キョン「長門、明日予定あるか?」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「キョ、キョンはこういうの好きなの…?」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/06(木) 22:56:28.74 ID:6voo4b850

長門「………え?」
キョン「だからさ、明日予定があるか聞いてるんだが…」
長門「…特には……ないよ///」
キョン「なら、神保町に行かないか?」
長門「神保町?」
キョン「ああ、世界屈指の古書店街だ。」
長門「古書……あなたと?////」
キョン「ああ。」
長門「二人っきり?////」
キョン「ダメか?」

長門「(フルフルフル)」

長門「だめじゃ…ない……////」
キョン「そうか、じゃあ明日の10時。駅に集合な」
長門「(コクッ)//////」
キョン「じゃあ、今日はそろそろ帰ろうぜ。」
長門「うん/////」

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/06(木) 22:56:45.25 ID:6voo4b850

長門(明日は、キョン君とデート…////)
長門(キョン君はそういうつもりで誘ってくれたのかな?////)
長門(普段着で会うの初めてだし…どんな格好がすきなのかなぁ?////)
長門(はぅ……何着てけばいいんだろう////)
長門(こんな時、涼子ちゃんかエミさんに聞ければ…)
朝倉「あら?私がどうしたの?」
長門「!!!!!」
朝倉「なにもそんなに驚かなくても…あれ?」
長門「……」
朝倉「へぇ?有希ちゃんが…洋服の整理?じゃないわよね……」
長門「これは!…そのっ!」
朝倉「あ、もしかして!キョン君とデート?」
長門「あぅ…///////」
朝倉「え?図星なの!?」
長門「そ…そんなんじゃないよぅ/////」
朝倉「なら目一杯おめかししなくちゃね!私も手伝うわ!」
長門「え!?あの!?涼子ちゃん!!脱がさないで…きゃ!」

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/06(木) 22:56:57.01 ID:6voo4b850

朝倉「じゃ、決まりね!キョン君にかわいいって言ってもらえるといいわねv」
長門「//////」
朝倉「後はお化粧とフレグランスね」
長門「ふれ……ぐらんす…?」
朝倉「もう!こういう事には疎いんだから。香水よ、こ・う・す・いv」
長門「……香水。でも、私持ってないよ」
朝倉「私の貸してあげるわよ。彼の好きな香りとか分かる?」
長門「…わからない」
朝倉「う〜ん。じゃあ柑橘系のにしましょうか。コレとか、嗅いで見て?」
長門「(くんくん)……あっ。良い匂い。」
朝倉「彼も『今日の長門は良い匂いだな。もっと近くに言っていいか?』なんて言って抱かれちゃうかも!//」
長門「キョン君が…私を………(ぷしゅー)//////////」
朝倉「ちょ、ちょっと、有希ちゃん!しっかり!!」
長門「キョン君が…私を……あははははは///////////」
朝倉「ダメみたいね…(こんなんで明日大丈夫かしら?)」

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/06(木) 23:25:01.93 ID:6voo4b850

朝倉「服よし!化粧よし!身だしなみよし!完璧ね!!」
長門「ほ、ほんと…?変じゃない?」
朝倉「大丈夫!自信持って!有希ちゃんは元から可愛いんだから!」
長門「りょ…涼子ちゃんの方が……かわいいし…む、胸も……」
朝倉「もう!そんな事言ってないで早く行ったほうがいいんじゃないの?」
長門「え…?」
朝倉「彼との約束。10時なんでしょ?もう9時50分よ」
長門「え!い、い、い、行ってきます!!」
朝倉「はい、いってらっしゃい。髪が乱れるし汗かくから走っちゃダメだよ」
長門「(ダダダダダッ)」

朝倉(って聞こえてないか。舞い上がってるわね〜)
朝倉(さて、私もそろそろ行かないと、ね)
朝倉(二人にするのは危ないし、私の有希ちゃんに何かあったら…)
朝倉(とりあえず、通販で買った新品のサバイバルナイフを持っていきましょ!)

