ高速度のデマが、今回の事件を引き起こしたんですね…」

485 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/03(木) 13:08:23.17 ID:yY5hSLBTO

みなみ「政府の対応は速かったが、原始的なものだった…。すぐさま情報統制を敷き、一切の情報をシャットアウトした」

みなみ「昨日の夜、ゆたかが寝たあとにネットを見てみた…。YahooやMSNなどのポータルサイトや新聞社のサイトからは先輩に関する一切の記事が載っておらず、巨大掲示板や動画サイト、さらに海外のサイトにはアクセスできないようになっていた…」

ゆたか「そんなことって…ありえるの?」

みなみ「柊先輩が本当に感染性の遺伝子を持つとすれば、日本にとって大変厄介なことになる」

みなみ「考えてごらん、SARSや鳥インフルエンザなど新興の感染症が見つかった場合、世界は感染拡大を防ごうと躍起になる。そこで下手な外交をすれば、日本国の存在自体が脅かされるかもしれない」

みなみ「だから、政府は対応を決定するまで余計に事態を広げたくないんだ」

487 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/03(木) 13:15:45.05 ID:yY5hSLBTO

みゆき「厚労相に勤めている父から電話がありました。閣議決定までは、かがみさんを封じ込めるよう通達があったと」

こなた「何のマンガだよ全く…でも、決定したらどうなるの?」

みゆき「分かりません…が、恐らくはかがみさんを何らかの形で拘束し、隔離するのかと…」

こなた「…かがみんの遺伝子は感染性がある…。もし私たちにも感染の可能性があるとしたら…」


みゆき「恐らくは、我々も同様に…」

531 名前:[] 投稿日:2008/04/03(木) 13:59:26.04 ID:yY5hSLBTO

こなた「ねぇ…じゃあせめて電気とか水道は停めないであげようよ…かがみん可哀想すぎるよ…」
みゆき「…もう、遅いです。県が停めてしまったのですから復旧はしないでしょう…」


みゆき「それに…かがみさんを下手に元気づけさせては駄目です。かがみさんがもし県外へ出ようとしたら…道路を封鎖した自衛隊によって…」

こなた「でも…でも…!」

みゆき「…諦めましょう。かがみさんには犠牲になってもらうしかないんです…」


バチィン!

みゆき「ぐっ……泉…さん?」

542 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/03(木) 14:10:00.83 ID:yY5hSLBTO

かがみんには閣議決定まで情報を与えちゃいけないってことになってるんだぜ。
もうみなみんやこなたんに説明させるの疲れたから見逃してくれw


こなた「みゆきさんのバカ!それでもかがみの友達なの!?」

こなた「かがみは何も知らずに一人で取り残されてるんだよ!?友達がそんなことになってるなんて…やっぱりあたしは我慢できないよ!」

みゆき「泉さん…ですが…」

こなた「もういい!あたしはかがみの所に戻る!」

みゆき「待ってください!そんなことしたらあなたも…」

こなた「どうせみゆきさんちで待ってても捕まるんでしょ!?だったら、少しでもかがみの近くに行ってやるんだ!」
ダッ

みゆき「泉さん……」

563 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/03(木) 14:24:57.25 ID:yY5hSLBTO

------
かがみ「…こなた……」


かがみ「こなたに逢いたい…」


かがみ「…いえ、こなたに…逢いに行くわ!」


かがみ「みゆきの家には電話が繋がった。ということは、現時点では東京は無事ってことよね…まぁ私が行ったらまた『かがみが出たぞー』とか言われるんでしょうけど…」

かがみ「とにかく、東京ならこなたがいるかもしれない…。少しでも可能性があるなら、それに賭けてみるしかないわね。よし…」
トタトタ


かがみ「…じゃ、あんたも頑張ってよね!私をしっかり東京まで連れてくのよ!」

かがみ「あれ…ここに名前が書いてある……白石みのる」


かがみ「し、白石って確かこなたのクラスの…男のくせにこんなにサドルが低いなんて、相当足短いのね…まいいか」

629 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/03(木) 14:51:34.90 ID:yY5hSLBTO

キコキコ…
かがみ「ちょっと小腹が空いたわね、コンビニで腹ごしらえしてくか…」

キキッ
ガタン

かがみ「うっわ、自動ドア開かないし…ぬぬぬっ」
ググググ…
かがみ「ふぅ…さて」

かがみ「ごめんくださーい……なんてねw」
かがみ「電気停まってるし、おにぎりとかお弁当はやめといた方がいいわね。お菓子にしよっと…あれと…これと…」

かがみ「お金…どうしよ」


かがみ「いくらこんな時でも泥棒はよくないわよね!はい1000円!釣りはいらないわよ!」
バンッ!

かがみ「どうせ車も走ってないし、食べながら走っても問題ないわよね♪」

647 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/03(木) 15:00:02.99 ID:yY5hSLBTO

キコキコ…

パクパク…

かがみ「そぅだ…車道のど真ん中走っちゃお♪」

キコキコ

かがみ「ひゃーーっ♪なんか気持ちイイw私が道路を支配してるみたい♪」


かがみ「アハハハハ……」

かがみ「あ、あれ?何か急に天気悪くなってきたわね…まぁ大丈夫か…」


ポツ…ポツ…

659 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/03(木) 15:06:52.06 ID:yY5hSLBTO

かがみ「やだ…すぐ止むといいけど」

キコキコ…

ポツ…ポツ…

キコキコ…

ポツポツ…ポツポツ


キコキコ…

ドジャーッ

かがみ「ゲェーッ!!」

690 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/03(木) 15:13:29.60 ID:yY5hSLBTO

かがみ「何なのよバカじゃないのこの雨!いきなりどしゃ降りになるんじゃないわよ!…全く、どこかで雨宿りしないと…」

キコキコ…

かがみ「あ、あそこにダイエーがある…」

キコキコキコキコ

キッ
ガタン

かがみ「あ…鍵かかってる…しょうがない、ここの庇で…」


かがみ「ああもぅビッショビショ…。着替えも濡れちゃってるわね…どうしよう…」

かがみ「……こなた…」

703 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/03(木) 15:21:36.02 ID:yY5hSLBTO

『まもなく押上、押上でーす。本日は都合により全線押上までの運転となっておりますので、ご了解くださーい』

プシュウーッ
こなた「電車はここまでか…埼玉は遠いなぁ…でも」

こなた「待ってて、かがみ…」


ドザァーッ
こなた「雨だ…傘はっと…」
バッ

こなた「かがみ…大丈夫かな…」

706 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/03(木) 15:27:17.16 ID:yY5hSLBTO

かがみ「寒い…」

かがみ「早く止んでよ…」


ピカッ
かがみ「ひゃあーっ!!」

ゴロゴロ…

かがみ「雷まで…最悪だわ…」


ガタ…ン
かがみ「!?」

ガラガラ…

709 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/03(木) 15:33:58.29 ID:yY5hSLBTO

ひなた「……大丈夫ですか?」
かがみ「…!!」
ひなた「あの…」
かがみ「……は、はい」
ひなた「どうぞ、中へ…」

ひなた「はい、これで身体を拭いてください…」
かがみ「ありがとう…ございます…」
ひなた「着替えは…あっちのファッション売り場で選ぶといいですよ」
かがみ「はあ…あのぅ…」
ひなた「はい?」
かがみ「あなたは…逃げないんですか?」

717 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/03(木) 15:43:24.93 ID:yY5hSLBTO

ひなた「……だって、あんなに辛そうにしてるのに、見捨てるなんてひどいじゃないですか」
かがみ「……」
ひなた「ふふ♪ほら、早く着替えた方がいいですよ?」

スタスタ

かがみ「……うっ…」
かがみ「うわぁぁぁぁぁぁん……」


ひなた「あら、良く似合ってますね♪でもちょっと地味かしら」
かがみ「…いやぁ、そんなに外見に気を遣っても仕方ないですし…」
ひなた「そうかしら?…まだ雨は止みそうにないし、フードコートでお茶でも飲んでいきませんか?」
かがみ「は、はい…えと…」
ひなた「?」
かがみ「あの、お姉さんはここので働いてるんですか?」
ひなた「ぇっ…と…、まぁそんなとこ♪」
かがみ「なんで、残ってたんですか?みんな、誰もいなくなってたのに…」

728 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/03(木) 15:50:49.97 ID:yY5hSLBTO

ひなた「……実はね、私…逃げ遅れちゃったのよ。逃げたくなかったわけじゃないんだ、ごめんなさいね…」
かがみ「あ、いえ…いいんです…」

かがみ「あの…」
ひなた「なぁに?」

かがみ「どうして皆…私を避けるんですか…」

ひなた「……それは…」

740 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/03(木) 16:04:57.74 ID:yY5hSLBTO

こなた「雨やっと止んだみたいだね」

こなた「さてと、そろそろ本気出しますか」

こなた「オイッチニーサンシー…自分の運動神経に感謝する日が来るとわねぇ…」

こなた「準備運動完了!ハッ!」

ダダダダダダダダダダッ!

こなた「快調快調〜♪2時間もあれば県境につくかなっと♪」

745 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/03(木) 16:08:45.95 ID:yY5hSLBTO

トタトタ…
ひなた「…雨、止んだみたいですよ」

ひなた「あら…」


かがみ「zzz…」

ひなた「泣き疲れて眠っちゃったのね…。もうすぐ日も落ちるし、今日はここに泊まらせてあげたほうがよさそうね」

ひなた「あ、私いちおうアニメにも出てるんですよ。チョイ役ですけどね♪24話なんか分かりやすいんじゃないでしょうか?」

763 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/03(木) 16:20:08.09 ID:yY5hSLBTO

ひかげ「お姉ちゃん」ひなた「あら、ひかげちゃん」
ひかげ「ちょっと、近寄らないでよ!」
ひなた「あらあら、どうして?」
ひかげ「だってその人、例の…」
ひなた「うん、そうよ♪でもね、この人には何度か逢ってるんだもの」
ひかげ「へっ?」

ひなた「この子、こなたちゃんのお友達なの。よく、こなたちゃんと一緒に私のバイト先へ来て、ラノベとか買って行ってくれたのよ」
ひかげ「そうなの?」
ひなた「うん。向こうはぜんぜん覚えてないみたいだけどね。だから、もしこの子が本当に病気をうつすような体質だったら…とっくにお姉ちゃんにもうつってるわよ」
ひかげ「マジ…?」
ひなた「そうよ〜ひかげちゃん、だからあなたの身体にもとっくに…」
ひかげ「ピェェェェエ!!」
ばたんきゅー

ひなた「あらあら…」

782 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/03(木) 16:30:07.54 ID:yY5hSLBTO

