キョン「なんだこのトランク・・・ん?中に人形が」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:レイ「家政婦の…綾波です…」シンジ「…え?」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/31(月) 20:28:09.35 ID:EH8SpahIi

キョン「螺がある・・・嫌な予感がするが巻いてみるか」

水銀燈「私はローゼンメイデンの第1ドー」

バタンッ

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/31(月) 20:34:26.40 ID:EH8SpahIi

水銀燈「ちょっとちょっとぉ!何するのよぉ!」

キョン「またか・・・またハルヒの仕業なのか!?」

水銀燈「ちょ、ちょっと」

キョン「とにかく学校へ行こう。長門か古泉なら何か知ってるかもしれん」

水銀燈「聞きなさいよぉ!!」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/31(月) 20:41:46.88 ID:EH8SpahIi

キョン「頼む長門か古泉!部室にいてくれ」

ガラッ

長門「・・・」

キョン「長門!良かった!聞いてくれ実は」

翠星石「お前だれですか!名乗りやがれですぅ」

キョン「!!!!」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/31(月) 20:47:10.48 ID:EH8SpahIi

キョン「な、長門それは・・・」

翠星石「それって翠星石のこと言ってるですか!?人間の癖に生意気ですぅ」

ガラッ

古泉「おや何だか賑やかですねー」

キョン「こ、古泉!助かった!俺は何がなんだか分か」

蒼星石「マスター、この人達はお知り合いですか?」

翠星石「あっ、蒼星石!」

キョン「!!!!」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/31(月) 21:00:43.29 ID:EH8SpahIi

キョン「お、おいこいず」

ガラッ

みくる「こんにちわぁ〜なんだか賑やかでしゅねぇ〜」

キョン「朝比奈さ・・・ま、まさか」

雛苺「ここにうにゅ〜があるのー?ヒナおなかすいたのー」

ガラッ

鶴谷「ハルにゃんはいるか〜い?ここに喋る人形がー」

金糸雀「あー!みんなこんなところで何してるのかしら〜!?」

キョン「ハハッ ワロス」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/31(月) 21:11:59.93 ID:EH8SpahIi

水銀燈「もぉ、あの人間どこに行ったのよぉ」

真紅「あら、水銀燈」

水銀燈「し、真紅!?」

真紅「何をしているの?」

水銀燈「それはこっちの台詞よ!ここで会ったが百」

真紅「普通の人間に興味がないって言う私の契約者が、先に部室に行ってろって言うから向かってる途中なのだわ」

水銀燈「ひゃ、百年・・・」

真紅「あなたも一緒にどう?ヤクルトもあるわよ?」

水銀燈「ご一緒するわぁ」


あとは・・・任せた・・・

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/31(月) 21:50:30.85 ID:EH8SpahIi

ガラッ

真紅「騒がしいのだわ」

水銀燈「あぁっ!人間!見つけたわぁ!」

キョン「げっ」

雛苺「真紅と水銀燈なのー」

翠星石「なんで一緒に登場してるですぅ?ニヤニヤ」

蒼星石「翠星石、仲良しなのは良い事だよ」

水銀燈「なっ!私は」

金糸雀「キョンー!カナと遊ぶのかしらー」

キョン「お、おい」

雛苺「ずるいのーヒナも遊ぶのーっ」

翠星石「チビたち離れるですぅー!こいつは翠星石と蒼星石の家来ですぅ!」

キョン「ぐはっ、千切れる!」

古泉「僕も遊ぶですー」

蒼星石「マスター・・・」

78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/31(月) 22:12:27.76 ID:EH8SpahIi

ハルヒ「喋る人形なんて珍しいと思わない!これは不思議発見よ!!」

キョン「ハ、ハルヒ・・・実際珍しいどころじゃないぞ」

ハルヒ「世間に発表してTV出演のギャラががっぽり政府からの実験要請でNASAにもお呼びが・・・」

キョン「ハルヒ!?」

みくる「そ、そんな事できましぇ〜ん!!」

雛苺「こわいのこわいのー!!」

古泉「何だか様子がおかしいですね」

真紅「水銀燈!まさかあなた・・・」

水銀燈「なっ、なによぉ!私は何もしてないわぁ!」

ハルヒ「真紅!あなたがいれば世界中の謎を」

長門「・・・デュクシ」

120 名前:>>78[] 投稿日:2008/03/31(月) 23:30:30.41 ID:EH8SpahIi

水銀燈「・・・・・・??」

キョン「な、何が起こったんだ?」

長門「色々と危なかったから情報操作した」

古泉「Nice!!」

みくる「あのままだと涼宮さんを止めなくちゃなりませんでしたからねぇ〜」

古泉「そうなると閉鎖空間が・・・」

キョン「しかし何でハルヒはあんな?」

古泉「突然喋って動く感情を持った人形がこんなに現れたら」

みくる「でしゅよねぇ〜」

翠星石「あの人間恐ろしいですぅ・・・」

真紅「彼女はどうなってしまうの?私の契約者は?」

長門「真紅の契約者はあなた」

キョン「・・・は?なっ」

水銀燈「なによそれぇぇぇー!!」

キョン「ビクッ」

125 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/31(月) 23:46:52.89 ID:EH8SpahIi

蒼星石「・・・マスター、金糸雀の姿が」

古泉「そう言えば見えませんね。長門さんこれは?」

長門「・・・情報操作が不完全」

キョン「鶴谷さんの姿も見えないが・・・」

長門「・・・彼女は涼宮ハルヒの力を知らない。
   記憶の改竄をしたが彼女の人形、契約にまで力が回らなかった」

みくる「記憶も改竄したから契約もなくなったってことでしゅよね?」

古泉「そして人形が消えた・・・」

長門「・・・真紅の契約は問題無かった。
   ただ・・・人形達に強い力がかけられていて一体にしか集中できなかった」

真紅「金糸雀は大丈夫なの?」

長門「・・・確定はできない」

雛苺「もう・・・金糸雀に会えないの?金糸雀いなくなっちゃったの?」

長門「・・・・・・」

134 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/01(火) 00:00:54.92 ID:YPCwdtq0i

キョン「長門のせいじゃない、ハルヒの暴走はいきなりだったんだ」

古泉「そうですね。彼女の力を知っている僕達以外に人形の存在を知られると、色々と面倒な事が起こる可能性もありますし」

みくる「それに私達の方の契約は消えてないみたいでしゅしねぇ〜」

蒼星石「僕と翠星石、それに雛苺の契約は継続していると言う事だね」

翠星石「あっ!廊下にさっきの人間二人が倒れてやがるですぅ」

古泉「では、とりあえず人形達の事は内密にしましょう。
   涼宮さんと鶴谷さんは保健室に連れていきます」

キョン「じゃ、じゃあ俺も」

古泉「あなたは人形達とここに残っていて下さい。朝比奈さん、長門さん、一緒に来て頂けますか?」

みくる「はっ、はひぃ〜」
バタンッ

キョン「・・・・・・」



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:らき☆すたの世界で白石がのしあがるようです