夜神月「長門有希、○○の場所で全裸になり絶頂の後、腹上死」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:出木杉「0点って良いなぁ。」

ツイート

154 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/21(金) 20:44:23.34 ID:IeEoY/pD0

部室にて

ハ「みんな遅いわねー。なにやってんのかしら」
キ「しようがないだろ・・・長門や朝比奈さんや古泉だってそれぞれなんかやらなきゃならん事があるだろうし・・・」
ハ「それにしても遅いわ!団員にあるまじき失態よ!」

ガチャ

ハ「遅い!」
ミサ「すいませぇん。遅れましたぁ」
キ「・・・誰だ?」
ミ「キョンひどーい!ミサミサを忘れるなんてぇ!」
ハ「キョン知り合い?」
キ「は?俺は知らな・・・ちょっ。ぶわっ・・・苦しい苦しい!俺に抱きつくな!」
ハ「・・・へぇ、ミサミサっていうんだぁ・・・」
キ「!?」

157 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/21(金) 20:58:05.71 ID:IeEoY/pD0

キ「ちょ。ハルヒ!お前なんで怒ってんだよ!だから苦しいって!」
ハ「あんたねぇ・・・この部室に女の子を連れてきてさらにイチャつくなんて・・・良い御身分じゃない」
キ「だから違うって!俺の話をむぐっ!」
ミ「やめてー。キョンをいじめないで!あなたキョンのなんなの!?てか誰なの!?」
ハ「あなたこそ誰よ!」
ミ「私は弥海砂。流行の最先端を行く超人気アイドルだよ!?知らないの!?しかもここにいるキョンは私の彼氏ですぅー。どこでイチャつこうが勝手じゃない!」
キ「な!おい!お前勝手な事いうな!ハルヒ!俺の話をむぐぅ」
ハ「どこでイチャつこうが勝手!?あんたねぇ、SOS団の部室に入ってきたんなら私の命令を聞きなさい!
  私は涼宮ハルヒ!SOS団の団長よ!」

158 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/21(金) 21:05:28.24 ID:IeEoY/pD0

ミ「・・・ギャハハハハ!SOS団?何それ〜だっさ〜」
ハ「キョンは雑用なの!だから返しなさい!」
ミ「最初から涼宮さんのじゃないし〜。ねぇキョン」
キ「俺は知らん!お前の名前もさっき知っむぐぅ」
ミ「照れてる〜可愛い〜」
ハ「は・な・し・な・さ〜い!」

その頃扉の向こう側
手にはデスノートを持ち盗み聞きしてる長門

長門「・・・彼が大変・・・」

159 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/21(金) 21:10:44.28 ID:IeEoY/pD0

ミ「も〜しつこいな〜!じゃあ私が団長になるもん!」(デスノートを出す
キ「・・・何する気だ?」
ミ「涼宮さんの名前書いちゃうも〜ん」
キ「やめろ!やめろって!」
ハ「か、漢字はわからないでしょ!」
ミ「この部屋を探せばいくらでもみつかるもん」
キ「おいミサ!止めろ!止めろ!」
ミ「・・・なんでキョンは何でそんなにこの女を心配するの?」
キ「は?だからむぐぅ」
ミ「私とこの女どっちが大切なのよ!」

扉の向こう側

長「・・・・ビッチ死ね」

160 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/21(金) 21:17:16.32 ID:IeEoY/pD0

キ「なんだそりゃ・・・?」
ミ「キョンが大切じゃないほうの名前書く!」
キ「お、おい。なんだそれ。それじゃどっちも・・・」
ハ「キョン・・・」
キ「(もちろんこんなわけ判んない女よりハルヒのが大事だが・・・いや、でもいつも振り回されてるし・・・いや・・・)」
ミ「・・・即答してくれないんだね。ミサは・・・もう大事じゃないんだね・・・」
キ「おい!書くなって!やめろって!」
ハ「な、なにやってんのよ・・・止めなさいよ!」
ミ「・・・わ〜い!キョンが心配してくれたぁ」
キ「・・・は?・・・ってぐるじぃ〜」

扉の向こう側

長「弥海砂・・・」(カキカキ

162 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/21(金) 21:24:07.79 ID:IeEoY/pD0

ミ「私が団長になるの〜」
ハ「あんたなんかに渡すもんですか〜」
キ「おいおい2人とも・・・ミサ、止めろって(これ以上ハルヒを不機嫌にさせるな)」
ミ「あ〜!名前で呼んでくれたぁ!」
キ「ちょ、苦しいって!」
ハ「キョ〜ン〜」
キ「ハルヒ怒るな!」

扉(ry

長「・・・死なない。何故」
?「そりゃそうですよ」
長「!?」

振り返るとそこには・・・

165 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/21(金) 21:29:02.72 ID:IeEoY/pD0

長「・・・朝比奈みくる」
朝「それは偽者・・・本物はこっちです」

弥海砂
北高文芸部室に入ったのち1人の男に熱烈に絡みもう1人の女を嫉妬させ、その50秒後、ゆっくりと男の前で全裸になり死亡

166 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/21(金) 21:35:52.00 ID:IeEoY/pD0

あれ?なんか書いてるうちにストーリーちがくなってきた。
どうしよう

167 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/21(金) 21:37:54.98 ID:IeEoY/pD0

まあいいや。続けよう

長「まさか・・・!?」
朝「そうです。私が仕組んだ事です。私の時計が正しければ、そろそろ脱ぎ始める頃でしょう」

部室

キ「うわ!?お前なんで急に脱ぎ始めてんだ!?」(目を隠す
ミ「キョン・・・」
キ「こっちくんな!」
ハ「あ・・・あわわ・・・」
ミ「キョン・・・見て・・・」

169 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/21(金) 21:45:31.92 ID:IeEoY/pD0

キ「ちょ!押し倒すな!あぁ!もう」
ハ「・・・い・・・いやぁぁぁ!」(部室から出ていく
キ「ハルヒィィィィ!!」



(ハルヒに気づかれないように)
朝「押し倒す!?そんなの予想外です)
長「・・・・・・・もしかして」

キョンの家

弥海砂
北高文芸部室に入ったのち1人の男に熱烈に絡みもう1人の女を嫉妬させ、その50秒後、ゆっくりと男の前で全裸になり、男を襲い死亡

妹「計画通り♪」


・・・あー、文章書く練習再開しよう。



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:こなた「親友に安価メールする……っと」