涼宮ハルヒが○○になったんだって + 雑談


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:かがみ「…大学落ちたたたたたたたたたたたたた」

ツイート

227 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/04/30(月) 23:18:21.79 ID:DgyjsupR0

いきあたりばったりで書かせてもらう
誰も書くやつがいないんだ、中途半端に終わっても文句は言うな


いったい俺はどうしたいい?

朝比奈さんは帰り
長門は消え
古泉は去っていった

そしてハルヒは、死んだ

そりゃそうだ
観察やら監視か知らないがハルヒのために集まってたんだからな
みんないなくなるのは当然だ

そしてそう、俺はたった一人ぼっちだ
用も無いのに部室に来て
何もせずに帰る
そんな毎日の繰り返し
よくもまぁ飽きないよな

・・・なんで死んじまったんだよ、ハルヒ?
交通事故だって?笑わせんな
だってお前は何だってできるんだろが
望みを叶えてしまうんだろうが
なんで死んだんだよ

いったい俺はどうしたらいい?

229 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/04/30(月) 23:31:17.47 ID:DgyjsupR0

今日だって俺は放課後の部室に一人でいた
気付けば暗くなっていた
どうやら眠っていたようだ
明かりさえ点けずにじっと座っている

いいかげん俺もバカだってわかってる
こんなことしてたって死んだやつは生き返らない
あの日常は帰ってくることは無い

自分の精神がこんな弱いものだとは思わなかった
ほんと笑っちまうぜ
だってそうだろ?
友達をちょっといっぺんに失っただけだ
別にありえないことじゃない
たとえば卒業ともなればこんなの日常茶飯事だろう

でも、いったい何なんだ
この悲しさは
この辛さは

俺は壊れてしまったんだろうか?

234 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/04/30(月) 23:53:12.15 ID:DgyjsupR0

はっきりしない頭で学校をでる
いつのまにか家に着いていた

ハルヒが死んだのはもう2週間も前のことなのに
俺はその日からなにも進んでいない
涙さえ出ない
まだ夢のようで現実感がなかった
いや、いっそのこと夢であればどんなによかったことか

だって信じれるわけ無いだろう
ハルヒが
あのハルヒがだぞ?
人類が絶滅してもあいつだけは生きてそうだったあいつが、車でひかれて死ぬなんて
そんなばかなことあるか

くそっ
ハルヒ
おまえだったらこんなときどうするんだ
いつもみたいにバカみたいなハイテンションで解決しちまうのか?
俺にはとてもできそうにねぇよ
教えてくれ

俺はいったいどうすればいい?

俺はいつのまにか眠っていた

235 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/05/01(火) 00:01:56.78 ID:9gZk3+gc0

夢を見た

「そんなに私と会いたいならあんたも死んだら?」

・・・それもいいかもしれん
でもそっちには長門も朝比奈さんも、ついでに古泉もいないだろう?
俺はみんなに会いたいんだ

「それもそうね・・・あんただけ来たってどうしようもないわ」

だろ
SOS団には
いつも黙って本を読む長門と
コスプレでうまいお茶をくんでくれる朝比奈さんと
くだらないゲームで挑戦してくる古泉と
バカ騒ぎしてるお前がいるんだよ
俺だけじゃとても力不足だ

「バカ騒ぎって何よ、殴るわよ?」

すまん

「まぁいいわ。この際許してあげる
でも私は死んでしまったわ
それはどうやっても覆らない」

237 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/05/01(火) 00:11:04.27 ID:9gZk3+gc0

・・・わかってるさ
だからこうやって悩んでる

「でもあんたがそこまでSOS団に執着してるなんて少し以外ね」

俺もだ

「SOS団なんて忘れたら楽になれるんじゃない?」

・・・

「記憶、消したい?」

俺が知ってるハルヒはそんなこと言わねぇよ
それについでに答えてやるなら、それはNOだ

「冗談よ・・・忘れたいなんていってたら死刑だったところよ
でもじゃぁあんたはどうしたいの?一生引きずっていく気?」

・・・

「あんたは何を望むの?」

・・・もう一度

「もう一度?」

もう一度やりなおしたい・・・!

「・・・そう、じゃぁすこしだけ力貸してあげるわ」

239 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/05/01(火) 00:18:18.38 ID:9gZk3+gc0

「キョン君!朝だよ!起きて!」

目を開ける
妹が目に入った

・・・ただの夢だったのか・・・?
リアル、だったな

「ほら、早くしないと学校遅刻しちゃうよ!」

何を言ってるんだこいつは?
昨日は土曜日
今日は日曜日のはずだ

「何言ってるの?今日は火曜日だよ?」

火曜日・・・?
待て・・・今日は何日だ?

「今日?えーと※※※日だよ、今日のキョン君なんかへんー」

・・・?
・・・・・・!!
ハルヒが死んだ日!?
まさか・・・まさか俺は・・・!

時間をさかのぼった!?

242 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/05/01(火) 00:25:41.21 ID:9gZk3+gc0

学校に全力で急ぐ
教室の扉を思いっきり開けた
そこには──
俺の後ろの席には──

ハルヒがいた

間違いない・・・俺は・・・!
俺は帰ってきた!

「どうしたのキョン?そんな怖い顔s」

「ハルヒ、今日一緒に帰ろう」


俺はもう失ったりしない
ハルヒを
みんなを
SOS団を
決して、もう失ったりしない


それと、夢のハルヒ

ありあがとな

死ぬのはまた今度にするよ




244 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/05/01(火) 00:27:59.99 ID:9gZk3+gc0

うわっ

落ち微妙・・・

ともあれ読んでくれた方
ありがとうございました

力不足で微妙なことになってしまいましたが
そこは俺もこれからがんばりますんでご容赦ください

いつか神作品が作れるようにがんばります

ではまたいつか



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「フラグクラッシャー?」