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2008/03/07(金) 01:09:08.42 ID:7JCwjcwS0

キョン(うーん。今日は長門と二人っきりか、うまくやれっかな?)
キョン(とりあえず誘ってみたが、デートなんてしたこと無いしな…)
キョン(長門が楽しんでくれればいいかな…なんて////)

長門「はぁ…はぁ…ぉ…ぉはっよぅ…」
キョン「お、長門!おはよう、どうした、随分息が上がってるが…」
長門「じ…時間に……間に合わないかもって…」
キョン「俺は長門を置いていったりしないさ。」
長門「……うん////」
キョン「さぁ、行こうぜ」
長門「うん…いく……////」


朝倉「まったく、待ち合わせ場所の前で行き整えて」
朝倉「『ごめん。待った?』でしょ?まぁ結果オーライってとこね」
朝倉「あ、電車に乗るのね、ついていかなきゃ」
コソコソ

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2008/03/07(金) 01:09:24.28 ID:7JCwjcwS0

キョン「うわー、やっぱり休日のこの時間は込んでるなー」
長門「う、うん」
キョン「よいっしょっと」
ぎゅっ
長門「……え?////」
キョン「あ、長門?嫌だったか?でも、着くまで我慢してくれ」
長門(キョン君に抱きしめられてる?/////)
長門(そんな、まだ心の準備が…/////)
キョン「そ、そんなに嫌なのか?でも、長門と離れず潰されない方法はコレくらいしか…」
長門「ぃゃ…ゃな…い……」
キョン「え?」
長門「い、いやじゃない…から……//////////」
キョン「そうか、じゃあ着くまでこのままでもいいか?////」
長門「…いい/////」


朝倉(ちょっとなんで今日はこんなに込んでるのよ!)
朝倉(あーもう、コレじゃ肝心の二人が…って!)
朝倉(もういないじゃない!どこ?どこにいったっていうのよ!?)
朝倉(あーもう、いやー!!)

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2008/03/07(金) 01:16:37.10 ID:7JCwjcwS0

キョン「ふっぃ〜やっと着いたか。大丈夫だったか?長門」
長門「うん…あなたが……いたから////」
キョン「そそそ、そうか!/////」
長門「まず、どこに、行くの?」
キョン「そうだな。ちょうどお昼だし、飯でも食わないか?」
長門「うん」
キョン「ちょうど、そこにファミレスあるが、そこでいいか?」
長門「…うん」
キョン「ごめんな、もっとお洒落な店探しとけば良かったな。」
長門「大丈夫……くんと・・・ょ…」
キョン「何か言ったか?」
長門「ううん。なんでもない」
キョン「そうか、まぁ入るか」
長門「…うん」


朝倉「はぁ…はぁ…いったいここは…どこ?」
朝倉「あの二人もいないし……」
朝倉「完全に乗り過ごしたわね……」
朝倉「どうしようかしら…」

100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2008/03/07(金) 12:42:57.20 ID:7JCwjcwS0

店員「いらっしゃいませ、何名様ですか?」
キョン「あ、二人です。」
店員「おタバコお吸いになられますか?」
キョン「いえ、禁煙席で」
店員「少々お時間かかりますが、よろしいでしょうか?」
キョン「どのくらいですか?」
店員「5分少々お待ちいただければご用意出来ます」
キョン「長門、いいか?」
長門「…(コクッ)」
キョン「じゃあ待ってます」
店員「かしこまりました。よろしければ、そちらにお座りになられましてお待ちください」

キョン「よいしょっと。長門も座れよ」
長門「…うん////」
ちょこん
キョン(そんなに離れなくてもいいじゃないか)
おっさん「あ、兄ちゃん。ちょっとつめてくれん?ワシにも座らしてくれんか?」
キョン「あ、どうぞ」
長門(キョン君…近いよ////恥ずかしいよぅ/////)
おっさん「すまんなぁ、ありがとよ」
長門(でも、こういうのもいいかも/////)

おっさん「兄ちゃん、隣の可愛い子は彼女かい?」
キョン「!!!!!////////」
長門「!!!!!/////////」


朝倉「もう…いや…どこよここ……」
??「あれ?あなたは?」

101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2008/03/07(金) 12:43:22.87 ID:7JCwjcwS0

