長門は「寂しい」という感情を理解した


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「ハルヒ、愛してるんだぜ!結婚しようなんだぜ!」

ツイート

117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/03(月) 02:46:00.81 ID:xD6idebs0

キョン「じゃあ長門、お茶ご馳走さん、また明日な」

長門「分かった」

長門「…………」

カチャカチャ(食器を片付ける)

ポフッ(キョンが座ってた所に座る)

長門「…………」

ガチャ プルルルルル

キョン「ハイ、もしもし」

長門「言い忘れたことがある。もう一度私の家に来て」

キョン「?電話じゃダメなのか?」

長門「…ダメ」

キョン「わかった。すぐ行く」

118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/03(月) 02:55:01.74 ID:xD6idebs0

ソワソワ

ピンポーン

長門「!!」

たったったった ガチャ

キョン「おう長門、なんだ話って…」

ポムッ

キョン「どうした長門!またエラーか?」

長門「…違う」

キョン「?じゃあ一体なんだ?」

長門「………」

キョン「………」

長門「……忘れた」

キョン「…なんだって?」

長門「思い出すのに少し時間がかかる。それまで上がって待ってて」

キョン「あぁ…わかった…」

119 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/03(月) 03:16:58.51 ID:xD6idebs0

コポコポ

長門「…お茶。飲んで」

キョン「ああ、サンキュ」

ズズー…

キョン「で、長門。少しは思い出したか?」

長門「…思い出さない。」

キョン「そうか…」

長門「あなたが帰った直後から、私はあなたにすぐに会う必要性を感じた」

長門「そして電話した。しかしなぜそう感じたかを、あなたと会った瞬間に消失してしまった」

121 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/03(月) 03:31:17.37 ID:xD6idebs0

キョン「長門…ひょっとしてお前、寂しかったのか?」

長門「…寂しいってなに?」

キョン「寂しいってのは…心細いというか、喪失感というか、一人でいることに不安になるような…」

長門「…………」

キョン「そう言う、不安定な感情のことを言うんだと…思う」

長門「その感情は、どのような対象の人物に抱くもの?」

キョン「それは…こ、恋人だったり、仲のいい友人だったり…」

長門「私は、少なくともあなたに好意を持っている」

キョン「そ、そうか」

長門「だから、おそらくあなたの推測は正しい。私は、寂しかった」

122 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/03(月) 03:45:38.86 ID:xD6idebs0

翌日 部室にて

キョン「じゃあ、そろそろ帰るか」

長門「うちに、寄ってって」

キョン「別にいいが…何か用か?」

長門「特に用はない。…ただ」

キョン「ただ?」

長門「………寂しい」

キョン「………」

長門「…だめ?」

キョン「全然、いいと思うぞ」

寝るか
保守でした



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「ウンコをするか・・・、映画を作るか・・・。」