ひなた「大丈夫よ…何でか分からないけど…そんな気がするの」

ひなた「この子の寝顔をみてるとね…」


かがみ「……うーん。おはよー…んにゃっ?」
ひなた「あらあら、おはよう♪」
かがみ「えっと…ひなたさん…? そっか、私…」

かがみ「…その女の子は?」
ひなた「私の妹の、ひかげちゃんよ♪寝てるから起こさないであげて下さいね♪」
かがみ「い、妹さん?なんで妹さんまで職場に取り残されてるんですか?」
ひなた「それはぁ〜託児所に入れてたんです♪」
かがみ「託児所って…どうみても小学校中学年くらいはありそうなんですが…」
ひなた「細かいことを気にしてると、ダイエット成功しないわよ?」
かがみ「んなッ!?」
ひなた「ふふ…もう大丈夫そうですね」

796 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/03(木) 16:35:52.43 ID:yY5hSLBTO

かがみ「…お世話になりました」
ひなた「…行くの?もうすぐ夜の8時よ、今日は休んで行ったら?」
かがみ「ありがとうございます、でも…」


ひなた「…きっと逢えますよ♪頑張ってくださいね」
かがみ「…はい!」

809 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/03(木) 16:44:07.35 ID:yY5hSLBTO

ひかげ「むにゃむにゃ…ハッ!」
ひなた「あらあら、おはよう♪」

ひかげ「…!お姉ちゃん、あの人は!?」
ひなた「もう出発したわよ♪」
ひかげ「よかった…これで少しは安心できる…でも行かせて良かったの?」
ひなた「大丈夫よ、きっと…雨ガッパと食べ物も持たせてあげたし」
ひかげ「カッパ…?食べ物…?もしかしてそれ、このお店の?」
ひなた「そうよ〜♪」
ひかげ「…お金は?」
ひなた「非常事態だもの、仕方ないでしょう?」

ひかげ「キーーーッ!これ以上泥棒みたいなことはやめてっ!!ただでさえ毎日食べ物を勝手にもらってるのにっ!」

819 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/03(木) 16:51:34.20 ID:yY5hSLBTO

ひかげ「元はと言えばお姉ちゃんが!『夕食はダイエーの試食で済ませましょ♪』なんて言うから!」

ひなた「あらあら、ひかげちゃんも喜んでたじゃない!」

ひかげ「そりゃ久しぶりのお肉だもん!でも、他のお客さんがみんな逃げようって出ていくときに…『あらあら、ひかげちゃん、食べ放題よ〜♪』とか行っていつまでも離れなかったのはお姉ちゃんじゃない!」

ひなた「まぁまぁ、ここにいた方が、お家よりも良いもの食べられていいじゃない♪」
ひかげ「だからそれはドロボーだっつの!ムキーッ!!!」

831 名前:[] 投稿日:2008/04/03(木) 17:03:49.50 ID:yY5hSLBTO

〜〜〜〜〜


こなた「ハァハァ…予想より時間かかったな…あとちょっとで埼玉県か…」

「君!」

こなた「はいッス!?」

「こんな夜中に何してるのかね?」
こなた「(やば、自衛官だ…)」
こなた「えと、高校の陸上部で、大会が近いんで走り込みを」

自衛官「高校……?」
ジロジロ


自衛官「…ふん、この先は侵入禁止になっている、近寄るのは止したまえ」
こなた「何かあったんですかぁ〜??」
自衛官「し、知らないのか!?近所のくせに……これだから最近のゆとりは…」

自衛官「ど、動物園のトラが逃げ出したのだ!」

こなた「ハァ???」
自衛官「いいから、帰れ!シッシッ!」

842 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/03(木) 17:09:16.15 ID:yY5hSLBTO

こなた「…フン、何がトラだっつの。程度が知れるよ」


こなた「でも…こんな奴らの警備なら、案外簡単にすり抜けられるかもね…」

852 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/03(木) 17:19:58.46 ID:yY5hSLBTO

こなた「…こちらスネーク、敵兵を2名確認。装備は…なんか銃っぽいやつが一人一挺だ」

こなた「よしスネーク、まずはホフクで可能な限り目標地点へ近づけ。ホフクをするには、ホフクボタンを2回押すんだ」

こなた「了解、任務を開始する」


こなた「…いかんいかん、遊んでないで慎重に…」
こなた「さっきのトラ野郎はだいぶ離れたね…今なら行けるか…!」

モゾモゾ…


こなた「(もう少し…)」


「誰だっ!」


こなた「しまっとぅあ!!」

906 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/03(木) 18:01:16.23 ID:yY5hSLBTO

自衛官「子供!?」


ダッ
こなた「だぁ〜れが!」
グイッ

こなた「子供じゃあああああい!!」
ブンッ!!


自衛官「うぉぉぉぉぉっ!?」

ドッシャアーン


自衛官「うぐっ…くそ!」
ダダッ
ビュン!

こなた「遅い蹴りだね」

サッ

909 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/03(木) 18:03:16.44 ID:yY5hSLBTO

こなた「セィッ!!」バギィィッ!!!


自衛官「あが……」
バタッ

こなた「ふぅ…全く、その腰の銃は飾りかい?」


トラ「おーい!どーしたー?」
こなた「イケネッ!退散っ!」


ビュン!

918 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/03(木) 18:08:02.02 ID:yY5hSLBTO

タッタッタッタッタッ…

こなた「ふむ、私の駿足を追うなんて流石に無理だよねぇ〜」

タッタッタッ…

こなた「ふーぅ、もういいかな」


こなた「しかしいくらマヌケな自衛官どもとは言え、かがみんじゃ太刀打ちは出来そうにないな〜…かがみん相手だったらためらわず銃使いそうだし」

こなた「こりゃ、なんとしてもかがみんを見つけ出さないと…」

928 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/03(木) 18:17:43.13 ID:yY5hSLBTO

〜〜〜〜〜〜

キコキコキコキコ…

かがみ「…ダイエーを出てから1時間くらいか…」
かがみ「…もうすぐ東京のはず…」

かがみ「でも…あの時ひなたさんに聞いた…」


(ひなた「県境には、自衛官隊が配置されていると聞きました…そこを潜り抜けないと東京には行けません…」)

かがみ「どうしよう…」

944 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/03(木) 18:27:26.69 ID:yY5hSLBTO

キコキコ……
かがみ「ん?あっちの方、明るい…」

かがみ「まさか…!」

キコ…キコ…

かがみ「暗くてよく分からないけど…ジープ?まずいわね…」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
こなた「んん〜…かがみんを探すといってもどこから手を着けていいのやら…」

こなた「やっぱり、伊勢崎線沿いに上ってくといいかなぁ?かがみんが東京に行く道なんて分かるはずないし、だとすれば線路沿いを辿るのが常套…」

こなた「とりあえず、草加のダイエーまで行ってみるか…」

953 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/03(木) 18:37:55.41 ID:yY5hSLBTO

>>946埼玉県民じゃないんでごめんね!


こなた「流石に疲れたし、ダイエーまで走ったら休もっかな…。かがみんもこんな夜中には動き回らないだろうし…。鍵かかってないといいけど…」

こなた「てか、ダイエーにいたりしてね、かがみん」

こなた「うっし、頑張れ泉こなた!」

タッタッタッタッタッタッ…

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
かがみ「困ったわね…」

タッタッタッタッタッタッ…

かがみ「足音!?やば、自衛隊かしら…隠れなきゃっ!」
サッ
かがみ「(っっ〜〜〜〜ばれませんように!!!!)」

タッタッタッタッタッタッ…

かがみ「……行ったかな………よし、大丈夫ね…」

962 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/03(木) 18:44:17.02 ID:yY5hSLBTO

かがみ「もうちょい近づけるかな…?様子が分からないと…」

ジリジリ…

かがみ「んぁ!?」


トラ「オイ!しっかりしろよ、オイ!…しゃーねーなもぅ、車の中で寝てろ!…ったく、酒でも飲んだのか?」

かがみ「???」

かがみ「よくわかんないけど…突破のチャンスっぽいわね…」

969 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/03(木) 18:50:21.85 ID:yY5hSLBTO

かがみ「うっし…行くわよ白石!フルスピード!」

キコ…
キコキコ…

…ギュイイイイイイイイン!!


トラ「…なんだぁ?……うわぁぁぁぁぁっ!?」


かがみ「ヴぁっ!?ちょ、ちょっとどいてぇっ!!」

トラ「うわぁぁぁぁぁぁ来んなぁぁぁぁぁ!!」

ドォォォォォン!!


かがみ「あだだ…ちょっと、どこみてんのよって…イケネッ!」

トラ「痛い!これは痛い!絶対痛いッ!」

かがみ「ば、ばいにゃら〜」

キコキコキコキコキコキコ…

981 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/03(木) 18:56:02.35 ID:yY5hSLBTO

かがみ「ふぅ…どうにか逃げ切ったかな?意外と手薄だったわね…」

かがみ「さて、東京か…みゆきの家まではまだ遠いけど…」

かがみ「…とりあえず、できるだけ感染しないようにマスクをして…」

かがみ「あとは…ひなたさんに頂いた帽子とサングラスで…よし、変装完了と」


かがみ「待っててね、こなた…」


弟一部おわり

続きは次スレで、飯食ってから寝るまでできるところまで

86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/03(木) 19:57:08.76 ID:yY5hSLBTO

かがみ「…東京じゃ、夜間は自転車の取締が激しいって聞くわね…。それに、埼玉と違ってここには人がいるんだから…堂々と自転車に乗るのもまずいか…」


かがみ「とりあえず、近くの駅まで行って…その周辺で始発を待って、電車で行くとするかな…」


キコ…キコ…←手で押してる


キコ…キコ…


〜♪

かがみ「…人!?…いけない、堂々としてないとかえって…」

98 名前:[] 投稿日:2008/04/03(木) 20:08:30.68 ID:yY5hSLBTO

あきら「お〜い白石〜、もう一件行くぞウィ〜ッ」
白石「あ、あきら様〜、もう終電なくなっちゃいますから今日はこの辺で…」
あきら「うるへーっ!終電が怖くてアイドルやってられっかっつ〜ぅの!」

あきら「私だってもっと若い頃はなーぁ、毎晩毎晩西川口の飲み屋をはしごしてだなぁ…」
白石「若い頃って!あんた14歳だろっ!?」

あきら「み〜そじぃぃみさぁぁぁきぃぃぃぃぃぃ〜〜〜っ♪ときたもんだw」

107 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/03(木) 20:16:17.77 ID:yY5hSLBTO

かがみ「(…あれはまさか小神あきら…と、白石!? そういえば、あきらのアシスタントやってるって聞いたことがあるわね)」


あきら「ぶぅぅえ゛…おい白石、さすれ」
白石「はいはい…気持ち悪いんだったら帰りますよ」
あきら「ぅ゛ぇっ…バーローwwまだいけるって…ぉ゛うう゛ぇ゛」


かがみ「(何あれ…酔ってるの?中学生のくせに…。あ…?良く見ると目尻にカラスの足跡のようなものが…)」

113 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/03(木) 20:20:38.45 ID:yY5hSLBTO