キョン「いや…あの…そういう関k」
おっさん「まぁ照れんな照れんな。そんなべっぴんさん手に入れて、憎いね」
長門「////////」
おっさん「それとな、嬢ちゃん。男は上目使いに弱いぜ。あんたくらいの美人さんならイチコロさw」
長門「…ぁぃ/////////」
おっさん「初々しいなぁ、まぁk…いてっ」
ばっばぁ「まったく、若い子からかうのはやめなさいって言ってるでしょ」
おっさん「わかった、わかったから、耳をひっぱるな!ちぎれる!!」
ばっばぁ「ごめんなさいね、この人のことは気にしないでね、デートの邪魔してごめんなさい。それでは」
キョン「あ、いえ……/////」
キョン(デートか…やっぱりそう見えるのか///////)
長門(デート…やっぱり周りから見てもデートだよね//////)

二人の肩がちょんっと触れ合った

キョン「あ…/////」
長門「あ…/////」
キョン「す、すまん長門っ/////」
長門「ううん//////」
長門(キョン君の肩…胸がドキドキしてる…///////)
店員「2名様でお待ちのキョンさまー、お席にご案内いたします」
キョン「ほ、ほら、長門、行こうぜっ////」
長門「う…うん/////」


朝倉「あ、あなたは…」
??「奇遇だね?今日はこんなトコまでどうしたの?」
朝倉「ふぇ…うぇ……うわぁぁぁん」
??「ちょ、ちょっと朝倉さん。何でいきなり泣いてるの!?どうしたの?」
朝倉「だゃって…にゃg……ぉん君g…うわあああん」

112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2008/03/07(金) 14:52:03.57 ID:7JCwjcwS0

キョン「さて、何頼むかな?」
長門「……ぅーん」
キョン「迷うな……」
長門「うん…(…カップルランチセット?こ、これは…/////)」
キョン「…ビーフシチューランチセットにするかな」
長門「……(コレを頼めば二人の距離は一気に縮まり、愛がいっそう深まります…/////)」
キョン「長門は、どうだ?」
長門「……(これを私とキョン君で……ダメっ!恥ずかしすぎるよ/////)」
キョン「あの、長門?」
長門「(で、でも…周りのカップルは頼んでるとこ多いよね……?)」
キョン「長門?長門さーん、聞こえますかー?」
長門「あ、じゃあやっぱりこれ頼もう!ここは一歩進むところだよ!がんばれ私!」
キョン「長門?何をがんばるんだ?とりあえず決まったみたいだから呼んでいいか?」
長門「え?……う…うん」

ピンポーン


朝倉「ぅ…ぅぅ…っていう事で……」
??「そう、大変だったね。」
朝倉「あなたに会えなかったら、もう、心細くて……」
??「よしよし」
朝倉「ぐすっ……ぐすっ…」

113 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2008/03/07(金) 14:52:16.28 ID:7JCwjcwS0

店員「ご注文お伺いいたします」
キョン「あ、えっと、カップルランチセット1つ」
長門「!!!!!//////」
キョン「だよな?(さっき言ってたし)」
長門「こくっこくっ(きょ…キョン君から……これって//////)」
キョン「後、ビーフシチューランチセット一つ」
長門(え?あ、カップルセットだけじゃ足りないんだ、男の子だもんね)
店員「かしこまりました。では、少々お待ちください」

キョン「にしても、長門って意外と健啖家だよな」
長門「…え?」
キョン「だって、あのランチセットって2人前だろ?それを一人で食べようとするんだからさ」
長門「…………」
キョン「長門?どうした?別にたくさん食べることは悪いことじゃないから大丈夫だ」
キョン「それに長門はもとが細いからな、そのくらい食べて丁度いいって感じかな」
ガタッ、スタスタスタ
長門「………」
キョン「ちょっ!長門!どこ行くんだ!?おい、待てって」
長門「………ぁ…ヵ………」
ダダダダッ
キョン「走っていっちまった。そんなに本が読みたかったのかねぇ」


??「じゃあ、そこに今からいきましょ!」
朝倉「へ?」
??「だって面白そうなんだもん、ね?」
朝倉「うん。じゃあ案内よろしくね」

129 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2008/03/07(金) 18:37:05.07 ID:7JCwjcwS0

長門「うっ……うっ…ひぐっ…」
長門「ぐすっ…ぅぅ……ひっっく…」
男A「ん?どうしたの?」
男B「泣いてると、可愛い顔が台無しだよ」
男C「キミを泣かせる悲しい思いなんてさ、俺たちと遊んで忘れちゃおうよ」
長門「えぅ……ぐすっ……」
男A「ほらほら、こっち行こうよ」
男B「めちゃ楽しいからさぁ」
長門「ゃ…めぅ……ぐすっ…」
男C「いいから、いいから」
長門「ぃゃ……ぐすっ…た…けて……」
男A「アレが俺らの車だからさ、乗ってのって」
長門「ぁれ……ぁ…ぅ……」
男C「ほらー乗ろうよ、ね?カラオケでも行こうぜ」

