ハルヒ「はい古泉君、義理よ」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:アスカ「ねえ、シンジ。キスしよっか」

ツイート

146 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/15(金) 01:49:31.40 ID:fKSagCpUO

ハルヒ「はい古泉君、義理よ」

古泉「うっ、うわぁぁぁぁあああ!!」

ハルヒ「え、何?」

みくる「どうしたんでしゅかー」

キョン「おいハルヒ! 何をしたんだ!?」

ハルヒ「え? 義理チョコあげただけだけど」

キョン「なんて事を……」

151 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/15(金) 01:52:40.80 ID:fKSagCpUO

ハルヒ「何よ!? 私が悪いって言うの?」

古泉「うわぁぁぁぁあああ……やめ、やめて……」

みくる「落ち着いてくだしゃい」

長門「ゆっくり息を吸って」

キョン「ハルヒ……お前は古泉がチョコを食べてるところを見たことがあったか?」

ハルヒ「そういえば無いわね」

キョン「古泉はチョコレート恐怖症なんだよ!」

ハルヒ「な、なんですってー!?」

155 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/15(金) 01:56:48.41 ID:fKSagCpUO

キョン「俺も一度、何の気なしに古泉にチョコをやったんだ」

キョン「そうしたらいきなり……」

ハルヒ「そうだったの……」

みくる「しゅじゅみやしゃんは悪くありましぇんよ。知らなかったんでしゅから」

長門「そう」

ハルヒ「二人とも……」

古泉「やめて森さん……チョコレート爆弾なんて解体出来ないよ……」

古泉「いや、やだ、溶けたチョコを塗らないでぇぇぇえ!! 熱いぃぃぃぃい!!」

キョン「古泉……」

157 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/15(金) 02:00:51.58 ID:fKSagCpUO

ハルヒ「いったいどうしたらいいの」

みくる「しゅじゅみやしゃん……」

キョン「方法は無くはない」

ハルヒ「教えて! 何でもするわ!」

長門「でもそれは危険。あなたの財布に莫大なダメージを与える」

ハルヒ「そんなのいいわよ! 古泉君がこんなに苦しんでいるのよ!?」

古泉「すいませんごめんなさいもう二度とチョコレートをナメたりしませんから許して下さい」

159 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/15(金) 02:04:29.52 ID:fKSagCpUO

長門「涼宮ハルヒ……」

みくる「しゅじゅみやしゃん……」

キョン「本気……なんだな」

ハルヒ「ええ」

キョン「ならいいだろう。その方法とは、チョコを見せた人物が古泉に回ってない寿司を食べさせる事だ」

ハルヒ「なにそれ」

古泉「ひやあ、たすけてー」

キョン「古泉があんなに苦しんでいるんだぞ! 冗談なんか言うわけないだろ!」

ハルヒ「それもそうね! 行くわよ古泉君!」

160 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/15(金) 02:06:50.44 ID:fKSagCpUO

キョン「行ったな……」

長門「行った」

みくる「ここまでうまくいくとは思いましぇんでしゅたね」

キョン「まったくです」

長門「お土産楽しみ」

キョン「だな」


ハルヒ「さあいっぱい食べなさい!」

古泉「大トロ下さい」


終わり


ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:コナン「は?蘭のすっぽんぽんが見たい?」