あきら「ぅあ゛ぁぁ!?テンメなぁに見てんだこの゛クソガキャア!」

かがみ「ヒッ!…す、すみません」
白石「あ〜もぅ絡まないで!スミマセンスミマセンスミマセン!!」
かがみ「いえ…(早く行こ)」


白石「……ん?」

125 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/03(木) 20:27:48.40 ID:yY5hSLBTO

白石「あ…あの自転車…」

白石「あの…車体に合わない特徴的なサドルの低さ…俺の自転車とそっくりだ…」

白石「そう、決して俺自身が短足なわけではない!わざと足の長さを合わなくさせて大腿部に負担をかける事により、日々の通学において鬼効率的に脚力を鍛えることができる我が愛車、谷口号!」

白石「ちょ、ちょっと」

かがみ「なに!?」


白石「白石みのる!マイ・ネーーィム!!」

138 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/03(木) 20:32:11.23 ID:yY5hSLBTO

かがみ「しまっ…!」
白石「これは俺の谷口じゃないかぁぁ!確か昨日、泣く泣く学校に置いて来たはず!あんたどこでこれをっ!?」

かがみ「チイッ!」

キコキコキコキコキコキコ…

白石「あっ、ちょまーーっ!」
あきら「あぁ゛ん白石の自転車が盗られたってぇ!?このあき゛ら様の目の前でい゛い度胸してんじゃねーかぁ!!」

白石「ま待てーッ!!」

146 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/03(木) 20:37:15.45 ID:yY5hSLBTO

かがみ「うぅ〜っ!何よ、愛車とか言ってるくせに鍵掛けてないあんたが悪いんでしょーっ!!」
キコキコキコキコ

白石「ま、まてぇ…ハァハァハァハァ…何て速さだ…あいつ俺の谷口をいとも簡単に手なずけてやがる…」
あきら「ぅぇっぶ…このままじゃ見失う…しゃあねぇ…」


ピポパポ


あきら「ゴットゥーザ様ヘーールプ!」

161 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/03(木) 20:44:32.34 ID:yY5hSLBTO

「ぱらりらぱらりらぱらりら〜♪」

あきら「おぅっゲリ速えぇ!さっすがゴットゥーザ様!」


邑子「おぅあきら!どいつが白石の愛人を寝取ったってえ!?」
あきら「あのチャリキですぜぇ!」
邑子「おっしゃまかしときな!2秒でおいつく!」

171 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/03(木) 20:49:22.90 ID:yY5hSLBTO

邑子「ぱらりらぱらりらぁ〜っ♪おーいそこの嬢ちゃん観念しなぁ」

かがみ「うぉーっ!?」
キキーッ!


邑子「ヘッ、ちょろいな。」

邑子「おぉ?帽子にマスクにグラサンたぁ、いかにもなイデタチじゃねぇか。おい、ツラぁ見せな」


かがみ「……」


邑子「なんだぁ?アタシに取ってほしいのかい?キモすわってんじゃん、望み通りにしてやるよ」


バッ!

176 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/03(木) 20:52:18.92 ID:yY5hSLBTO

かがみ「――――ッ!!」
邑子「あれ、あんたどこかで……」


邑子「うわぁあぁぁぁぁあぁぁあぁあっ!!」

179 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/03(木) 20:54:16.14 ID:yY5hSLBTO

白石「はぁはぁ、やっと追いついた…」
あきら「ご、ゴットゥーザ様、犯人は…」


邑子「うわぁぁぁぁぁ!!かがみだ、かがみが出たぞぉぉぉぉぉ!!」

白石あきら「!!?」

189 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/03(木) 20:57:36.69 ID:yY5hSLBTO

かがみ「ちょ、またそんな…って言ってる場合じゃない!ヤバい…!」

あきら「おたすけぇぇぇぇ!」
かがみ「ちょっと、静かにして!人にバレる!!」

かがみ「もぅっ!!」ダダダッ!

199 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/03(木) 21:01:53.81 ID:yY5hSLBTO

〜〜〜〜〜〜〜〜

こなた「は、はぁ、はぁ……さすがの私もそろそろ限界だよ…」

こなた「あと…100m…」

トボ…トボ…

ドサッ
こなた「着いたぁーっ!!」

こなた「…ハァ、ハァ、やっぱり鍵は…閉まってるか…。でも、少し、休んだら、かがみを、捜そう…」

220 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/03(木) 21:09:19.68 ID:yY5hSLBTO

こなた「すぅーーーーー、はぁーーーー……すぅーーーー、はぁーーーー……」

こなた「うっし、今日のラスト行くか」

テクテク…

すぅーーー…
こなた「おーーーい!!かがみーーーーーん!!!」

テクテク…

すぅーーーー…
こなた「かがみーーーーーん!!いるーーーーーー!?」

こなた「かがみーーーーーーん!!!」

230 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/03(木) 21:12:30.41 ID:yY5hSLBTO

こなた「ふぅーー…いないんかなぁ……そう簡単に見つかるわけ…ないか…」


ガラガラ…ギィィ…
ひなた「…どなた?…かがみちゃん?」

こなた「あーっ!!」
ひなた「え…こなたちゃん…?」

233 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/03(木) 21:16:42.25 ID:yY5hSLBTO

携帯厨でほとんどの画像が見れない俺涙目www


こなた「ひなたさん!どうしてここに?」
ひなた「かくかく しかじか」
こなた「そっか、相変わらず食べ物に困ってるんだねw」
ひなた「もぅ〜♪………ところで、かがみちゃんには逢わなかったの?」
こなた「え、かがみん…?」

240 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/03(木) 21:23:46.79 ID:yY5hSLBTO

こなた「――そんな…」
ひなた「えぇ、まだ2時間も経ってないわよ」

こなた「…っ!」
こなた「かがみんはどの道へ!?」
ひなた「あっち、伊勢崎線沿いよ!」
こなた「私が来た方かよっ!しゃあない…行くか!」

ひなた「こなたちゃん、待って!」
こなた「なに!早くしないとかがみが…!」
ひなた「これ、お店の自転車だけど…良かったら…」
こなた「ドロボーかいっ!…でも、GJ!」

ひなた「気をつけてね!」
こなた「ありがとっ!それ、行くよっ!追いつけーーっ!!」

242 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/03(木) 21:30:52.33 ID:yY5hSLBTO

こなた「(…でも…来るときは全くそれらしい人と擦れ違わなかった…なんで…?)」

こなた「(暗くて見逃した?いや、自転車の音がすれば気付くはず…いったい…)」


こなた「(…気が付かないと言えば、あの時…県境を抜けるときは、自衛隊に集中しすぎて…もしやあのドサクサに?)」


こなた「(だとしたら…かがみは既に東京にいる!?)」

こなた「ヤバい!!!」

248 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/03(木) 21:38:08.46 ID:yY5hSLBTO

〜〜〜〜〜〜〜〜〜
かがみ「……あまり人が騒いでる気配はないわね。珍走団が暴れてるだけとでも思わてたのかしら…不幸中の幸いね…」

かがみ「でも、流石にここにはいられない…せめて1駅ぶんくらいは移動しないと…」

かがみ「ってか白石のやつ…ドサクサ紛れて何自転車回収していってんのよ…」

かがみ「…でも、あいつあたしの顔を見ても意外に冷静だったわね……何気にいいやつなのかしら」

255 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/03(木) 21:45:32.81 ID:yY5hSLBTO

かがみ「…バカ言ってないで歩こ…」

テクテク…

かがみ「なんかもう…涙も涸れちゃったわ…」

テクテク…

かがみ「足、痛い…この2日でどんだけ歩いたんだろう…私…」

テクテク…


かがみ「ふぅ…着いた…。お腹空いたな、ひなたさんにもらったパン食べて、そしたらあそこの茂みで休もっと」

261 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/03(木) 21:51:20.34 ID:yY5hSLBTO

〜〜〜〜〜〜〜〜
ブルルル…
こなた「もう、誰だよこんなときに…あとにしてっ!」

ギュイイイイイイイイン

こなた「かがみ…かがみっ!!」

ギュイイイイイイイイン


こなた「もうすぐ県境だけど…どうやって越えよう…。さっきのことがあるから簡単には…」

ギュイイイイイイイイン

こなた「明かりが見えてきた!」

キュイイイン…キコ…キコ…

こなた「どれどれ…およ?」

264 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/03(木) 21:57:44.41 ID:yY5hSLBTO

こなた「様子が変…あれ…ジープが…行っちゃった?」

こなた「どゆこと?……さっきの私のせいとか?…いやいくらなんでも時間が経ちすぎてるな」
こなた「とにかく…抜けられそかな?」

キコキコ…キコキコ…
こなた「だぁれもいない…何だろ、まぁいいや」
こなた「…かがみに逢わなかったってことはは、やっぱり東京に入ってるんだ…早く捜さなきゃ」

270 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/03(木) 22:00:37.33 ID:yY5hSLBTO

こなた「キコキコ…キコキコ…」

こなた「ありゃ、あれは?」

あきら「ンガーッ!ンゴーッ!」
白石「あきら様頼みますから道端で寝ないで下さいって!」
邑子「あはは〜禁則事項〜♪」

276 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/03(木) 22:08:07.86 ID:yY5hSLBTO

こなた「あれ…らっきー☆ちゃんねるの小神あきらと…白石?」
こなた「その隣は…ぬぉっ!?ゴットゥーザ様!」


あきら「(鼻ちょうちんパッツーン!)」
白石「あぁっばっちい!」

邑子「ふぇ〜んキョンきゅんらめれしゅ〜」白石「もうしっかりして下さいよ後藤さん!柊かがみの事なら心配ないんですって!」

こなた「!?」

白石「さっき飲み屋のテレビで聞いたんですって!それより早く警察に教えてあげないと…」
邑子「みんみんみらくるみーのるんるん」


こなた「…かがみ!?テレビ…って…まずい!」

280 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/03(木) 22:16:00.63 ID:yY5hSLBTO

こなた「白石!」
白石「ぅわっ!!…泉!?」

こなた「かがみはどこ行ったぁぁぁぁぁぁ!?」
白石「うぉっ!ひ、柊なら小菅の方に…」
こなた「よっしゃ!」キコキコ…

ピタッ

こなた「かがみの事バラしたら○す!!」
白石「!!!!」

キコキコ…キュイイイン…

298 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/03(木) 22:22:00.23 ID:yY5hSLBTO

こなた「かがみ、かがみ、かがみっっ!」
キュイイイン…

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
かがみ「うっわ、この茂み虫がいっぱいで気持ち悪い…。」
かがみ「もうちょい歩いて、休めそうなとこ探すかな…」

テクテク…


キュイイイン…キコ…キコ…
こなた「…はぁ、はぁ…いない?」

303 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/03(木) 22:24:48.85 ID:yY5hSLBTO

かがみ「(…人が来た…?落ち着けかがみ、ホームレスとか、家出少女のふり…)」


こなた「いない…行き過ぎたかな…?」

こなた「ん…?」

312 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/03(木) 22:27:52.06 ID:yY5hSLBTO

