長門は「寂しい」という感情を理解した


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「みくるちゃんの顔面にゼロ距離で屁をぶちかますわよ!」

ツイート

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/02(日) 23:44:19.68 ID:/H2AyJroO

長門「………………」

長門「………………」

テレビ「――の辺りに有り得ない影が映っています」

長門「………………これは合成」

長門「…………怖くなんかない」

テレビ「バーン!! ワー! キャー!」

長門「…………ッ!?」びくっ

長門「朝倉涼子の再構成を申請する」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/02(日) 23:49:57.31 ID:/H2AyJroO

長門「許可がおりなかった」

長門「……今度生肉を送りつける」

長門「………………」

長門「……仕方ない、喜緑江美里を呼ぶ」

とぉるるるるるる

長門「………………」

とぉるるるるるる

長門「………………」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/02(日) 23:53:32.17 ID:/H2AyJroO

長門「…………出ない」

長門「………………」

長門「電話に誰も出んわ」

長門「………………」

長門「……今度喜緑江美里に増えるワカメを投げつける事にする」

カタッ

長門「!」ビクッ!

長門「………………何?」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/02(日) 23:58:51.30 ID:/H2AyJroO

長門「………………」ビクビク

長門「…………積んでいた本が崩れている」

長門「……自動車が通る時の振動により崩れたものと考えられる」

長門「そう。この世に怪奇現象など在るわけがない」

長門「お化けなんてなーいさ、お化けなんて嘘さ」

長門「取り敢えずこの部屋の電気は付けておく」

長門「怖いからではない。安全面から」

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/03(月) 00:07:10.72 ID:OWPYL2xzO

長門「………………」

テレビ「ある日、自分の携帯から電話がかかってくる」

テレビ「その数日後、電話がかかってきた人は……」

とぉるるるるるる

長門「!?」ビクッ

長門「……も、もしもし…………?」

喜緑「あ、長門さん。さっきは何だったんですか?」

長門「…………取り敢えず謝罪を要求する」

テレビ「だが……運悪くあの人間の携帯を鳴らしてしまった」

テレビ「着信アリ 主演スティーブン・セガール」

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/03(月) 00:33:16.67 ID:OWPYL2xzO

喜緑「はあ……すいません」

長門「うむ」

喜緑「それでなんだったんですか?」

長門「……(テレビ見てて怖くなったとか言えない……)」

喜緑「先程朝倉涼子の再構成の申請をしたそうですが、その事についてですか?」

喜緑「どうしても彼女のバックアップが必要なら、私からも申請しておきましょうか?」

長門「……! そう。それを頼みたかった」

喜緑「分かりました。それじゃあやっておきますね」

ツーツーツーツー

79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/03(月) 00:48:47.91 ID:OWPYL2xzO

長門「……本当に朝倉涼子が再構成されたらどうしょう」

長門「正直、今はあまり必要では……」

ポチャッ

長門「!?」

長門「…………蛇口が少し緩んでいただけ」

長門「お化けなんていない。それよりも今は朝倉涼子が再構成された場合の問題を考える」

長門「…………取り敢えず彼に連絡はしておこう」

85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/03(月) 00:58:21.37 ID:OWPYL2xzO

とぉるるるるるる

長門「………………」

とぉるるるるるる

長門「………………」

とぉるる

キョン「もしもし」

長門「………………」

キョン「どうした、長門?」

長門「朝倉涼子が再構成される可能性がある」

キョン「は?」

88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/03(月) 01:03:22.29 ID:OWPYL2xzO

キョン「なんで朝倉が?」

長門「今回は完全にこちらの手違い」

キョン「な……」

長門「あなたには危害は及ばないから安心し」

ひた……ひた……

長門「!?」

キョン「どうした、長門」

長門「い、いや、にゃにも」

94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/03(月) 01:13:17.44 ID:OWPYL2xzO

キョン「どうした、何かあったのか?」

長門「そ、そんにゃ、にゃんにもありゅ訳が……」

キョン「おい、話し方がおかしくなってるぞ」

長門「こりぇがふちゅう」

すぅぅぅぅっ

長門「んにゃっ!」

キョン「長門!?」

長門(何かいる何かいる絶対後ろに何かいる)

98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/03(月) 01:19:52.06 ID:OWPYL2xzO

長門「………………」

キョン「なあ、何かあったのか?」

長門「あ…………」


ぴと


「あなたが呼び出しておきながら……」

「それはないんじゃない…………?」

長門「にゃー!! 嫌ー!!!」

107 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/03(月) 01:43:11.85 ID:OWPYL2xzO

キョン「おい、長門!? 長門ー!?」

朝倉「あら? キョン君?」

キョン「朝倉……!? お前、長門に何をしたんだ!」

朝倉「え? ちょっと落ち着いて」

キョン「長門は無事なのか!? 長門!!」

朝倉「はあ……」

長門「…………きゅう……」

108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/03(月) 01:52:12.58 ID:OWPYL2xzO

朝倉「…………て事で、私は長門さんに再構成を申請されたからここにいるの」

キョン「なるほど」

朝倉「で、久しぶりだから長門さんに挨拶しようかなって思ったのに、あんな事言われたじゃない?」

キョン「手違いってやつか」

朝倉「そう! せっかく来たのに酷いと思わない?」

キョン「あー、うー……」

朝倉「思うわよね!?」

キョン「まあ、確かになあ」

110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/03(月) 02:03:57.90 ID:OWPYL2xzO

朝倉「もう、なんで長門さんは私の事呼んだのかしら」

キョン「さぁてね」

朝倉「んもう、人事みたいに」

朝倉にそう言われたが、実際他人ごとだしな。
まあ、朝倉に俺を襲う気がないってだけましだが。

長門「ん……」

朝倉「あ、長門さんが気付いたみたい。またね」

キョン「おう」

しかし、長門もなんでまた朝倉を再構成したんだかな。

まさか、長門も寂しいって感情を自覚した、とかな。


終わり

112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/03(月) 02:11:02.16 ID:OWPYL2xzO

これから>>1とか◆bEf4/.vyFQに繋がったりすればいいなあ、的な

朝倉は可愛いよね


最初は◆bEf4/.vyFQと被ってしまい申し訳無い
これからは起きてる限り普通に保守します
いなくなったら多分寝てます

それでは保守代わりのパイナポゥっした



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:シンジ「バイブをマンコに入れてスイッチ」