???「ちょっとアンタ達!待ちなさい!!」


朝倉「それにしても大丈夫かなぁ」
??「長門さんのこと?」
朝倉「うん。あの子、キョン君とはぐれたら簡単に誘拐とかされそうで」
??「心配?」
朝倉「ううん。でもキョン君と何かあったときは守ってくれる人がいないから、」
??「だね」
朝倉「多分朝の感じだと大丈夫だとは思うけど」

140 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2008/03/07(金) 20:10:14.69 ID:7JCwjcwS0

男ども「「「え?」」」
長門「!!!!!」
???「アンタ達!そんな無垢で可愛らしい女の子を連れ込んで、どこへ行く気!?」
男A「なんか、誤解してるみたいだけど、俺らは友達でこれから遊びにいくんだよ」
???「何言ってんのよ!!さっきから見てたけど、どう見ても拉致じゃない!」
男B「だから、違うって」
???「じゃあその子の怯え様はなに?普通友達にそこまで怯えないわ!!」
男C「いやいや、友達だって」
???「うっさい!あんた達!!それでも男!!最低ね!!」

長髪の活発な女の子は、そう言い放つと素早く私に近づき、手を引いて走り出しました
長門「ふぇ?」
???「走って!」


??「そろそろ、着きそうだね」
朝倉「そうね、喧嘩とかしてなければいいのだけれど」
ピピピッピピピッ
??「私?……」
朝倉「どうしたの?」
??「ごめんね、私ちょっと用が出来ちゃった。次で降りるね。」
朝倉「う、うん。ありがと、」
??「いいよ、困ったときはお互い様!ね?」
朝倉「うん、じゃあまあね。ふふっ」
??「まったねー」

141 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2008/03/07(金) 20:10:29.72 ID:7JCwjcwS0

???「ここまで来れば大丈夫そうね」
長門「はぁ…はぁ…あの…ありがとう……」
???「ん?まぁいいわよ。そんな事、それよりあんた面白い事知らない?」
長門「面白いこと?」
???「そう、例えば地球侵略目的の宇宙人の手先だ。とか、禁断の魔術書を持ってる!とか」
長門「ごめんなさい、そういうのは…」
???「そう、まぁ、いいわ。今度は気をつけなさい!いいわね?じゃ」
長門「あ、あの、ありがとうございました。あなたの名前だけ聞かせて下さい」
???「私は涼宮ハルヒ!あんたは?」
長門「…長門……有希」
ハルヒ「そう、じゃあ有希!今度は気をつけなさい!」
長門「………うん、ありがとう///」

私と涼宮さんが握手をしようとした瞬間

キョン「おーい、長門ー!!!」


朝倉「ふぅやっとついたわね」
朝倉「あの子達はどこかしら?」
朝倉「きっと古書店街よね?」
朝倉「早く見つけなくちゃ!!」

143 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2008/03/07(金) 20:21:23.33 ID:7JCwjcwS0

長門「…キョン……くん…?」
ハルヒ「誰?あの見るからにパッとしないヤツ?」
キョン「長門…探したぞ…。急にどっか行くなよ」
長門「…………g」
ハルヒ「アンタ!!ちょっと何なのよ!!」
キョン「すまん。誰だ?」
ハルヒ「有希はねぇ、さっき危うく拉致されそうになったのよ!!!」
キョン「何!?本当か!?」
長門「コクコク」
ハルヒ「私が通りがかったからいいものの、そうじゃなかったらっとっくにレイプされてたわ!」
キョン「そうか、本当にありがとう。えっと、何さん?」
ハルヒ「アンタねぇ!!彼氏のアンタが守らないで誰が守るのよ!!彼氏としての自覚無いの!?」
キョン「い、いや、おr」
ハルヒ「言い訳すんな!!二度と有希を危ない目に合わせないと誓いなさい!!」
キョン「あ、ああ」
ハルヒ「よし、じゃあ私は行くわ」
キョン「ちょっと待ってくれ、せめて名前を教えてくれないか?」
ハルヒ「忙しいんだから余計な手間取らせないでよ!有希にでも聞けば良いじゃない」