かがみ「(落ち着けかがみ、落ち着けかがみ、落ち着け…)」
トテ…トテ…


かがみ「(落ち着けかがみ、落ち着けかがみ…)」

トテ…

かがみ「(落ちっ…)」

315 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/03(木) 22:29:58.91 ID:yY5hSLBTO

ポタッ…
ポタポタッ…

かがみ「…え?」


こなた「かがみ゛ぃ゛ぃ゛ぃ゛ぃぃぃぃいいいいいいっっっっ!!!!」

328 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/03(木) 22:33:13.52 ID:yY5hSLBTO

かがみ「こなた!!!!!」
ギュゥッ

こなた「うう、かが、かがみ、かがみぃぃぃぃぃぃぃ…」
かがみ「こなた…こなたぁぁぁぁぁぁっ!!!」

341 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/03(木) 22:38:51.28 ID:yY5hSLBTO

かがみ「えぐ…こなたどうして…」
こなた「かがみ…ごめんね、ごめんね、わだじ…ががみのごど…えぐ…見捨でよぶでじで…」
かがみ「ぐす…ちょっと…何言ってるか分かんないわよ…バカ…」
こなた「うわぁぁぁぁぁぁぁぁん!!」
かがみ「こなた…ありがとう…」

364 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/03(木) 22:46:56.15 ID:yY5hSLBTO

かがみ「――ねぇこなた、私の病気…知ってるんだよね?」
こなた「……うん。……ううっ…ゴメン…」
かがみ「あーもぅ、泣かなくていいから、ね」
なでなで…
こなた「うん…」

かがみ「私の近くにいたら…こなたにもうつっちゃうんだよ?」

こなた「……なーにをいまさら…!あたしが今までどんだけかがみんの側にいたと思ってんの!?」
かがみ「こなた…」
こなた「あたしとかがみんは運命共同体だよ♪そんなことくらいで離れるわけないよ!」
かがみ「うっ…こなた…こなたぁ…」
こなた「あーもぅ、泣かなくていいから、ね」
なでなで…

377 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/03(木) 22:55:00.46 ID:yY5hSLBTO

かがみ「こなた…これからどうするの?」
こなた「とにかく、逃げるしかないかな…。遠い遠いところまで…」
かがみ「そうね…。私、こなたと二人ならどこまででも行ける…」
こなた「かがみん…今日はツンが出てこないねぇ…まぁたまにはこういうのもいいか♪」
かがみ「つっ、茶化すな!」コツン
こなた「アイテーっ☆」


「かがみ…」
「こなた…」

384 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/03(木) 22:58:55.07 ID:yY5hSLBTO

「そこまでだ」

「パーーーン!」

こなかが「ヒィィィィィィッ!?」


こなかが「――――…??」

409 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/03(木) 23:03:17.17 ID:yY5hSLBTO

「ヤフーっ♪」

こなた「ゆい姉さん!」

ゆい「やぁーびっくりしたかぁい?でもあれ以上は青少年の育成によくないからねぇ〜」

こなた「何で…まさかかがみを…」

みゆき「待ってください、泉さん!」
かがみ「み、みゆき!?」

418 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/03(木) 23:08:45.87 ID:yY5hSLBTO

みゆき「泉さん…かがみさんはもう大丈夫なんです…」
こなた「……?」

みゆき「流出したというかがみさんの研究報告…その一部が、捏造されたものだと言うことが判明したんです」
かがみ「え…それって…」

438 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/03(木) 23:16:26.83 ID:yY5hSLBTO

みゆき「…それは、皆が恐れていた"感染性を持つ遺伝子"の部分…」

みゆき「確かにかがみさんの遺伝子に変異は見られたようです、しかし、皆がかがみさんを忌み嫌う原因となった、恐ろしい変異は、研究者のでっち上げだったんです…」


ゆい「それが今日の夜中に発表されて、とりあえずは安心だってことを伝えようとしたんだけど…こなたってば電話に出てくれないんだもん〜。おねーさんびっくりだ」

こなた「あ…さっきの電話ゆい姉さんだったんだ…かがみを捜すのに夢中ですっかり…」

452 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/03(木) 23:19:59.36 ID:yY5hSLBTO

こなた「は、はは…何だかよくわかんないけど…良かったねかがみん」

ゴゴゴゴ…

こなた「か、かがみん…?」


かがみ「ふぅざぁけぇるぅ ぬぁぁぁあーーーーーーーッ!!!!!!!」

こなた「ギエピー!!!!」

478 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/03(木) 23:26:05.77 ID:yY5hSLBTO

かがみ「わたしがッ…!どれだけッ…!この2日間苦しんだと思ってるんだァーーーーーーッ!!」


かがみ「捏造だぁ!?ふざけんな!!そんなくだらないことで人の名誉を傷つけて!!『かがみが出たぞー』なんて妖怪扱いされる人間の身にもなってみろ!!!そんな、そんなことで…」

ゆい「か、かがみちゃん…!ちょと、いいかな…」

かがみ「な、何よ!みんなして私を避けてたくせに…」

509 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/03(木) 23:33:43.24 ID:yY5hSLBTO

みゆき「その事ついては、謝って済む問題ではないと思っています…。政府も補償をすると言っているようです…」

かがみ「政府!?補償!?知るか!私の人権を返せ!!」

こなた「…かがみ」
かがみ「…何よこなた……あんたも言ってやりなさいよ…私のために…走り回されたのにっ…!!」
こなた「かがみ!」
かがみ「…!?」

こなた「ゆい姉さん…もしかしてまだ…何かあるの…?」

516 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/03(木) 23:35:33.34 ID:yY5hSLBTO

ゆい姉さん「とりあえず皆パトカーの中に…」

みゆき「はい…」


こなた「ほら、かがみ…」
かがみ「……」


バタン

537 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/03(木) 23:43:48.21 ID:yY5hSLBTO

ブロロロ…

みゆき「研究報告の捏造…それは単なる捏造ではなかったんです…」
こなた「どういう事?」
ゆい「ここまでの騒動を起こさせた目的が、別のところにしっかりあったのさ」

かがみ「……何なのよ…わけわかんない……」

みゆき「かがみさんは…自分の身に災いがふりかかって気が動転していたんでしょう、わかります」

かがみ「何よ、ふざけてるの!?」

みゆき「ですがかがみさん…本当は私よりも、このパトカーに乗ってかがみさんを探しにくるのに相応しい人物がいるはずです」

554 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/03(木) 23:48:58.48 ID:yY5hSLBTO

こなた「そういえば、つかさ達は?かがみの家族は同様の遺伝子を持つ可能性が高いから、研究所に隔離されるったって言ってたよね?」

こなた「でももう、かがみの話が捏造なら、隔離なんて必要ないはずでしょ!?」


かがみ「それって……」

564 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/03(木) 23:52:45.75 ID:yY5hSLBTO

みゆき「この事件を起こした人達が狙っていたのは、つかささんだったんです…」


弟二部おわり

591 名前:1 ◆fNTnGUb8gY [] 投稿日:2008/04/03(木) 23:57:04.62 ID:yY5hSLBTO

今日一日読んで下さった皆様、ありがとうございました。
今日の話はここでおしまいです。

896 名前:1 ◆fNTnGUb8gY [] 投稿日:2008/04/04(金) 21:29:02.53 ID:i4q/2cuo0

妹1部


かがみは、単なるおとりだった…。

本当の目的は、つかさ。


かがみと同様の遺伝子を持っているか調べるため、との理由で、かがみを除いた柊家の人間は
例の報告書を作成した研究所へ連れて行かれた。
政府も県も、最も危険なかがみにばかり目が行き、つかさ達の事は後回しという体制になっていた。

それが、奴らの狙いだった。


その道の権威が一昼夜議論を交わした結果、かがみの件が捏造であると言う結論が出た。

その情報が伝わってから程なくして、警察が研究所に向かった。
しかし、そこは既にもぬけの殻であった。

903 名前:1 ◆fNTnGUb8gY [] 投稿日:2008/04/04(金) 21:34:55.09 ID:i4q/2cuo0

所内はあらかた片付けられていたが、二つの重大な手がかりが残されていた。

一つは、残されていたPC。
最近使ったファイルの一覧に、TsukasaHiragi.docという文書があった。
つかさの遺伝子の解析結果のファイルだろうか…。
しかし、そのプロパティを見てみると、一年近く前に作成されたものということが分かった。
ここの研究所は一年も前から、つかさに関する何かを調べていた…?

