みくる「な、なんなんですか?ここどこですか?」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:提督「瑞鳳、瑞鶴……いつか……また…」

ツイート

10 名前: 【大吉】 [] 投稿日:2008/03/01(土) 20:03:48.56 ID:M3Pyb8PJ0

みくる「ふあぁ……」


みくる「あれ……な、なんなんですか?ここどこですか……?」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/01(土) 20:06:25.28 ID:M3Pyb8PJ0

みくる「なんであたしこんな……ここあたしの部屋じゃない……どこ……?」

みくる「だ、誰かぁ……居ませんかぁ〜…!?」


みくる「み、未来との連絡もつかない……うぅっ、ぐすっ、ひっく……」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/01(土) 20:44:17.67 ID:M3Pyb8PJ0

みくる「倉庫…?……歩きづらいよう……、迷路みたい……」

みくる「だ…誰かぁ〜〜〜……」


古泉「誰か!誰か居ませんか!?」
みくる「!!こ、古泉くん!?どこ!?」
古泉「朝比奈さん!?そちらに行きま……うわっ!!?」
みくる「ど、どうしたんですか!?」
古泉「こ、来ないでください!!こっちは危険です、逃げて……ぐっ!!」
みくる「大丈夫ですか!?(ああ、あたしにも力があれば古泉くんを助けられるのに…!)」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/01(土) 20:45:01.99 ID:M3Pyb8PJ0

古泉「セカンドレイド!!!」
?「シャアァァア!!!」
みくる「な、何かいるの…!?」
古泉「もふ!もふ!もーっふ!! …っはぁ、き、効かない!!」
みくる「ふぇっ!?」
バシッッ
古泉「うわっ!!」
ドサッ
みくる「!!!」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/01(土) 20:45:20.48 ID:M3Pyb8PJ0

長門「……朝比奈みくる」
みくる「長門さん!!ああ、会えてよかった、お願い、古泉君を助けてあげて…!!」
長門「この空間では私は力は使えない」
みくる「ど、どうして!?」
長門「私の力は今あなたにある。とにかく、今すぐ古泉一樹の居る場所へ」
みくる「ど、どうすればいいんですかぁ!?」
長門「早く」
みくる「ひゃ、ひゃいぃい」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/01(土) 20:45:45.82 ID:M3Pyb8PJ0

みくる「い、居た…!古泉君、大丈夫!?しっかりして!!」
古泉「う、うぅ……に、逃げて……」
大蛇「シャァアアア!!」
みくる「ひえっ!!み、みくるビーーーーームッ!!!」
ちゅどーーーーーん
古泉「…!?」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/01(土) 20:46:09.28 ID:M3Pyb8PJ0

みくる「や、やった……勝った…!?」
長門「……」
みくる「長門さん…!あたし、あたしやりましたよ!勝っちゃいましたよ!!」
長門「そう……、……朝比奈みくる」
みくる「はい?」
長門「……あなたは決して役立たずではない」
みくる「…!長門さん…ありがとうございます!」


みくる「……夢…かぁ…」



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:古泉「あー、ハルヒマジうぜぇ」