そういうと涼宮さんは休日の喧騒をかけていった
そして、残った私達の間には、きまずい雰囲気が流れていた


朝倉「うーん見つからないわね。」
朝倉「いったいどこにいるのかしら?」

145 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2008/03/07(金) 20:30:48.66 ID:7JCwjcwS0

キョン「あー、長門?怪我は無いか?」
長門「…………ぃ」
キョン「そ、そうか……」
長門「…………ぅ」
キョン「…………」
長門「…………」
キョン「…………」
長門「…………」
キョン「…………すまなかった!長門!」
長門「…………」
キョン「ごめんな!!デリカシーの無い発言をして!!」
長門「…………」
キョン「ホントにすまない!!許してくれ!!」
長門「…………違う」
キョン「何が?」
長門「……………理由」
キョン「そ、そうか。じゃあ何で…?」
長門「それは……あなたが答えを見つけるべき」
キョン「え?」
長門「私からの……課題…」
キョン「わかった。じゃあ考えておくよ」


朝倉「あれ?ここ前にも通ったような?」
朝倉「でも、通ってないような?」
朝倉「うー。」
朝倉「ここは一体どこなのー!?」

157 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2008/03/07(金) 22:17:48.14 ID:7JCwjcwS0

キョン「そういえば、腹減ったな」
長門「……うん」
キョン「そこのマックでいいか?」
長門「うん」
キョン「じゃあそうするか、」


朝倉「うーん、やっぱり戻れないわ」
朝倉「コレは一大事ね……そうだ!」
ピッピッピ
朝倉「もしもし?」
??「ん?どーしたの?また迷った?」
朝倉「何で分かったの?」
??「なんとなくだねー、で、周りに何か目立つものある?」
朝倉「そうね、とりあえずブックカフェつきの大きい書店と、スキー専門店があるみたい」
??「え?じゃあ今からそっち行くよ、」
朝倉「え、そんな、悪いわよ、それに用事が」
??「用事は大丈夫ですよね?佐々木さん?うん、そうみたい、うん、うん」
朝倉「えっと?京子ちゃん?」
橘「じゃあ今からそこに行くから、ブックカフェで待ってて」
ガチャ
朝倉「………」

159 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2008/03/07(金) 22:28:38.15 ID:7JCwjcwS0

キョン「ふぅ、とりあえず腹も膨れたし、古書巡りに行くか!」
長門「うん」
キョン「じゃ、行こうぜ」
そう言うと彼は私に手を差し伸べてきた
長門「え?」
キョン「いや、今度は長門と別々にならないように、って思ってな。ひょっとして嫌か?」
長門「……ううん/////」
私は彼の大きな手に自分の指を絡ませた
キョン「長門の手ってすべすべしてて気持ちいいな」
長門「……///」
キョン「それに、ちょっとひんやりしてて心地いい」
長門「……あ、ぅぅ////」
キョン「でも、手の冷たい人は心が暖かいって言うしな、まさしくその通りだよ」
長門「きょ…キョン君も……優しい/////」
キョン「ははっ、ありがとな////」
長門「////」

朝倉「あ・と・ど・の・く・ら・い・?」
朝倉「そーしんっと。」
ピピピ
朝倉「早いわね、返信」
朝倉「……後1時間くらい…か。まぁしょうがないわね」
朝倉「…………」
朝倉「…………」
朝倉「…………」
朝倉「…………」
朝倉「…………暇ね」

160 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/07(金) 22:44:17.54 ID:7JCwjcwS0

古書店街は私にとって宝の山だった
ここに無い本は無いんじゃないかというほど、バラエティに富んでいる
SF小説専門店なんてものから、参考書から雑誌まで幅広く取り扱ってる総合店
中古の本を安価で売ってくれるお店や、買った本をそのまま喫茶店で読める店など
私にとってはすべてが驚きだった

キョン「どうだ?行きたいところはあるか?」
それに隣にはキョン君の優しい微笑み
私はコレが夢じゃないかと、何度も思った

夢でも現実でも今を目一杯楽しもう!


それが今の私に与えられた最高の贅沢だから!!!


Fin



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:佐々木「キョン! いよいよパ・リーグが開幕するよ!」