もしも、朝倉と長門の役割が逆だったら。


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:【艦これ】鎮守府大冒険

ツイート

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/12(水) 12:47:42.52 ID:mFaGfCcNO

朝倉「今日の報告はここまでよ」
長門「……そう」
朝倉「それにしても、いきなり涼宮ハルヒに誘われた時はびっくりしたわ」
長門「観察がより容易になった。プラス要素と考えるべき」
朝倉「まぁそうだけど、他の連中も訳ありばっかりだったのよ?」
長門「いずれ接触する事は分かっていた。少々時期が前後しただけ」
朝倉「もう、会話が弾まないわね」
長門「所見を述べたまで」
朝倉「はいはい。それじゃあ部屋に戻るわね。お休み、長門さん」
長門「…………」
バタン
長門「…………」ペラッ

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/12(水) 13:00:41.38 ID:mFaGfCcNO

朝倉「長門さん、明日一緒に来てほしい所があるの」
長門「……任務に関係が?」
朝倉「大ありよ。涼宮さんが急に草野球で優勝するって言い出したの。団の宣伝の為に」
長門「彼女にフラストレーションを与え過ぎるのは危険」
朝倉「私もそう思ったから賛成したんだけれど、人数が足りなくて助っ人を連れて来る事になったの」
長門「……了解した」
朝倉「ありがとう。涼宮さんたら本当にイキナリで」
長門「…………呼称」
朝倉「え?」
長門「呼称が変わった。あなたは報告時に彼女を涼宮ハルヒとよんでいたはず」
朝倉「あら、そうかしら。何だか自然にね」
長門「…………」
朝倉「観察対象と親密な関係を築いている証拠じゃない?プラス要素よ、プラス要素」
長門「……そう」
朝倉「じゃあ明日の朝にマンションの前でね。お休み、長門さん」
長門「…………」
バタン
長門「…………」ペラッ

39 名前:もしも、朝倉と長門の役割が逆だったら[] 投稿日:2008/03/12(水) 13:14:28.75 ID:mFaGfCcNO

当日

キョン「すまんな朝倉。妹が風邪でなけりゃ連れてきたんだが」
朝倉「いいのよ。彼女も快く了承してくれたし」
長門「…………」
キョン「今日はわざわざありがとう。えーと……」
朝倉「彼女は長門さん。で、彼がキョン君よ」
キョン「ニックネームで紹介するな……。すまないな、うちの団長のわがままに巻き込んで」
長門「…………」ジー
キョン「あの、えーと……」
長門「…………」ジー
朝倉「ちょっと……長門さん?」
長門「…………いい」スタスタ
キョン「……宇宙人は個性豊かだな…」
朝倉「あら、どういう意味かしら?」
キョン「何でもない。そろそろ始まるぞ」

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/12(水) 13:22:29.63 ID:mFaGfCcNO

試合終盤


古泉「不味いですね。閉鎖空間が次々に観測されています」
キョン「向こうはこの日の為に練習を重ねてきたんだ。勝てる道理がない。」
古泉「仕方がありません。彼女に頼むとしましょうか」
キョン「彼女?」
古泉「多分、協力してくれますよ。利害が一致していますしね」
古泉「朝倉さん、ちょっと……」
朝倉「……ふふっ、面白そうね」
キョン「大丈夫なのか?朝倉」
朝倉「まかせて。魔法は得意なの」

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/12(水) 13:27:59.75 ID:mFaGfCcNO