そしてもう一つは、寝室に残されていた黄色いリボンであった…。

907 名前:1 ◆fNTnGUb8gY [] 投稿日:2008/04/04(金) 21:40:56.12 ID:i4q/2cuo0

みゆきの家


ゆい「みゆきちゃん、付き添いありがとうね」

みゆき「……見つかったという情報はまだ…?」

ゆい「うーん、すぐに非常線を張ったって言ってたけど、何も連絡がないってことはまだ…」

みゆき「そうですか…」


ピンポーン
みゆき「あら…?」

910 名前:1 ◆fNTnGUb8gY [] 投稿日:2008/04/04(金) 21:43:36.26 ID:i4q/2cuo0

みなみ「…こんばんは。」

みゆき「みなみちゃん」

みなみ「柊先輩が見つかったそうですね。泉先輩のお父様から聞きました。
    …状況を教えて頂けないでしょうか。夜遅くに申し訳ないのですが」

みゆき「ええ…良いですか?成実さん」

ゆい「いいよっ!ゆたかが世話になってるしね!
   ゆたかはもう寝ちゃった?」

みなみ「はい、泉先輩のお父様と一緒に」

ゆい「お〜っと…」


みゆき「では、こちらへ…」

918 名前:1 ◆fNTnGUb8gY [] 投稿日:2008/04/04(金) 21:50:46.54 ID:i4q/2cuo0

みなみ「警視庁と埼玉県警の合同捜査本部は…」

ゆい「そのままの体制で継続するって。もちろん名前は柊かがみ対策本部ではなくなるけどね」

みゆき「成実さんもそのまま…?」

ゆい「うん、つかさちゃんとも色々とお付合いがあったってことで。
   とは言っても元が交通課だからできることは限られてるけど」

みなみ「…いえ、成実さんがいるというだけで、とても頼りになる気がします」

ゆい「そっかな〜?まぁねっ!
   …で、色々新たに分かったことなんだけど…」

かくかくしかじか


みなみ「……つかさ先輩…」

921 名前:1 ◆fNTnGUb8gY [] 投稿日:2008/04/04(金) 21:53:05.42 ID:i4q/2cuo0

みなみ「…その見つかったファイルには、何が書かれていたんですか?」

ゆい「私も細かいことは聞いてないんだけど、つかさちゃんに関する検査値とかのデータらしいよ。
   まだ解析中って言ってた」

みなみ「1年も前というのは…確か、かがみ先輩が病院で精密検査を受けた頃と同じ…」

みなみ「つかささんもほぼ同時期に検査を受けられたという事でしょうか」

ゆい「う〜ん、何とも言えないけど…。またそのファイルが捏造って可能性もあるし」

みなみ「良く分からないですね…ですが、何かが引っかかる気がします。」

みなみ「…とりあえず、今日はこの辺りで…。成実さん、みゆきさん、ありがとうございました」

ゆい「…いえいえ。じゃ、また」

924 名前:1 ◆fNTnGUb8gY [] 投稿日:2008/04/04(金) 21:57:41.25 ID:i4q/2cuo0

ゆい「さてと…みゆきちゃん、悪いけど」

みゆき「あ、はい。こちらの部屋です」

ゆい「ありがと。明日も朝早いけど、よろしく頼むね」

みゆい「はい、お休みなさい」


ギィィ

かがみ「zzz…」
こなた「zzz…」

ゆい「おーっと…相変わらず仲良しさんだねぇ。そんなにくっついて寝ることないのに」

ゆい「ごめんねぇ、私も一緒に寝かせてもらうよ。上からの命令なんでねぇ…」


ゆい「おやすみ………グガー」

928 名前:1 ◆fNTnGUb8gY [] 投稿日:2008/04/04(金) 22:05:31.94 ID:i4q/2cuo0

チュン…チュチュン…

かがみ「……もぉたべられないよ………」

こなた「……ふぁ…?」

かがみ「……おなかいっぱい…こなたいっぱい……」

こなた「…!? …なんだ、寝言か…」


こなた「あれ?ゆい姉さん…」

ゆい「ガー!スピー!」

こなた「何でここで寝てんだろ…」


こなた「そ、そういえば、つかさ…」

933 名前:1 ◆fNTnGUb8gY [] 投稿日:2008/04/04(金) 22:09:26.34 ID:i4q/2cuo0

こなた「…姉さん、姉さん?」
ユサユサ…

ゆい「…ん〜?…きよたかさん、あと5分…」

こなた「ちょっと姉さんってば」
ユサユサ…

ゆい「あん…だめぇ…」

こなた「どいつもこいつも…」


こなた「デコピンっ!」
ビチッ!

ゆい「うぉぉっ!!」ガバッ!!


ゆい「ふあ……何だよこなたぁ、せっかく気持ちよく寝てたのに…」

955 名前:1 ◆fNTnGUb8gY [] 投稿日:2008/04/04(金) 22:26:23.09 ID:+JeDrjNq0

こなた「あぁゴメン…いや、何で姉さんがいるのか気になって」

ゆい「何でって…あーーーーーっ!!」

こなた「ひょぉっ!?」

ゆい「もう朝!?いっけない、怒られる!」

こなた「怒られる?」

ゆい「ちょ、ちょこなた、かがみちゃん起こしてパトカーに!」

こなた「え、何でさ」

ゆい「説明はあとっ!頼んだっ!」
ダダダダ…

こなた「…?もう……」
    とりあえず、かがみん、起きてー」
ユサユサ…

かがみ「…ふにゃ、あ…こなただぁ…」

こなた「何でコイツはこんなに呑気なんだ…
    ちょっと来て」

960 名前:1 ◆fNTnGUb8gY [] 投稿日:2008/04/04(金) 22:29:12.40 ID:+JeDrjNq0

かがみ「…みゅ〜…いっしょにねよぉよ〜……」

こなた「………」

スッ

こなた「せーの…」


ばちこーん!!


かがみ「ブー!!」

970 名前:1 ◆fNTnGUb8gY [] 投稿日:2008/04/04(金) 22:31:42.42 ID:+JeDrjNq0

かがみ「な、何すんのよっ!!!」

こなた「目、覚めた?」

かがみ「ぅうるさいっ!!いてて…」

こなた「ゆい姉さんが呼んでるから来て」

かがみ「えっ?」


タタタ…

ゆい「やっと来た!さ、かがみちゃん乗って!」

かがみ「へ?」

ゆい「こなたも一応」

かがみ「あ、うん…」

980 名前:1 ◆fNTnGUb8gY [] 投稿日:2008/04/04(金) 22:37:56.80 ID:+JeDrjNq0

バタン

こなた「何なの?姉さん」

ゆい「ごめんねかがみちゃん、今から警視庁の捜査本部に行くから」

かがみ「へ?」

ゆい「いろいろと事情聴取があるのよ」

かがみ「えぇ…っ?」

ゆい「いや、昨日は流石にあんな状態だったからさ。一旦ゆっくり休ませて、朝一で連れてこいと言われててさ
   その代わり私もみゆきちゃんの家で監視してろってこと言われたから、一緒に寝かせてもらったのさ」

かがみ「事情聴取って…私…」

ゆい「あ、昨日までのことも聞くけどね、それよりもつかさちゃんのことで色々…」

かがみ「……つかさ…」

ゆい「…ごめんね疲れてるのに…。でも…協力してね」

かがみ「…はい!」

989 名前:1 ◆fNTnGUb8gY [] 投稿日:2008/04/04(金) 22:43:05.55 ID:+JeDrjNq0

ブロロロロロ…

ゆい「さてと、最新情報を確認しないと」

ゆい「って運転しながら携帯はダメか。
   こなた、私のカバンから携帯取って、メールチェックしてくれる?」

こなた「ほいほい…」ガサゴソ
こなた「あった」
チャッ

こなた「うお、待受きー兄さんだ」

ゆい「余計なもの見ないでいいから!」

こなた「…えと、警察から3通着てるね」

ゆい「一番新しいの読んで」

37 名前:1 ◆fNTnGUb8gY [] 投稿日:2008/04/04(金) 22:48:57.94 ID:+JeDrjNq0

こなた「えと…0630更新…検問通過なし…
    …
    …
    …」


ゆい「はぁ、特に何も動きが無いみたいだね…」

かがみ「……つかさ…」


ゆい「…とりあえずうちらは今出来る事を!よーし、飛ばしてくよ!!」
パチッ

ファンファンファンファンファンファンファンファン

ゆい「コラーっ!前の車どきなさーーーーい!!
   道を開けろーっ!!」

こなた「ひゃぁぁぁぁ…か、かがみん、シートベルトしたほうが!」


ブォオオオオオン

49 名前:1 ◆fNTnGUb8gY [] 投稿日:2008/04/04(金) 22:55:50.48 ID:+JeDrjNq0

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


……ひっく…ひっく…


つかさ「ぐす…お父さん…お母さん…おねえちゃん…」


ガチャ
ギィィィィィィィ…

男「お食事の用意ができました。こちらへ」

52 名前:1 ◆fNTnGUb8gY [] 投稿日:2008/04/04(金) 22:59:50.00 ID:+JeDrjNq0

トテ…トテ…
男「足元にお気をつけ下さい。」
つかさ「……」

ガララララッ…
つかさ「……」


つかさ「……また、ひとり…?」

男「ご辛抱ください」

つかさ「……食べたくない…」

男「そうおっしゃらず」

57 名前:1 ◆fNTnGUb8gY [] 投稿日:2008/04/04(金) 23:02:56.76 ID:+JeDrjNq0

つかさ「おとうさんは…?」

男「大丈夫です」

つかさ「おかあさんは……?」

男「大丈夫です」

つかさ「……お姉ちゃんたちは…?」

男「大丈夫です」

つかさ「…………」

64 名前:1 ◆fNTnGUb8gY [] 投稿日:2008/04/04(金) 23:07:42.69 ID:+JeDrjNq0

男「冷めてしまいますよ」

つかさ「…いらないもん」

男「そうおっしゃらず」

つかさ「いらない」

男「そうおっしゃらず」

つかさ「…しつこいよ」

男「申し訳ございません」


つかさ「……かがみおねえちゃんは?」

男「………………」

つかさ「…それだけでも教えてください……」

男「…生憎ながら、その後は存じ上げておりません」

つかさ「うそ…」

男「申し訳ございません」

72 名前:1 ◆fNTnGUb8gY [] 投稿日:2008/04/04(金) 23:12:44.79 ID:+JeDrjNq0

男「…四半刻ほどで戻って参ります。水はあちらにありますのでご自由に」

つかさ「しはんこく……?」

男「…30分ほどで戻って参ります。水はあち
つかさ「分かったから」


男「…失礼致します」

ギィィィィ
ガチャ


つかさ「……おねえちゃん…」

80 名前:1 ◆fNTnGUb8gY [] 投稿日:2008/04/04(金) 23:15:29.31 ID:+JeDrjNq0

ぐぅぅぅぅ…

つかさ「……」

ぐぅぅぅぅ…

つかさ「……」

ぐぅぅぅぅ…

つかさ「みんなごめんなさい…我慢できないよぉ…」

カチャ…
ぱく…ぱくぱく…


つかさ「おいしい…」


つかさ「ふ、ふぇぇぇぇん…」

87 名前:1 ◆fNTnGUb8gY [] 投稿日:2008/04/04(金) 23:24:22.20 ID:+JeDrjNq0

男A(さっきの)「食事を与えて参りました」

男B「…んごくろう。んおい、状況は」

男C「未だ突破は難しいかと」

男B「…んむ。んだが、そろそろここも離れんと、いずれはバレるだろう」


男C「あちらの方も膠着状態とのことです」

男B「んむ…。んまさか柊かがみのことがこんなにも早くバレるとはな。
   ん日本の研究者も馬鹿ばかりではないようだ」

男A「いかがいたしますか」

男B「んもう少々待て」

94 名前:1 ◆fNTnGUb8gY [] 投稿日:2008/04/04(金) 23:29:50.92 ID:+JeDrjNq0

カチャ…カチャ…

つかさ「……ごちそうさま」

つかさ「30ぷん…しはんこく?まだかな…トイレ行きたいのに…かぎ開けてくれないと」


つかさ「……バルサミコ酢〜」


つかさ「……バル」ガチャ!
つかさ「ふわぁ!」

95 名前:1 ◆fNTnGUb8gY [] 投稿日:2008/04/04(金) 23:30:10.76 ID:+JeDrjNq0

男A「お食事終了です。こちらへ」

つかさ「あ、ちょっと、ごめんなさい!」
タタッ


グィッ
男A「どちらへ」

つかさ「ふ、ふぇ」

男A「お戻り下さい」

つかさ「ち、ちが…あの、といれ…」

男A「…トイレはベッドルームのみです。こちらへ」

つかさ「うぅ…」

118 名前:1 ◆fNTnGUb8gY [] 投稿日:2008/04/04(金) 23:45:21.39 ID:+JeDrjNq0

男A「足元にお気をつけ下さい」

つかさ「……あの」

男A「はい」

つかさ「……はやく」

男A「……」

つかさ「(ふぇぇぇぇん…)」

120 名前:1 ◆fNTnGUb8gY [] 投稿日:2008/04/04(金) 23:46:20.20 ID:+JeDrjNq0

ガチャ
ギィィィィ
男A「お入り下さい。昼食は、其れ迄にこの建物から移動しない場合、正午からとなります。
   何かお申し付けがあります場合はあちらのベルにて
つかさ「わかったから早く出てってよぅ…」

男A「……失礼致します」
ギィィィ
ガチャン


つかさ「うぅ〜〜〜〜っ!!」
ドタドタ…
バタン!

つかさ「はぁもぅ…さいてぇ…」

124 名前:1 ◆fNTnGUb8gY [] 投稿日:2008/04/04(金) 23:53:25.04 ID:+JeDrjNq0

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ただお「……」
みき「……」
いのり「……」
まつり「……」

ガチャン!

女「ひょーッひょッひょッひょッ!」

ただお「!」

125 名前:1 ◆fNTnGUb8gY [] 投稿日:2008/04/04(金) 23:54:46.99 ID:+JeDrjNq0

女「ゲンキかぁい?神主さん?」

ただお「…」

女「警察どもが厳しくてねぇ、脱出にはもうちょっとカかりそうなんだよ
  それまでオトナしくしてるんだよ?」

ただお「つかさはどうしてる…」

女「ん〜? なんでも朝食をペロリとたいらげたってのはキいたわょ。
  あっちもまだ動けないミタイね〜ぇ」

ただお「……かがみは…」

女「さ〜ぁ?
  ま、あいつもそのうち連レて来ざるを得なくなるからねぇ、それまでのシンボウよぉ」

女「じゃ〜あね」

ガチャン!

135 名前:1 ◆fNTnGUb8gY [] 投稿日:2008/04/04(金) 23:58:40.60 ID:+JeDrjNq0

マイナーキャラ解説

ただお:柊父、鷹宮神社神主
みき:柊ママ、永遠の17歳
いのり:柊長女
まつり:柊次女

ま、あんま重要な役でもないので適当に

138 名前:1 ◆fNTnGUb8gY [] 投稿日:2008/04/05(土) 00:01:14.13 ID:8gNzbXwp0

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

男B「ん時間がもったいないな」


男B「んおいお前、ん好機が来たらすぐに知らせろ」

男C「ハッ!」

男B「んお前、ん採血の用意だ。ん食後30分の血中濃度を見る」

男A「かしこまりました」

145 名前:1 ◆fNTnGUb8gY [] 投稿日:2008/04/05(土) 00:08:33.68 ID:8gNzbXwp0

つかさ「……お姉ちゃん」

つかさ「…こなちゃん……ゆきちゃん」

ガチャ
ギィィィィィィ

つかさ「あ……ぇ!?」

男A「失礼致します。採血をさせて頂きます」

146 名前:1 ◆fNTnGUb8gY [] 投稿日:2008/04/05(土) 00:09:02.17 ID:8gNzbXwp0

つかさ「も、もうやだぁ!!痛いの嫌!!
    わたしの血、なくなっちゃうよう!」

男A「大丈夫です」

男A「毎回の食事には造血を亢進させる作用を持つ食材を選んでおります。
   日に2度ほど、計10mL採血するだけでは貧血の心配はございません」

つかさ「!!!」

男A「静止して下さい」

つかさ「いやぁぁぁぁぁ!!」

男A「静止して下さい」
ググッ…

つかさ「あ痛!痛い、いたいよう!!離して!!!」

男A「すぐ済みます」

157 名前:1 ◆fNTnGUb8gY [] 投稿日:2008/04/05(土) 00:12:48.56 ID:8gNzbXwp0

プツッ
つかさ「んッ!!」


男A「終了しました。ありがとうございました。」

つかさ「ひぃ…ひっぐ…」

男A「こちらのガーゼで穿刺部を5分ほど軽く圧迫下さい」


ギィィィィ
ガチャ

162 名前:1 ◆fNTnGUb8gY [] 投稿日:2008/04/05(土) 00:16:16.97 ID:8gNzbXwp0

男A「採血して参りました」

男B「んごくろう。…どれどれ、早速検査を…」


男A「いかがでしょう」

男B「んまぁ待て、ん反応が完全に終了するまで10分はかかる」

168 名前:1 ◆fNTnGUb8gY [] 投稿日:2008/04/05(土) 00:20:25.36 ID:8gNzbXwp0

男B「んどれどれ…んおおっ!!」

男A「いかがです」

男B「んむ、ん昨日の食後2時間値よりも約70%の濃度上昇が見られる!

男A「70%!」

男B「ん食後急激に増加し、ん短時間で消滅するようだな。これほどの量が取れるならば、人工的に量産せずとも…」

176 名前:1 ◆fNTnGUb8gY [] 投稿日:2008/04/05(土) 00:30:29.24 ID:8gNzbXwp0

男B「ん柊つかさの変異遺伝子が作り出す未知の脂肪酸、んこいつはとてつもない金になる!
   んあの化学構造…まさにエネルギーの塊じゃ!」

男A「素晴らしい発見です」

男B「んそうだな…んこの化合物にも名前をつけてやらんといかんな」

男A「名前ですか」

男B「んむ、そうだ…ん柊つかさが良く口走っている言葉を借りて」
   バルサミックアシッドというのはどうだ?」

男A「素晴らしいです」

男B「…んおまえはもう少し反応をせい」

181 名前:1 ◆fNTnGUb8gY [] 投稿日:2008/04/05(土) 00:34:01.17 ID:8gNzbXwp0

男C「お電話です」

男B「んむ」


女「モシモシー?Bさんかぁい?」

男B「んむ、どうした」

女「一部手薄そうなところをミつけたよぉ。チャンスかもしれないよぉ」

男B「んそうか…行くか…」

女「ねぇねぇ、うちらんとこにいる家族はどうすルんだぁい?」

185 名前:1 ◆fNTnGUb8gY [] 投稿日:2008/04/05(土) 00:38:43.52 ID:8gNzbXwp0

男B「ん奴らからは何も取れなかった、んただのカスだ。
   ん邪魔なら始末してしまえ」

女「始末ぅ?一緒にあっちの国へ連れてっちゃだめかぁい?」
  色々役立ちそうなんだよねぇ」

男B「ん好きにしろ…んだがヘマはするなよ」

女「大丈夫よぅ…あんたの捏造研究じゃぁあるまいしぃ」

男B「!!!」

女「ふふ……じゃあ、後で落ち合うわよぉ」

189 名前:1 ◆fNTnGUb8gY [] 投稿日:2008/04/05(土) 00:41:45.63 ID:8gNzbXwp0

男B「ん急いで車に荷物を詰め込め。ん街道を抜け、そのまま船の停泊場所まで進む」

男A「はっ」

男B「ん北朝鮮へ逃げちまえばこっちのもんだ…んあとは柊つかさの研究を進め、ふふふ…」

192 名前:1 ◆fNTnGUb8gY [] 投稿日:2008/04/05(土) 00:44:00.56 ID:8gNzbXwp0

男A「出発です」

つかさ「………」

男A「うまく行けば、お父様方と再会できます。そのためにもご協力下さい」

つかさ「…かがみおねえちゃん」

つかさ「かがみおねえちゃんとは逢えないの?」

男A「ご辛抱下さい」

つかさ「……」

198 名前:1 ◆fNTnGUb8gY [] 投稿日:2008/04/05(土) 00:50:55.33 ID:8gNzbXwp0

事情聴取中…

警官「なるほど…」

かがみ「はい…」

警官「あーん、では、つかささんに最後に逢ったのはいつだね?」

かがみ「えと…一昨日の昼休み、学校でお昼ご飯を食べたときです。」
    その後は…私が放課後図書館に残っていて、つかさはこなたと先に帰ったらしいので…」

警官「そうか、君はつかささんとどこで別れた?」

こなた「私は動物動物公園の駅で降りました。つかさはそのまま電車に…」

警官「ふーむ、では、その後の状況は研究所の者のみが知るか…
   誰か目撃者がいないか探してみるか」

204 名前:1 ◆fNTnGUb8gY [] 投稿日:2008/04/05(土) 00:55:31.38 ID:8gNzbXwp0

かがみ「あ…」

警官「どうしたね?」

かがみ「つかさ、その後ちゃんと家に帰ってます」

警官「何?」

かがみ「私、みんなに避けられるようになったあと…家族なら残ってくれてるかなって、自転車で家まで行ったんです…」
    着いた時は誰もいなかったけど、おにぎりが作ってあって、その、つかさがいつも作ってくれるやつだったんです。
    海苔の貼り方が変わってて…」

警官「…」

かがみ「で、便箋に走り書きみたいな字で、」

かがみ「…おねえちゃんごめんね、って……」

206 名前:1 ◆fNTnGUb8gY [] 投稿日:2008/04/05(土) 01:01:44.13 ID:8gNzbXwp0

かがみ「家に、そのままにしてきました
    たしか、おにぎりを食べて、着替えとかを持って、東京に向かって…」

警官「…よし、君の家に行ってみよう。手がかりがあるかもしれん。
   一緒に来てくれ。
   おい、成実、おまえと、あと何台か応援を頼む」

ゆい「は、はい!」

こなた「…私も行く」

ゆい「こ、こなた?」

こなた「お願い…」

208 名前:1 ◆fNTnGUb8gY [] 投稿日:2008/04/05(土) 01:04:43.70 ID:8gNzbXwp0

警官「…よし、君も重要参考人だ、来てくれ
   成実、運転は任せたぞ!」

ゆい「は、はい!ブッチギリます!」


かがみ「こなた…」
こなた「…かがみ、頑張ろう!」
かがみ「…うん!」

ゆい「乗って!」

212 名前:1 ◆fNTnGUb8gY [] 投稿日:2008/04/05(土) 01:07:57.32 ID:8gNzbXwp0

ゆい「1時間で着く!!」
警官「頼むから、安全にな…」
ゆい「だいじょうぶ、死なない限り生きてる!!」
こなた「???」
ゆい「GOーーーーーーーーーー!!」

バォオオオオオン!!

215 名前:1 ◆fNTnGUb8gY [] 投稿日:2008/04/05(土) 01:11:47.82 ID:8gNzbXwp0

ゆい「もうすぐよー!!」
こなた「ふひぃ…やっと解放される…」

かがみ「この辺りはまだ人が帰ってきてないみたいね…まぁ昨日の今日だし…」

ゆい「ここだねっ!?」
かがみ「あ、はい」

キッ

バタッ

かがみ「いま、鍵開けます」
警官「うむ」

こなた「………ん?」

217 名前:1 ◆fNTnGUb8gY [] 投稿日:2008/04/05(土) 01:13:06.13 ID:8gNzbXwp0

ゆい「どしたのこなた?」

こなた「神社のほう…誰かいる…?」

かがみ「えっ!?」

220 名前:1 ◆fNTnGUb8gY [] 投稿日:2008/04/05(土) 01:18:20.07 ID:8gNzbXwp0

そーっ…
かがみ「………人!?」
こなた「賽銭ドロボー?」
ゆい「とりあえず、捕まえるか…頼みます」
警官「よし…」


警官「おい君、何をしている?」
人「!?」

ダッ!
こなた「あっ逃げたっ!」
ゆい「逃がさないよー!」
ダッ!