カキーン


朝倉「はい、一点♪」
ハルヒ「やるじゃない涼子!!!」
古泉「何とかなりそうですね」
キョン「……試合が終わったら勝ちは向こうにくれてやろう。余りに不敏だ」

55 名前:ただいま[] 投稿日:2008/03/12(水) 14:01:29.91 ID:mFaGfCcNO

朝倉「どう、長門さん。私の情報操作は?」
長門「……一つ一つのプログラムが甘い」
朝倉「もう、たまには誉めてくれたっていいんじゃない?」
長門「…………」
朝倉「はぁ……ん?なーにキョン君?」
長門「!」
キョン「いや、攻撃はいいが……守備はどうするんだ?」
朝倉「ああ、それならボールn」
長門「ボールに情報操作を施す」
朝倉「……長門さん?」
長門「いまの攻撃で点差は覆せる。故に、これからは守備が重要になってくる」
キョン「あ、ああ……そうだな…」
長門「なので些細なミスも許されない。私が操作するべき」
朝倉「……何かカチンとくるわね」
キョン「ま、まあとにかく……どうすればいいんだ?」
長門「私をキャッチャーにして」
キョン「分かった。審判に伝えてくる」タッタッタッ
朝倉「…………」ジー
長門「…………何?」
朝倉「ん〜?べっつに〜?」

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/12(水) 14:19:30.74 ID:mFaGfCcNO

試合終了


ハルヒ「今回の勝利でSOS団の名が轟いたでしょうね!」
キョン「悪名がな」
ハルヒ「うるさい!」

古泉「いやはや助かりました。ありがとうございました。朝倉さん」
朝倉「私のも楽しめたしおやすい御用よ。それに、長門さんも『凄い』頑張ってくれたし」
長門「…………」
ハルヒ「そうそう!有希っていったわね!あなたがキャッチャーになってから、かすらせもしなかったじゃない!」
キョン「ああ、助かったよ。長門さん」
長門「…………いい」
ハルヒ「決めた!有希!あなたは今日から名誉団員よ!!」
朝倉「あら、よかったわね?長門さん」
長門「…………」コク

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/12(水) 14:42:30.33 ID:mFaGfCcNO

帰宅


朝倉「さて」
長門「ここは私の部屋」
朝倉「今日の報告会をしようと思ってね」
長門「私は今日、涼宮ハルヒと終始一緒にいた。それはあなたも同じ。交換するべき情報は無い」
朝倉「そう?報告聞きたいんじゃない?特にキョン君の事とか」
長門「…………何が言いたいか分からない」
朝倉「彼ね、なーんにもない普通の人間なの」
長門「…………」
朝倉「にも関わらず、涼宮さんに選ばれた……何故か分かる?」
長門「…………彼は特別な存在」
朝倉「うん。だから……何て言えばいいのかしら……人間の抽象概念は説明しにくいわね…」
長門「…………」
朝倉「その……長門さんが彼と親しくすると……いい事にはならないと思うの」
長門「…………心配いらない。不用意に涼宮ハルヒを刺激する事は避けるべきだと認識している」
朝倉「…………」
長門「…………」
朝倉「……そう。ならいいの……それじゃ、また明日ね」
長門「…………」
バダン
長門「…………」

76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/12(水) 15:06:34.55 ID:mFaGfCcNO

数日後 スーパー


キョン「あ……」
長門「……!」
キョン「こんにちは(レトルトカレーが大量に……)はは……えーと、その、この前は本当に助かったよ」
長門「……いい」
キョン「あー……情報操作って言ったか?朝倉のバットも凄かったが、長門さんのボールにも驚いたよ」
長門「…………朝倉涼子の情報改編能力は私に劣る。あれでは予想外の展開に対応しきれない」
キョン「そうなのか?俺には分からないが、まあ長門さんがそう言うならそうなのかな」
長門「……『さん』はいらない」
キョン「へ……?」
長門「長門でいい」
キョン「あ、ああ……長門。これでいいか?」
長門「…………」コク

79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/12(水) 15:19:23.28 ID:mFaGfCcNO

帰り道


キョン「そうか、おれにとって朝倉は完璧超人だったが……長門の目からみるとまだまだってところか」
長門「……彼女は優秀、対人コミュニケーション能力等は特に」
キョン「ふーん……ま、得手不得手があるからな」
長門「……そう」
キョン「あ、俺はこっちなんだ。またな、長門」
長門「……また」

ガチャッ

長門「…………私は、優秀…」



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:L「夜神月。ポケモンをやってる確率5%。だがお前は完璧すぎる」