バキッ!
ゆい「あぃでっ!」

221 名前:1 ◆fNTnGUb8gY [] 投稿日:2008/04/05(土) 01:20:51.39 ID:8gNzbXwp0

こなた「姉さん!…このやろっ」
ダダッ!
かがみ「うお、速っ!」

人「くそ!」
ビュウン!
こなた「ふん!!」
バシッ!
かがみ「パンチを受け止めた!」

こなた「でぇぇりゃあああああああああ!!」
ズドーン!!

224 名前:1 ◆fNTnGUb8gY [] 投稿日:2008/04/05(土) 01:24:46.79 ID:8gNzbXwp0

かがみ「一本背負い…
    こなたの格闘技初めて見たけど、本当に強いのね…
    てか、警察官…」

ゆい「あててー、くそー、こなたに助けられるとは…」


人「くそ・・・っ」
かがみ「あ、あんたは!?」

こなた「知ってるの?」

かがみ「確か、美水会の…」

229 名前:1 ◆fNTnGUb8gY [] 投稿日:2008/04/05(土) 01:29:48.71 ID:8gNzbXwp0

こなた「び、びすいかい?」
ゆい「確か、この辺りに本部を持ってる新興宗教だよね?」

かがみ「はい。
    そこは、うちに敵対心を持ってるみたいで…
    最近、良くうちの神社の鳥居に落書きしたり、変な文章を送りつけてきたりしてたんです」

こなた「マジ?そんなこと知らなかったよ」

かがみ「…言っても仕方ないからね」

ゆい「この変じゃ鷹宮神社と言ったら、かなり有名な神社だよね。
   その美水会に取っては邪魔だったんじゃないの?」

231 名前:1 ◆fNTnGUb8gY [] 投稿日:2008/04/05(土) 01:33:40.06 ID:8gNzbXwp0

かがみ「ええ…お父さんとも揉めてたらしいわ…」

こなた「その美水会の人間が、ここで何をしようとしてたの?
    てか、なんでここに残ってたの?みんな逃げてたのに…」

人「……」

こなた「言わないつもり?」
パキッ…ポキッ…

人「ヒ、ヒィィ…」

235 名前:1 ◆fNTnGUb8gY [] 投稿日:2008/04/05(土) 01:39:31.43 ID:8gNzbXwp0

人「こ、この隙に神体を壊せば…鷹宮神社を潰せると…」
かがみ「なぁんですってぇ!!?」
こなた「なんという狂信者」
ゆい「なんだろうねえ…」

警官「俺空気…」
プルルル
警官「はい。」

警官「…はい!わかりました!」

239 名前:1 ◆fNTnGUb8gY [] 投稿日:2008/04/05(土) 01:44:11.01 ID:8gNzbXwp0

びすいはわざと><
よしみず先生とは一切関係ありません


ゆい「どうしたの?」
警官「その男、確保だ。本部へ移送する」

かがみ「?」

警官「押収したパソコンのデータを復元したところ、
   例の研究所が美水会に資金提供を受け、結託していたことが分かったらしい」
   …そして、遂に網に掛かったようだ」

242 名前:1 ◆fNTnGUb8gY [] 投稿日:2008/04/05(土) 01:50:24.59 ID:8gNzbXwp0

ゆい「例の、ネズミ捕り?」
警官「ああ、怪しいトレーラーが2台、立て続けに通過したそうだ」
かがみ「それって」
警官「恐らくは犯人グループだろう」

こなた「つかさ達もそこに…?」

警官「ああ、もう大丈夫だろう。さぁ、我々は本部に戻ろう」
かがみ「……つかさ…お父さん…お母さん…」


かがみ「成実さん!」
ゆい「ほえ?」
かがみ「私たちも、追跡に!」
こなた「え…おおお!」
警官「何言ってるんだ、あとは警察に任せといて君たちは帰るんだ!」

かがみ「嫌!
    つかさは私が助ける!!」

244 名前:1 ◆fNTnGUb8gY [] 投稿日:2008/04/05(土) 01:55:04.62 ID:8gNzbXwp0

こなた「かがみ…」

かがみ「つかさ…つかさに早く逢いたい…」
警官「だから、待ってれば…」
かがみ「うるさいわよっ!
    それにねぇ…犯人たちは、一発ぶん殴ってやんなきゃ気がすまないっ!」

こなた「…ふふ、そだね…」
    …姉さん」

ゆい「こりゃー後で始末書かなー。
   じゃ、ここは任せたっ!さぁパトカーに!」

警官「ちょ、おい!」

かがみ「よーーっし、行くわよっ!」

250 名前:1 ◆fNTnGUb8gY [] 投稿日:2008/04/05(土) 02:02:14.02 ID:8gNzbXwp0

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

つかさ「……」

男A「…おかしいですね」

男B「ん何がだぁ?」

男A「先ほどから、対向車が全くありません」

男B「…ん事件の後を引きずってるんだろう…
   んおい、んもう少し速く走らせろ」

男A「分かりました」

255 名前:1 ◆fNTnGUb8gY [] 投稿日:2008/04/05(土) 02:06:11.92 ID:8gNzbXwp0

プルルル…

ピッ
男B「んもしもしぃ?」

女「ヤッっちまったね…。速く逃げろたほうがいいよっ…」
ピッ

男B「んおい…?んおい、美水!
   ん何だってんあだぁ!?」

男A「…もしかすると、罠…」

男B「んだとぅ!?おい、飛ばせ!ぶっちぎれば大丈夫だ!!」

258 名前:1 ◆fNTnGUb8gY [] 投稿日:2008/04/05(土) 02:11:36.72 ID:8gNzbXwp0

ブゥイイイイイイン

男A「…!!」


プァンプァンプァンプァン…

『前の対向車、止まりなさい!』

男A「どうします」

男B「ん突破だ!ん最高速だ!」

『止まりなさい!止まりなさい!』

ブゥウウイイイイイイイイイイン!!!!


男B「んびっくりさせやがって。
   んおい迂回しろ。ん美水の車とは別の道を行け」

男A「はい」

264 名前:1 ◆fNTnGUb8gY [] 投稿日:2008/04/05(土) 02:22:30.25 ID:8gNzbXwp0

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

警察A「来ないな…」
警察B「ですね…」
警察A「感付かれたか?」

美水「(電話間に合ったみたぃねぇ…せめてあいつらだけでも北に渡ってくれればぁ、
    北の支部と合流して、ツカサで金儲けをして、私が帰るまでに美水会を発展させられる…)」
警官C「おい、速くパトカーに乗れ」
美水「うるさいわねん…まったく、待ち伏せなんてヒキョウよん」
警官C「人攫いが何を言う、全く…とんだ教祖様だな…」

美水「(しかし…鷹宮神社の人間を失踪させてぇご神体を壊しぃ、神社を潰す作戦は失敗かぁ…
    苦労したのにぃ…)」

268 名前:1 ◆fNTnGUb8gY [] 投稿日:2008/04/05(土) 02:27:40.95 ID:8gNzbXwp0

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

男B「んむ、んどうやら追っ手は…」

男A「…いえ……」

男B「んん…?くそ、ん3台も…」

ファンファンファンファン

『前のトレーラー!止まりなさい!』


男B「んケッ!行けぇ!」

274 名前:1 ◆fNTnGUb8gY [] 投稿日:2008/04/05(土) 02:38:57.25 ID:8gNzbXwp0

警官D「何だあのトレーラー、改造車か!?追いつけん!」
警官E「配備部隊はまだなのか!?逃がしてしまうぞ!」


ブゥイイイイイイイン

ゆい「あれだ、あのトレーラーだ!」

こなた「やっと見えてきた!でも…速い!」

かがみ「他のパトカーも追いつけてないわ、どうなってんの?」


ゆい「…確かに速いわね、そのまま追ってたら追いつけないわ」

こなた「…どうする?」

ゆい「…日本の警官は真面目すぎるから行けないんだよ」

かがみ「…?」

275 名前:1 ◆fNTnGUb8gY [] 投稿日:2008/04/05(土) 02:39:09.50 ID:8gNzbXwp0

ブゥイイイイン!!


警官D「おい、後ろ…」
警官E「ん…?
    なんだあの車、婦警が運転してる…」


ブゥオオオオオオン


ガーッ

こなた「姉さん、窓開けて何を…」

ゆい「始末書が怖くて人が助けられるかっ!!
   いくぞっ、シャープシューターゆいちゃんっ!!」

かがみ「えぇぇぇぇぇぇっ!?」

バギュ!バギュ!バギューーーーーンッ!!

280 名前:1 ◆fNTnGUb8gY [] 投稿日:2008/04/05(土) 02:42:00.89 ID:8gNzbXwp0

バァン!
男A「何ですとっ!?」
キキィッ!!

ドン!
つかさ「うわぁっ!」
男B「ングゥオッ!!
   …んおい、んなんで止まる!」

男A「…タイヤを撃たれたようです」

男B「んまさか!?」

285 名前:1 ◆fNTnGUb8gY [] 投稿日:2008/04/05(土) 02:46:24.74 ID:8gNzbXwp0

こなた「片手で車を高速で運転し、もう片手でタイヤを撃ち抜くとわ…」

ゆい「まぁ3発のうち1発しか当たってないけどね!でもすごいでしょ!止めたよ〜」

かがみ「いや、あの…つかさが乗ってること忘れてませんか…?」
    撃つにしてももうちょっと安全な方法で…」

ゆい「……あ、いや、そうね…でも結果おーらいって…ことで…」

こなた「エキサイトするとすぐこれだ…」


キッ
キキーッ

ゆい「さあ、観念して出てきなさい!」

289 名前:1 ◆fNTnGUb8gY [] 投稿日:2008/04/05(土) 02:51:00.53 ID:8gNzbXwp0

男A「これまでですか…」

男B「んばぁかやろう!!んまだだぁ!」


ガーッ

こなた「窓が開いたっ!?」

ゆい「……?」
ジリ…ジリ…


男B「んおっとぉ!!それ以上近づくなぁぁぁあ!!!」

かがみ「つかさ!」

男B「ん近づいたらこいつをメッタ刺しにしてやんよぉ!!」

294 名前:1 ◆fNTnGUb8gY [] 投稿日:2008/04/05(土) 02:56:08.59 ID:8gNzbXwp0

つかさ「お姉ちゃん!!こなちゃん!!」

男B「んテメェは黙ってろ、血ィ抜くぞ!!」

かがみ「ちゅ、注射器…?
    あんなもんで脅して…」


こなた「いや、あれは… 危険…
    目にでも刺されたら…」

かがみ「目…ひ、ひぃぃぃぃぃ!
    つかさぁぁぁぁぁぁぁ!!!」

ゆい「クッ…」

男B「んおい警官どもぉ、ん銃は捨てろ」

304 名前:1 ◆fNTnGUb8gY [] 投稿日:2008/04/05(土) 03:03:55.78 ID:8gNzbXwp0

男B「んさてと…おい男A、ん車は動かせそうか?」

男A「パンクはしているようですが、ここから逃げるくらいは可能でしょう」

男B「んよぉし……おい警官ども、んパトカーから離れろぉ!」


ゆい「……」
警官「……」

男B「ん早くしろぉ!こいつの体に無数の穴が開くぞ!!」

かがみ「やめて!!お願い!!!」

ジリ…ジリ…

男B「んし…いいか、んそこから絶対に動くな…」

308 名前:1 ◆fNTnGUb8gY [] 投稿日:2008/04/05(土) 03:09:18.14 ID:8gNzbXwp0

男B「んそれから…んぉい、そこの青い髪の小さいの…んおまえだけこっちへ来い…」

こなた「…わ、私?」

男B「んそうだ…早く来い…んでないとこいつは…」

こなた「…やめろ!…わかった」

男B「んよぉし、んテメェも人質だ」


つかさ「こ、こなちゃん…」

こなた「……」

男B「んいいか!警察ども!
   んおまえたちが追ってこなければ、このガキは途中のどこかの道で解放してやる!
   んただしぃ!追ってきていることが分かれば…こいつを殺す!んいいな!」

317 名前:1 ◆fNTnGUb8gY [] 投稿日:2008/04/05(土) 03:15:52.82 ID:8gNzbXwp0

男B「んさぁ、乗れ…」
こなた「……」

つかさ「こなちゃん…」

男B「んだお前ら、知り合いか?」

こなた「…そぅだよ」

男B「んイトコかなんかか?んおいガキ、てめぇ幾つだ」

こなた「……幾つに見える?」

男B「ん生意気なガキだな、小坊の癖に…」


男B「!!」

322 名前:1 ◆fNTnGUb8gY [] 投稿日:2008/04/05(土) 03:23:08.79 ID:8gNzbXwp0

グググ…
男B「ぐ、ぐぉ…」

男A「ぇ…ぁ…?」

バキッ!!(蹴り)
男A「ぎゃっ!!」

こなた「ねぇ…人を見かけで判断しちゃ…ダメなんだよ?」
    あんた…二つぐらい間違ってる…」
ググ…

男B「ぐ、ぐるじ…」


こなた「私は…18歳の女子高生だよ…」


ググッ
男B「や、やめ…」

こなた「でね、も一つ…私が弱そうで人質にちょうどいいと思ったんでしょ?
    …残念だったね」

328 名前:1 ◆fNTnGUb8gY [] 投稿日:2008/04/05(土) 03:26:34.45 ID:8gNzbXwp0

ググ…
男B「す、すびば…せ…」

こなた「…許しは私じゃなくて、そこのつかさと…
    あんたがダシにつかったかがみに言いな…」


こなた「かがみん、パーーーーーース!!
    でぇぇりゃああああああっ!!!!!」

ブゥン!!

ドッシャーーーーーン!!

332 名前:1 ◆fNTnGUb8gY [] 投稿日:2008/04/05(土) 03:29:18.46 ID:8gNzbXwp0

男B「んうぐぁッ…ん…?」

かがみ「……」


男B「…ん…!!?
   …柊かがみ!!?」

かがみ「どぉりゃああああああああっ!!」
ミシィッ…!!

334 名前:1 ◆fNTnGUb8gY [] 投稿日:2008/04/05(土) 03:31:49.46 ID:8gNzbXwp0

男B「んギ…ギエ…ピー…………」


こなた「おお決まった、かがみんのスーパー百貫キック!」
かがみ「誰が百貫だ!!」


かがみ「……あ…」


つかさ「…お姉ちゃん……」


かがみ「…つ、つかさぁぁぁぁぁぁっ!!」
つかさ「おねぇちゃあああああん!!」

343 名前:1 ◆fNTnGUb8gY [] 投稿日:2008/04/05(土) 03:37:32.42 ID:8gNzbXwp0

つかさ「うっ、うっぐ、おね…ちゃん…うっ」
かがみ「つかさ、良かった、つかさ…!」
ギュッ…


こなた「あーあ、直接救ったのはこの私なのに…やっぱ姉妹愛の方が上か…
    なんてね」


かがみ「ほら、こなたにお礼言わなきゃ…」
つかさ「うぅ、うぐ……こなぢゃ、あり、ありがと…ぅっ…」
こなた「よしよし、もう大丈夫だからね…」
かがみ「うぅ…こなた…本当にありがとう…」

355 名前:1 ◆fNTnGUb8gY [] 投稿日:2008/04/05(土) 03:44:40.80 ID:8gNzbXwp0

―――――それから

私とつかさは無事、お父さん達とも再会することができた。

…涙は、いくら泣いても涸れることなんてなかった。


研究者グループと美水会の中心人物は全員逃がすことなく逮捕され、事件はようやく収束した。


…研究者グループのボスらしき男Bは、こなたと私があまりに怖かったのか錯乱気味で、
パトカーの中で『うわー!かがみだー!かがみが出たぞー!』などと呟いていたらしい。
…まぁ、自業自得よね

365 名前:1 ◆fNTnGUb8gY [] 投稿日:2008/04/05(土) 03:53:28.00 ID:8gNzbXwp0

事の真相も明らかになった。


捏造された私の研究資料は、本当はつかさの研究資料であった。
癌などのところは全くの虚偽であったが、つかさが特殊な遺伝子を持っていたのは本当らしい。

例の研究所は元々美水会の出資機関であり、研究所の人間が美水会に話を持ちかけたところ…
つかさを拉致するついでに、邪魔な鷹宮神社を壊滅させる計画を思いついたらしい。それが今回の事件だ。

Winnyで捏造ファイルを流出させたのも、最初に「かがみが出たぞー!」などと煽動したのも、美水会の信者だったらしい。
…まさかそんなに影響力がある宗教だったなんて、お父さんも大変だったんだな…。

368 名前:1 ◆fNTnGUb8gY [] 投稿日:2008/04/05(土) 04:00:43.18 ID:8gNzbXwp0

美水会の教祖、チョウ・ビスイは実は北朝鮮国籍の人間で、向こうではかなり力を持っているらしかった。
お父さんたちやつかさを北朝鮮に連れて行った後、いずれは私も回収して、向こうで生活させようとしていたとのこと。

その他、色々聞いた…けどもう覚えていない。


長い長い事情聴取が終った後、みなみちゃんやゆたかちゃんとも再会した。
二人とも、いつまでも必死で謝っていて、逆にこっちが悪い気分になってしまった。
まぁ、あのとき蹴られた痛みとショックは、まだちょっと忘れられそうにないけどね…w

377 名前:1 ◆fNTnGUb8gY [] 投稿日:2008/04/05(土) 04:05:05.44 ID:8gNzbXwp0

1週間くらいすると、ほとんどの人が埼玉に戻ってきた。
ゴーストタウンと化していた埼玉南部は、昔のようなベッドタウンに戻った。

人がいなかった間、泥棒とかの被害はほとんど発生していないらしい。
ただ、草加のダイエーだけは、思いっきり荒らされた形跡があった(とくに食品売場)と新聞に載っていた。
あはは…もちろんこのことは秘密である。
あの二人のことは載ってなかったから、たぶんうまく逃げたんだろう。

383 名前:1 ◆fNTnGUb8gY [] 投稿日:2008/04/05(土) 04:10:45.46 ID:8gNzbXwp0

…少しして、こなたに指輪を貰った。意味が分からなかった。
「いつか、その姉妹愛をも超えてみせる!」とか、これまた意味の分からないことを言っていた。

こなたに問いただすと、「私と再会したときはあんなにデレデレだったのに…寂しいよ…」
とか言って擦り寄ってきたから、とりあえずひっぱたいておいた。

姉妹愛と他人同士の愛を比べるなっつの。
あ、いや、愛じゃなくて、何ていうのかしら…まあいいわ。

386 名前:1 ◆fNTnGUb8gY [] 投稿日:2008/04/05(土) 04:15:03.60 ID:8gNzbXwp0

つかさは、信頼できる医療機関で再検査を受けた。
やっぱり本当に、特殊な物質を持っているらしい。
エネルギー危機が救われるかもしれないとか。何のこっちゃ。

それからというもの、鷹宮神社の参拝客がうなぎのぼりに増加した、
時の人であるつかさに、そして何故か私に逢おうと、全国からこぞってやって来ているらしい。

395 名前:1 ◆fNTnGUb8gY [] 投稿日:2008/04/05(土) 04:21:35.57 ID:8gNzbXwp0

私が逆境を一人で乗り切り、そして妹を助け出したスーパーマンだと、マスコミに報道されたらしい。
全く、どっから話を聞いたんだ?それこそ、半分くらい捏造じゃないのか…?

ともあれ、鷹宮神社は潰れるどころか倍以上の賑わいを見せるようになった。
本当に…何が何だか分からない…けど、嫌ではない。

401 名前:1 ◆fNTnGUb8gY [] 投稿日:2008/04/05(土) 04:27:10.72 ID:8gNzbXwp0

まつり「ちょっと、かがみー。参拝客の人がいっぱい来てるわよ?
    神社の方に顔出してあげたら?」
かがみ「えー…まったく、これだから日曜日は嫌なのよ…」
つかさ「お姉ちゃん、頑張ってね♪」
かがみ「あんたは来ないのか!」
つかさ「しゅ、宿題がおわらなくて…」
かがみ「まったく…」

かがみ「うわ…予想以上にいるわね…
    もう芸能人気分は嫌よ…もみくちゃにされるだけだし」
    まだ気づかれてないし、やっぱ、こっそり戻ろ…

かがみ「…あれ? こなた…」

403 名前:1 ◆fNTnGUb8gY [] 投稿日:2008/04/05(土) 04:31:35.22 ID:8gNzbXwp0

こなた「……ん?私のセンサーが臭いよね〜と感じ出したよ…」


こなた「………あっ!!」


こなた「おおー!かがみだ、かがみが出たぞー!!」

参拝客「!?」

かがみ「うぇ゛…!?」

参拝客「おおーーーーーーーーーーーーーーっ!!」


かがみ「ちょっと、こなたぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!」


       「うわー!かがみだ、かがみが出たぞー!!」 完

418 名前:1 ◆fNTnGUb8gY [] 投稿日:2008/04/05(土) 04:38:12.34 ID:8gNzbXwp0

>>409
dクス。早速頂きました


懺悔

gdgdすみませんでした。すべて行き当たりばったりです
いろいろとすみませんでした。
こんなものに長々とお付合い頂いて、本当にありがとうございました。

421 名前:1 ◆fNTnGUb8gY [] 投稿日:2008/04/05(土) 04:41:57.91 ID:8gNzbXwp0

矛盾点いろいろあるでしょうが、各自脳内保管ということで。
それではお休みなさい。


ギエピーwwwwwwwwwwww



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:コナン「おっちゃんが麻酔中毒になって家庭崩壊した」